スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
雨に濡れるロクロナン
←応援のクリックありがとうございます


フランスの最も西にあるブルターニュ地方、大西洋に近いカンペールからバスで30分の「フランスで最も美しい村」にも登録されているロクロナンにやってきました。この日は時おり霧のような雨・・・ロクロナンで降りる人も少なく、村は静かな雰囲気です。
bロクロナン到着4IMG_1582


紫陽花が雨を喜んでいるように咲いていました。
c教会広場へ2IMG_1737


石畳の道を歩いて村の中心にある広場に向かいます。
c教会広場へ11IMG_1608


石造りの家が並び、窓のそばに這わせたピンクのバラに目がとまりました。
c教会広場へ9IMG_1601


c教会広場へ10IMG_1606


村の中心広場に建つサン・ロナン教会。この地でキリスト教の布教を行ったアイルランド人のロナンを祀ってあるそうです。
dサン・ロナン教会広場付近27IMG_1617


教会の中の様子です。
dサン・ロナン教会広場付近7IMG_1628


現代から取り残されたような小さな村の広場の中央には井戸。広場の周りには中世の花崗岩(かこうがん)造りの館が並んで、今はお土産屋やクレープ屋・・・になっています。
dサン・ロナン教会広場付近11IMG_1638


ピンクの花はコスモスです。紫陽花とコスモスが一緒の時季に咲くことが不思議な感じです。
dサン・ロナン教会広場付近13IMG_1641


dサン・ロナン教会広場付近4IMG_1621


雨の中、レストランのテラスでは休めそうもなく・・・。
dサン・ロナン教会広場付近20IMG_1584


アンティークのお店の中に入ってひとまわり。
dサン・ロナン教会広場付近25IMG_1602


広場から離れて奥に進むと・・・あちらこちらの家々で咲いている花に目を奪われます。
e広場付近から奥へ13IMG_1664


e広場付近から奥へ16IMG_1609


石造りの民家と花のある坂道を下っていきます。
fノートルダム礼拝堂へ2IMG_1672


fノートルダム礼拝堂へ3IMG_1675


窓の中には温かみのあるランプ。
fノートルダム礼拝堂へ16IMG_1706


fノートルダム礼拝堂へ8IMG_1683


坂を下ったところにある、ノートルダム・ド・ボンヌ・ヌーヴル礼拝堂。
fノートルダム礼拝堂へ12IMG_1690


fノートルダム礼拝堂へ44IMG_1692


静かな環境にある石造りの小さな礼拝堂の中には祈りをささげる人。
fノートルダム礼拝堂へ14IMG_1698


来た道を戻ります。
fノートルダム礼拝堂へ41IMG_1649


瓦ぶき屋根の絵本に出てくるような小さな家。小さいドアもこの辺の家の特徴のようです。
fノートルダム礼拝堂へ39IMG_1647


小さな村の至るところにバラがたくさん咲いていました。
fノートルダム礼拝堂へ27IMG_1621


頭が雨に濡れて、毛がぼさぼさに・・・。
gバス乗り場へ13IMG_1673


レンヌからカンペールに来る列車(TGV)の中・・・隣にはヨーキー、前には男の子で退屈しなかったベルの汽車の旅。
aカンペールへの車中1


雨に濡れたベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけたら嬉しいです




スポンサーサイト
【2008/08/25 14:20 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<ロクロナンで出会った花 | ホーム | 夜のモンサンミッシェル>>
コメント
静かないい村ですね。到る所にお花が咲いて・・・。中世がそのまま残っていますね。
rrのヒプノの過去世の画面に出てきたような石畳と石造りの家。
蔦やお花が壁に這っているだけでも古い村の歴史を感じます。

ベルちゃん、雨に濡れても帰りの列車の中は楽しかったでしょ!
【2008/08/25 15:43】 | URL | ローズローブ #-[ 編集] | page top↑
一週間でかけていたので、まとめて読みました。以下ばらばらな感想で失礼します・・・。

ベルパパさん、フランス人かと思ってしまいました。
ベルちゃん、12歳のお誕生日おめでとうございましゅ。いつまでも元気でね!
バルビゾンの昭和天皇も行かれたレストラン、行ったことがあります。初めて鹿のローストを食べたのがそこでした。恐る恐るフォークを口に運んだのを覚えています。
小雨に濡れる花も街並みも美しいです。
やっぱりベルママさん、パパさんの写真を撮る腕が良いのだと思います。
今度フランスへ行く機会があれば、こちらを参考にして日程を立てたいです!
【2008/08/25 19:22】 | URL | ゆんこ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは~~

昔の風情が そのまま残った村。
タイムスリップしたようですね。
ベルママさん家族が パリに惹かれる気持ちが 日をおうごとに 伝わって来ます。

ベルちゃんは いつも大人しそうですね。
きっと躾がいいからでしょうね。 
【2008/08/25 22:31】 | URL | はーと #-[ 編集] | page top↑
ここがよく画になるブルターニュ地方デスカ。ポチ
【2008/08/26 09:32】 | URL | the-fuji #ObAkGG6U[ 編集] | page top↑
ローズローブさんへ


ロクロナンは15~16世紀からの石畳と石造りの町並みがそのまま残るとても美しくどこか神秘的な村でした。
人口が800人の小さな村ですが、観光シーズンにはたくさんの人で賑やかになるようです。

乗り物でのベルは少し楽しんで・・・いつものようにバタンキュー、しっかり休みました。
【2008/08/26 19:55】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
ゆんこさんへ


お帰りなさい。
バ・ブレオでお食事したんですね~。
緊張してしまいそうです(笑)。
犬連れではダメかもしれませんね。
写真をほめていただいてありがとうございます。でも・・・やっぱり景色がいいのだと思います。


もし車でフランスに行かれたら、列車では行くのが難しいような小さな村を見てきて欲しいなぁと思います。
いつか・・・可能なら車で知られていない小さな村々を回ってみたいです。
【2008/08/26 20:14】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
はーとさんへ


本当に、ロクロナンは中世で時間が止まったような村でした。


ベルは生まれつきおとなしくて・・・
躾はしたことないんです~。
女の子だからでしょうか。
【2008/08/26 20:20】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
the-fuji さんへ


確かにブルターニュ地方には絵になるようなところがたくさんあって、ちょっとプロヴァンスに似ている風景も眼にしました。
【2008/08/26 20:35】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/313-1df4c53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。