スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
パリで動物病院へ
今日は、パリの動物病院へ行く日です。日本への入国時に必要なベルの健康証明にサインをしてもらわなければなりません。
獣医さんとの予約の時間まで病院の近くをベルと散歩です。

パリでのベルの散歩1



目に付くのは窓辺の花です。ゼラニウムがきれいに植えられています。

パリの窓辺の花4



パリの窓辺の花5



いよいよ、動物病院へ。大きな猫が出迎えてくれました。

パリ動物病院の猫



前回のパリ旅行で診てくれた女医さんは不在で、男の先生が親切に応対してくれて無事にサインをもらうことが出来ました。
写真は、診察前の病院の待合室で不安そうなベル。

パリ動物病院のベル2


病院のあとは、19区にある動物検疫の役所へ行って証明のスタンプを押してもらわなくてはなりません。役所へ来るのは4ヵ月ぶりですが、場所も変わりはなく快くスタンプをもらい、これでベルと一緒に日本へ帰ることが出来ます。
今日、日本人は3人目だそうです。ペットとの旅行が増えているということですね。
役所付近もすっかり秋の装いに変わっていました。

パリ役所付近1



大事な仕事を終えほっとしたところで、19区に来たついでにエディット・ピアフの生家まで歩いてへ行ってみようと思い立ちました。
地図を片手にベルヴィル(Belleville)通りをまっすぐ進みました。
今まで見たパリとは少し違い中華街や下町のカフェなどのある生活感のあふれた街が続き、オベルカンフ(Oberkampf)通りを目指します。

ベルヴィル通り1



ベルヴィル通り2



ベルヴィル通り4



ベルヴィル通り5



ベルヴィル通りからオベルカンフ通りへ。

ベルヴィル通りからオベルカンフ通りへ



オベルカンフ通りについて気がつきました。ここはエディット・ピアフ記念館で、生家はベルヴィル通りにあって気がつかずに通り過ぎてしまったことを。
写真は記念館の外観です。

エディット・ピアフ記念館1



エディット・ピアフ記念館2



暗くなりかけてきましたが、メトロ(地下鉄)でエディット・ピアフの生家まで戻ることにしました。
メニルモンタン(Menilmontant)からピレネー(Pyrenees)まで行き、ようやく目的地に。

エディット・ピアフ生家1



エディット・ピアフ生家2



エディット・ピアフ生家3



ホテルに戻ると、ベルはすっかりお疲れでした。

お疲れベル



ベル1
一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す





スポンサーサイト
【2007/11/07 09:44 】 | 犬と海外旅行-パリ | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<パリの夜景 | ホーム | パリの公園散歩>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/06/26 02:36】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/46-396d1c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。