スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
バスティーユとアート
シャルル・ド・ゴール空港からタクシーでホテルのあるバスティーユ方面に向かいました。
4ヶ月ぶりのパリの空には青空が覗いていて、初夏なのに少し寒くてどんよりしていた7月初旬より明るい感じです。

最後にブログランキングへ→

バスチーユ広場の7月革命記念柱が見えてくると、あたりは人でごったがえしていました。
バスティーユ記念柱2


広場近くで何かのデモが行われていたようです。
写真に撮れませんでしたが、デモ用の看板を持っている人たちでいっぱいでした。
バスティーユ界隈タクシーから1

ホテルの前の通りでは日曜日の朝市が行われていてにぎやかさが増しています。
日曜日のマルシェ


さらにバスティーユ近くのアルスナル運河の周りを白いテントが取り囲んで、何かをやっている様子です。急いでホテルでチェックインを済ませ広場まで見に行くと、毎年パリで行われるというコンテンポラリーアートのフェアが開催されていました。
バスティーユ・アート展示13

テントに貼られた看板には10月30日から11月4日までとあります。この日が最終日です。
バスティーユ・アート展示入口付近1
広場の記念柱のすぐ横にフェアの入り口がありました。犬OKということだったため一人7ユーロ払って中に入りました。

バスティーユ・アート展示14
中には沢山のブースがあって、幅広いさまざまな作風の芸術家たちが作品を並べアピールしながら商談をしている様子も見られます。
バスティーユ・アート展示2小 バスティーユ・アート展示3小

運河沿いに白いテントは両サイドにあるため、じっくり見るのにはかなりの時間を要します。
バスティーユ・アート展示10

外に展示されているアートとテント内の様子です。
バスティーユ・アート展示16
テント内のブースでは日本人の女性アーティストも見かけました。
あとで知ったことですが、筒井海砂さんの作品だったようです。

パリらしいイベントだなあと感心しました。新人も認められるきっかけになるかも知れません。

バスティーユ界隈は、今まで触れていたパリとは少し異なるように感じます。
バスティーユ界隈1

7月革命記念柱を中心に沢山の道につながり、ある通りにはアートのお店が多く並び、
北側の広い通りBd.Beaumarchaisにはカメラ屋が並んでいます(下の写真)。
バスティーユ界隈10

また東方向には家具を中心にした職人街の目抜き通りがあります。
バスティーユ界隈7

記念柱から北にのびたホテルのある大通りBd.Richard Lenoirのアイスクリームやさん。
いつもお客さんがならんでいます。
バスティーユ界隈10

最近は若者に人気というこの地区、なかなか面白いです。

ホテルに戻ってくつろいでいるベル。
パリ・ホテルのベル2


一日一回のクリックでブログランキングに反映されます。
クリックすると他のブログも見ることができます。
応援のクリックよろしくお願いします。
 ブログランキングへ→



スポンサーサイト
【2007/12/13 12:37 】 | 犬と海外旅行-パリ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ヴォージュ広場の風情 | ホーム | ミラノ最後の夜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/83-aefae809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。