スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ゴッホの眠る村
人気ブログランキングへ


ゴッホがカフェ「ラヴー」に下宿し、ピストル自殺をするまで70以上の作品を描いたイル・ド・フランスの村オーヴェール・シュル・オワーズを訪ねました。
h教会への道36IMG_3342


パリのサン・ラザール駅からポントワーズ乗り換えでオーヴェール・シュル・オワーズまで約1時間です。 パリで評判の精神科医ガッシュ博士がオーヴェール・シュル・オワーズに住んでいたため、ゴッホは治療を受ける目的でこの村に来たそうです。アルルでみずから左耳を切り落とした事件の翌年、1890年ゴッホ37歳のときのことです。
bオヴェール・シュル・オワーズへ3


オーヴェール・シュル・オワーズの駅構内に入ると鮮やかな黄色い壁にたくさんのゴッホの絵が並べられていました。
cオヴェール・シュル・オワーズ駅13


駅を出て、村の中央通り(Rue du General de Gaulle)を左へ歩いていきます。
dゴッホの家へ31IMG_2464


fゴッホの家付近7IMG_3303


しばらくすると、道沿いにゴッホ公園があります。公園の中に入るとイーゼルとカンバスを担いだゴッホ像が見えます。細身の体に悲しそうな顔・・・フランスの代表的彫刻家、ザッキンによるものです。
dゴッホの家へ3IMG_3235


公園のすぐ先にゴッホが下宿していた家「ラヴ-」(当時はカフェ)がありました。ゴッホがいた屋根裏の部屋は「ゴッホの家」として公開され、1階は当時と同じに復元され現在レストランとなっています。
dゴッホの家へ24IMG_3273


ゴッホの自画像。
        dゴッホの家へ12IMG_3304


「ゴッホの家」の前で。石畳の上がすっかり似合う(?)ようになりました。
dゴッホの家へ16IMG_3287


中央通りを挟んで、「ゴッホの家」の前に彼の描いた「村役場」があります。当時のままのように見えます。
e役場6IMG_2471


e役場1IMG_3253


近くにはゴッホも描いた家並みや花々・・・眺めながら少しの間、散策です。
fゴッホの家付近4IMG_3269


fゴッホの家付近1IMG_3260


fゴッホの家付近2IMG_3265


fゴッホの家付近5IMG_3271



fゴッホの家付近11IMG_2488


「ゴッホの家」の角を右へ入ると上りの坂道です。ゴッホの描いた「オヴェールの階段」が正面に見えてきます。
g階段付近3IMG_3321


g階段付近1IMG_3318


この坂を右に進むとゴッホが描いた「オヴェールの教会」・・・次回へ。



東京は久しぶりに朝から青空が広がっています。昨日は珍しく雨の降らない一日でした。
ベルと一緒に・・・ちょっと遠回りした散歩道・・・道端にコスモス花が咲いていました。いよいよ東京にも秋のようです。
道端のコスモス1IMG_4453


道端のコスモス2IMG_4454


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




スポンサーサイト
【2008/09/02 13:58 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<ゴッホの描いた教会へ | ホーム | サンシュルピスをぶらり>>
コメント
こんにちは。
この村は壁が明るく、ゴッホの描いた色調とマッチしますね。
役場や階段が当時のまま。感慨深くなりますね。
ベルちゃんもパリになじんでこのまま居たい~って思ったんじゃない?

コスモスが咲くと秋(最近は夏に咲くのもあり)と思いますね。秋風に揺れるコスモスも風情があります。
【2008/09/02 14:29】 | URL | ローズローブ #-[ 編集] | page top↑
「村役場」も「オヴェールの階段」もそのまま残っているのですね!オヴェールの階段の上の家の屋根の色も同じようですが、これは新しいものかしら?
↑パリにこのまま居たい!と思ったのはベルちゃんだけではなく、ベルママさん、パパさんも同じ気持ちなのでは?
【2008/09/02 19:52】 | URL | ゆんこ #-[ 編集] | page top↑
村役場130年くらい前に建てられたということですね。管理が行き届いていますね。ポチ
【2008/09/02 20:30】 | URL | the-fuji #ObAkGG6U[ 編集] | page top↑
こんばんは~~

イル・ド・フランスの村オーヴェール・シュル・オワーズは 今も ゴッホと共存しているんですね。
その当時の建物がたくさん残されているって凄いですね。
私は 萩市の松下村塾をみた時 その小ささにびっくりしましたが 萩市も 今も幕末の時代と共存していました。(ちょっと 話しが逸れました)
【2008/09/02 23:20】 | URL | はーと #-[ 編集] | page top↑
ローズローブさんへ


当時のまま残っている建物を見て、この地で自ら命を絶ったゴッホのことを思うとすごく感慨深かったです。
ベルは東京よりこの地が気に入ったかもしれません。気候が良くてのどかで空気が良いように思いますので・・・。


夏に咲くコスモスがあるんですね~。
コスモスを見ると秋到来と思ってしまいます。
キバナコスモスが庭で少し咲き始めました。東京・浜離宮では今がキバナコスモスの見ごろということで、「都会に初秋の花畑」という記事が出ていました。
浜離宮はペットが入れないので・・・残念です。
【2008/09/03 20:31】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
ゆんこさんへ


オヴェールの階段の上の家、新しいか当時のものかわかりませんが、リフォームしたり新しくする場合にも以前と同じようにしようと意識しているかもしれませんね。屋根の色も家の大きさも同じようでした。


パリは大好きですが・・・東京はもっと好きなので・・・時々訪ねるのがいいです。
【2008/09/03 20:59】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
the-fuji さんへ


フランスでは、本当に古いものを大切にしているとつくづく感心します。そこは日本も見習うといいのにとよく思います。
【2008/09/03 21:02】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
はーとさんへ


この村はセザンヌやドービニやピサロなど多くの画家のゆかりの地ですが、やっぱりゴッホの息吹を一番感じました。
ゴッホの悲壮感が漂う像を見て、ぐっときました~。
【2008/09/03 21:12】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/321-1ffb13fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。