スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
パリの番外編-1
今秋のパリ旅行で経験した出来事とパリの風変わりな面を紹介します。

読んだ後に応援のクリックお願いします→

バスティーユ広場近くに来る頃にはあたりは暗くなっていました。
バスチーユ1

バスティーユ広場から真ん中に朝市が行われる公園のある道を通っていくとホテルがあります。

ホテルに急いでいると、公園を挟んだ向こうに噴水のようなものが目に入ってきました。
破裂3

不思議な光景でしばらく見入っていると消防車のような赤い車がやってきました。

それからかなりの時間がたって、やっと噴水らしきところに隊員が来て何かやっている様子。
破裂7

隊員は去って、また同じ状況です。
破裂8

古いパリの建物のこと、水道管の破裂だったのだと思います。
大きな騒ぎもなく、パリっ子にとっては良く見かける光景だったのかもしれません。
さすがに最後まで見届けることができませんでしたが、翌朝噴水は収まっていました。

翌朝ホテル前の公園沿いの道を通って出掛ける途中、噴水のあった場所より少し先から
銃声にも似たドーンという音と悲鳴のような女性の泣き声が聞こえてきました。
女性が男性を追いかけて殴っている姿が見えて、その後延々と悲しげな叫ぶような泣き声が聞こえ、足がすくんで見に行くこともそのまま通り過ぎることもできませんでした。
事故1

しばらくすると、パトカーとMedecinと書かれた車、そして赤い車が来て、
どうやら交通事故だったのかもしれませんが、真相は不明です。
事故2

パリの車はスピードを出していて、路地から急にひょこっと出てきたり、
道が複雑に交差していたりして怖いと思うことがあります。
そんな中をパリっ子は平気で信号を無視して歩きますが、
気をつけないといけないと思っていた矢先のショッキングな出来事でした。


今回目についたパリならではの光景の一つ。
下の写真にあるレンタル自転車置き場です。
街の主立ったあちらこちらで見かけます。殆どの自転車が空っぽになっているところや
まだ殆ど残っているところなどまちまちです。
自転車

どうやら「自動車から自転車への交通革命」を目指して7月から始まった
レンタル自転車の新政策によるもので、市内750箇所からスタートして
年末までに1450以上になるようです。
自転車2

クレジットカードなどを利用して自転車を借りて、指定場所に乗り捨てることが出来るシステムで、最初の30分は無料、以後30分ごとに1ユーロ課金されるというもの。
観光に便利で良さそうです。ベルと一緒なので残念ながらやっぱり歩きでしたが・・・


美容院でクリスマスのリボンをつけてもらった今日のベル。  にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
ベル20071216-2




一日一回のクリックでブログランキングに反映されます。
クリックすると他のブログも見ることができます。


応援のクリックよろしくお願いします→




スポンサーサイト
【2007/12/16 11:55 】 | 犬と海外旅行-パリ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ノートルダムを一周 | ホーム | ピアフの眠る墓地へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/86-aafbe64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。