スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ミラノ中央駅を基点に
ミラノに着いた翌日、列車の切符を事前に購入するためホテルから歩いて中央駅に向かいました。ミラノを拠点としてヴェネツィア、ヴェローナ、そして世界遺産の漁村チンクエテッレに行くためです。


人気ブログランキングへ


ピサーニ通りを歩くと、徐々に中央駅外観が大きく見えてきました。
ミラノ中央駅前2



中央駅に着くと、広い駅前の広場になにやら不思議なものが展示されていました。
ミラノ中央駅前5



帰国後、スイスの彫刻家Kurt Laurenz Metzlerの作品であることがわかりました。看板に書かれている題名「Nevrotici Metropolitani」は訳すと「都会の神経症患者」らしいです。
ミラノ中央駅前8





指定券の予約窓口は、駅の中に入って1階の一番右側の部屋にありました。予約順番カード発券機で順番を取って、順番がくると番号が表示されます。
あらかじめ時刻表を調べて購入する切符の日時、列車番号を書き出しておいたため、すんなり無事に購入することが出来て一安心。沢山あるので窓口のおじさんは一寸大変そうでしたが。
写真の右奥が窓口、手前は予約順番カード発券機です。
中央駅切符売り場とベル2


ミラノを少し楽しんだあと、いよいよヴェネツィアへの出発の日がやってきました。
切符を購入してから3日後のことです。
その日は、ホテルを出る前からベルもいそいそしているように見えました。
ヴェネツィア出発を待つベル1




中央駅に入り、真ん中にある階段を上ると大きな発着の掲示板が見えてきます。列車とホームを確認して、掲示板の下にあった自動刻印機で切符に日付を刻印しました。
ミラノ中央駅ホーム3



イタリアでは、一部の列車を除いて乗る前に必ず刻印しなければなりません。駅の中にいくつか黄色のボックスが置かれています。
改札がないためにその代わりをしているのかも。

自動刻印機



発着の掲示板をくぐると大きなドームのような天井から光が差し込んで明るい感じです。
重厚で少し薄暗い駅から明るいホームに入ると一瞬の感動があります。
ミラノ中央駅ホーム4



ホームから見た駅構内の様子。大きな駅であることがわかります。
ミラノ中央駅ホーム5


いよいよ列車に乗ってヴェネツィアに向けて出発です。みんなワクワクして。
中央駅列車の中のベル



荷物はミラノのホテルに預けて2泊3日のヴェネツィアの旅が始まります。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



スポンサーサイト
【2007/11/26 10:27 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ヴェネツィアに着いて | ホーム | ブレラ通り周辺の散策>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/66-b67faaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。