スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
オワーズ川のほとりまで
←応援のクリックありがとうございます




昨日に続いてオヴェール・シュル・オワーズをもう少し歩きます。ゴッホのお墓を出て麦畑の中を西に進むと・・・1890年7月にゴッホが描いた「カラスのいる麦畑」の場所に出合いました。
l墓を出て2IMG_3452


この風景をどんな思いで描いたのでしょう、思いが馳せます・・・。
l墓を出て4IMG_3453


ゴッホがここを描いたのはちょうど今頃の季節です。
l墓を出て9IMG_3464


麦畑から森を抜けると村の中心へと戻っていきます。
l墓を出て12IMG_3467


民家のあるところまで降りてきました。
l墓を出て16IMG_3473


ドービニーの住宅兼アトリエ。ドービニーはコローと同様に穏やかな風景画を描く印象派の画家で、この家は印象派の画家のたまり場だったといいます。ゴッホはこの家も描いています。
mドービニーのアトリエ付近11IMG_3499


ドービニー通りにある民家。やさしい色合いの壁にピンクのバラが良く似合います。
mドービニーのアトリエ付近9IMG_3494


ドアの周りにバラ、そして窓辺にはやはりゼラニウム。
mドービニーのアトリエ付近11IMG_3499


塀の上からバラがのぞいて・・・塀に垂れるクレマチスもきれいです。
nオヴェール城へ12IMG_2618


nオヴェール城へ15IMG_3507


ゆるやかな坂を下り、石造りのトンネルをくぐってオヴェール城に向かいます。
nオヴェール城へ8IMG_3513


oオヴェール城1IMG_3518


17世紀に建てられたオヴェール城。この城の裏でゴッホが自殺を図ったといわれています。
oオヴェール城19IMG_2626


oオヴェール城15IMG_2629


お城から眺めたオヴェール・シュル・オワーズの村。
oオヴェール城11IMG_3538


お城をあとにしてオワーズ川へ。
pオワーズ川へ9IMG_3549


pオワーズ川へ23IMG_3572


川の近くまで来ました。
qオワーズ川沿い14IMG_2648


生い茂る草木の中でオワーズ川がゆっくりと流れています。
qオワーズ川沿い15IMG_3586


ゴッホの描いたオワーズ河岸を目指して川沿いの小道を歩きました。
qオワーズ川沿い5IMG_3587


行けども行けども・・・目的地になかなか着きません。パリ行き最終列車の時間が迫ってきて、ついに断念・・・いつかもう一度訪れようと思いながら駅へと戻ることにしました。
pオワーズ川へ28IMG_3578


駅前の通りにあるカフェレストラン。ここにもゴッホの自画像が・・・。
r駅へ10IMG_3612


オヴェール・シュル・オワーズ駅と壁中に絵が描かれたホームへの地下通路。
sオヴェール・シュル・オワーズ駅5


来た時と同じポントワーズで乗り換えてパリに戻ります。
t列車6






東京は、朝は少し日が射して・・・突然雨が降り・・・また日が射して曇ったり・・・変わりやすい天気です。今年の夏は酷暑、それに雨も多くて庭の草花は夏を越すのが容易ではありません。


そんな夏でも次々に花を咲かせ、いまも蕾をたくさんつけているスーヴニル・ドゥ・ラ・マルメゾン。
マルメゾン1IMG_3940


夏の花として初登場のジュビリー・セレブレーション。春より小さくて控え目ですが、次々とたくさん咲いて・・・この夏最後の花なので載せることにしました。
セレブレーション2MG_3904


花がすっかり少なくなった八重のインパチェンス。
インパチェンスIMG_4082




いつものように車でおでかけの機会が増えてきたベル。
旅行中の”いつも一緒”に慣れてしまって・・・車の中でのお留守番は心細くてできませ~ん涙
ベル708IMG_7744


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



スポンサーサイト
【2008/09/04 13:58 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<モントルグイユ界隈へ | ホーム | ゴッホの描いた教会へ>>
コメント
よくぞこれだけゴッホの絵と同じ風景を見つけられたものだと感心していましたが、一枚目の写真、絵の下に番号がついています・・・もしかしてゴッホの足跡を訪ねる人のために道案内があるのでしょうか。

3枚目の写真、麦が光っていますね。
そして4枚目の森の中、私も抜けてみたいです!

ベルちゃん、甘えん坊さんになったのかしら?
【2008/09/04 19:40】 | URL | ゆんこ #-[ 編集] | page top↑
お城からの眺めが良いですね。ポチ
【2008/09/04 21:37】 | URL | the-fuji #ObAkGG6U[ 編集] | page top↑
こんばんは~~

最後は 残念でしたね。
でもまた次回行ける口実が出来 よかったかもですね。

白い壁の ピンクのお花 どのようにして お水をあげているのかしら?

2階の窓辺にゼラニュームをと言う計画も 見事に断念!!
水遣りの事を考えると億劫になりました。
【2008/09/04 22:04】 | URL | はーと #-[ 編集] | page top↑
ゆんこさんへ


本当ですね。絵の下の番号、気が付きませんでした~。旅行の案内所に行ったらガイドがあったかもしれませんね。
でもこの地で描いた70もあったらどこへ行くべきか迷ってしまいそうです(笑)。


ベルは元々甘えん坊ですが、特に最近は車の中でのお留守番はイヤみたいです。
【2008/09/05 16:17】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
the-fuji さんへ


高い位置にあるお城から眺めて、こんなに緑の多いことがわかりました。
コローの絵で見たことがあるような・・・そんな風景でした。
【2008/09/05 16:20】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
はーとさんへ


はーとさんの言われるとおり、また行く楽しみがあって良かったかもしれません。


たくさんのハンギング、水やりも花柄摘みもいったいどうしているのかと・・・わたしも感心して見ました。これを専門にする方にみてもらっているのかなぁとか・・・。
今度、聞いてみたいです。


ゼラニウムは丈夫な花だと思っていたのに、旅行から帰ったら一番弱っていました。水が多すぎたのではないかと思っているのですが・・・。
水やりをあまりしないためにフランスのゼラニウムは元気なのかもしれない、と勝手に思ってしまいました~。
【2008/09/05 16:31】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
この暑さでは、とても車の中には起これませんね。ポチ
【2008/09/06 09:28】 | URL | the-fuji #ObAkGG6U[ 編集] | page top↑
バラの綺麗な画像。
壁を伝ったバラや麦畑や川沿いの風景そして草花。癒されっぱなしです。のどかな時代にタイムスリップです。

お庭のバラもキレイです。
ベルちゃんはいつもママと一緒でないと寂しいの?朝から晩までズ~っと一緒だたんだものね。分かるわかる。
【2008/09/06 09:29】 | URL | ローズローブ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/323-be7ffeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。