スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ノートルダムを一周
パリを訪れると必ず立ち寄る場所のひとつがノートルダム大聖堂です。美しいゴシック様式の建物を見るとパリに来たという実感がわいてきます。

読んだ後にクリックお願いします→

サン・ジェルマン・デ・プレで買い物をした帰りに、歩いてセーヌ河の真ん中に浮かぶシテ島のノートルダムに向かいました。

セーヌ河岸の通りに出るとシテ島の奥にノートルダムが見えてきます。
ノートルダム14

シテ島を左に見ながら河岸に沿って進み、パリの風物詩ブキニスト(古本を売る人)の店が見えてくるとノートルダムはすぐそこです。何気ないパリジェンヌも絵になります。
ノートルダムを遠くから1

小さな橋プティ・ポンを渡り、大聖堂の正面に立ちました。
そばに来ると繊細な彫刻も見えてきて改めて美しいと感じ、ヴィクトル・ユゴーの「ノートルダムの背むし男」などで子供の頃から親しみがあるせいか、ほっとさせられます。
ノートルダム2

中に入ると見事なステンドグラスの「バラ窓の階」です。手前中央に聖母子像があります。
バラ窓の階

大聖堂の前の広場はいつもたくさんの人で賑わい、女の子がふざけあっていました。
ノートルダムでふざけあう子供

さらに近くで見るとその大きさがよくわかります。
ノートルダム3

大聖堂の前から南へ。ドゥーブル橋の上から見たノートルダムです。
見る場所によって、それぞれ違った美しさを見せてくれます。
ノートルダム4

シテ島を離れ、セーヌ河を挟んで左後ろから。
青い空と秋の紅葉が建物にマッチして綺麗です。
ノートルダム7

サン・ルイ島へ渡るトゥールネル橋の上から見ると、ほぼ真後ろになりました。
後ろから見たノートルダムが一番美しいということを聞いたことがありますが、どこから見ても絵になります。
ノートルダム9

日を変えてシテ島に渡り、ノートルダムのすぐそばで右後ろから見た所です。
ノートルダム11

サン・ルイ島を離れ、ポン・マリーの橋の上からの風景。
ノートルダムがだんだん離れていきます。
ノートルダムを遠くから2


ベルも一緒にセーヌ河岸を歩き、子供たちにも大人気でした。
通りのベル小2 少年とベル小1


ブログランキングに参加しています。
一日一回応援のクリックお願いします→



スポンサーサイト
【2007/12/17 10:21 】 | 犬と海外旅行-パリ | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<アールヌーヴォー巡り | ホーム | パリの番外編-1>>
コメント
はじめまして。突然のコメント失礼いたします。

この度、
ユーザーさんのアフィリエイトIDが完全自動で稼動するブログランキング

「インフォ・ブログランキング」

というサイトをオープンしました。

完全自動アフィリページのサンプル一覧です(アマゾン、楽天、電脳卸、インフォトップetc...)↓↓↓

http://www.info-blogrank.com/rank.php?mode=individual

まずはブロガーさんやアフィリエイターさんに本当に役立つサービスかどうかを確認してみてください。

詳しくは、
http://www.info-blogrank.com/first.html

どうぞよろしくお願いいたします。m_ _m
【2007/12/17 17:14】 | URL | インフォ・ブログランキング #.cGEQ.1I[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/87-ff77ef5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。