スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ヴェネツィアにさよなら
サン・マルコ運河沿いに出た頃には少し夕暮れの景色になりかけていました。
運河の向かいの島にあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会もうっすらとした夕日に映えています。
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会1


晩秋は日が落ちるのが早く、だんだんとあたりが暗くなって街灯の明かりがつき始めました。
最後の夜ということもあり少し哀愁を感じながら河岸を歩くと、夕映えのサルーテ教会も美しく見えてきました。
夜のサルーテ教会


サン・マルコ広場近くの夜のレストラン。なんとなくロマンチック。
サン・マルコ広場近くの夜のレストラン2


ホテル近くの通りは夜になっても賑わっていました。
ホテル近くの夜の通り1


翌朝、サンタ・ルチア駅に行くために船着場サン・ザッカリアに向かいました。
前日ホテルで、サンタ・ルチア駅前のフェローヴィア船着場まで行くためには急行の52番に乗るように教えてくれました。そのときの説明では、1番、52番、そして82番がフェローヴィアに行くが、かかる時間はそれぞれ35分、30分、そして37分とのことでした。

ドゥカーレ宮殿の前を鳩が飛び交っていました。
朝のドゥカーレ宮殿と鳩2


朝のスキアヴォーニ河岸のゴンドラを見ながらサン・ザッカリアに急ぎます。
朝のスキアヴォーニ河岸のゴンドラ1


サン・ザッカリア船着場に着いてフェローヴィアまでの切符を買って、入り口に行くと看板には52番と41・42番とあります。出発予定時間10分前ほどになってヴァポレットが入ってきて沢山の人が乗り込み始めました。来たときに乗ってきたものより大分小さい感じです。「フェローヴィアに行くの?」と確認すると「イエス」という返事で乗り込むと間もなく出発しました。予定より5分早い出発で不安に思っているとすぐに次の船着場Zitteleに着き、いっぱい人が乗り込んできました。間違ってしまったようだ、もう予約した列車には間に合わないだろう、いったいどこに行くのだろうとあれこれ考えているうちに、各駅で人を乗せてまるで日本のラッシュ時の満員列車のようです。どうやら41・42番に乗ったらしいことがわかり、サンタ・ルチア駅に着くことは間違い違いないと思いほっとしました。各駅の通勤船のようでしたが、たいした遅れもなく目的のフェローヴィアに着きました。

サンタ・ルチア駅の近くでベルと散歩です。
また新しいところに行けるが嬉しいのか、からだも弾んで歩いています。
サンタ・ルチア駅の前のベル2

ホームに入ると、一寸古いタイプの列車がすでに入っていました。
来るときは急行列車のカテゴリーはESc(EurostarCity)で近代的な列車でしたが、
この列車はカテゴリーIC(InterCity)で大分感じが違います。
ドアの近くにボタンがあって押すとドアが開きました。
サンタ・ルチア駅のホームの犬

中に入ると、EScのゆったりしたオープン・タイプの2人席と異なり、6人席のコンパートメント・タイプです。たまたま日本人のお母さんと娘さんの2人が同じ部屋になりましたが、スーツケースを持っていて置く場所がなく悩んでいました。ちなみにEScでは大きな荷物を置く十分なスペースもあります。
ヴェローナ行きの列車のベル1

写真のガラスのドアの向こうは廊下です。この日は祝日で発車する頃はまだ余裕があった廊下部分は、途中の駅で人が乗り込み、歩くスペースはまったくないほどでした。

映画「旅情」の最後のシーンです。ヴェネツィアに別れを告げて次の街への旅たちです。
映画旅情3

列車で一緒になった親子さんはこれからミラノへ向かうところでした。
5日間ほどでローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアそしてミラノを回って翌日早朝日本に帰るとのことでした。


ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへクリックお願いします→


よろしければこちらもお願いします→


スポンサーサイト
【2007/12/05 12:09 】 | 犬と海外旅行-ヴェネツィア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<古都ヴェローナへ | ホーム | ヴェネツィアと旅情>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/75-b59ebe9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。