スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ミレーの村バルビゾン
人気ブログランキングへ


ミレーやルソーなどバルビゾン派の画家たちが住んだバルビゾン村を訪れました。パリの南東、フォンティンヌブローの森に隣接する小さな村です。
dバルビゾンの町並み45IMG_4848


バルビゾンの大通り、Grande Rueを歩きます。パリ・リヨン駅からRER(高速郊外鉄道)で約30分のムラン(Melun)駅下車、そこからタクシーでバルビゾンに入りました。
dバルビゾンの町並み1IMG_4587


パリの街にも少なくなった石畳の道に石造りの家が並んでいます。
dバルビゾンの町並み10IMG_4613


dバルビゾンの町並み19IMG_4732


かって貧しい画家たちを支えたガンヌおじさんの「ガンヌ宿」。当時の宿は居酒屋も兼ね、パリから来た人たちを暖かくもてなしたそうです。現在、バルビゾン派美術館になっています。
eオーベルジュ・ガンヌ1IMG_4598


建物の奥、入り口付近でバラが咲いていました。
eオーベルジュ・ガンヌ4IMG_4843


この日は7月初旬にしては涼しい曇り空、ベルは気持ち良く石畳の通りを散歩です。
j石畳のベル7IMG_4674


壁や塀に這わせたバラが至るところに。石造りの家並みによくマッチしています。
dバルビゾンの町並み3IMG_4593


dバルビゾンの町並み14IMG_4620


dバルビゾンの町並み20IMG_4735


dバルビゾンの町並み44IMG_3224


チャペルと、その左隣にはルソーのアトリエ。ルソーは「フォンティンブローの森」や「バルビゾンの夕暮れ」などを描いています。
fチャペル5IMG_3106


チャペルへの入り口で絵を売っているおじさん。
fチャペル3IMG_4863


ミレーがパリからバルビゾンに移り住んだのは19世紀半ば。画家たちが好んで住みついた気持ちがわかるような、のどかで美しい村です。
dバルビゾンの町並み28IMG_3091


dバルビゾンの町並み42IMG_3204


どこか趣のあるレストラン。
dバルビゾンの町並み22IMG_4746


ミレーの晩鐘の看板のあるレストラン。
iミレーの看板2IMG_4820


世界的に有名(?)な高級ホテル兼レストラン「バ・ブレオ」。昭和天皇がお寄りになったとか。ナポレオン3世、エリザベス女王なども訪れ、小説家スティーブンソン(宝島の作者)が長く滞在しお気に入りの場所だったそうです。
gバ・ブレオ4IMG_3164


ミレーが家族と住んだ住居兼アトリエ。今はミレー博物館になっています。
hミレー博物館3IMG_4750


入り口にはゼラニウムの花が飾られていました。
hミレー博物館5IMG_4755


大通りの先はフォンティンヌブローの森。
mフォンテーヌ・ブロー5IMG_4799


たくさん歩いて最後は抱っこのベルです。
j石畳のベル13IMG_3178


最後は抱っこのベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


応援のクリックしていただけたら嬉しいです



スポンサーサイト
【2008/08/19 14:23 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<バルビゾンを飾る花たち | ホーム | ソルフェリーノ橋の上で>>
コメント
こう言う田舎ののんびりした光景風景もいいですね。そしてお花がバラが・・・。何と贅沢な旅でしょう。rrも贅沢させていただいてる気分。
ミレーのあの名画もここなら・・・と思わずうなづいて・・・。

ベルちゃん疲れっちゃたの?
可哀そうに。でも抱っこしてもらって幸せね。
【2008/08/19 21:48】 | URL | ローズローブ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは~~

歴史を感じさせる家が多いですね。
昨年 大塚美術館に行って たくさんの画家の方たちの 絵 を見てきたのに 何にも 覚えてないです。

ミレーの絵は解りますが ルソーの絵となると さっぱりです。

フォンティンヌブローの森も歩かれたんですか?
ベルちゃん お疲れの抱っこ しょうがないですね。

【2008/08/19 22:55】 | URL | はーと #-[ 編集] | page top↑
ポメ息子を見に来てくれてありがとうございます。ヨーロッパに一緒にいけてうらやましいです。前、イタリアに行ったことがあるのですが、
本当に絵になりますよね、景色が。そこに愛犬もいたら、最高でしょうね。また遊びに来ます。
【2008/08/20 00:16】 | URL | tmuku #-[ 編集] | page top↑
ローズローブさんへ


バルビゾン派の画家たちの住んだ村に是非行ってみたいと思っていました。
タクシーの中から見るバルビゾンまでの景色は、ミレーの描いた田園風景が広がって
自然の安らぎを感じられる村でした。
行ってみて良かったです~。


ベルは若くないので・・・少し疲れたかもしれません。
抱っこが大好きなので、疲れたふりをしたかも・・・です。
【2008/08/20 21:10】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
はーとさんへ


ルソーはミレーほど馴染みがないかもしれませんね。
小さな村ですが、大通りには史跡が並んで、確かに歴史を感じます。


フォンティンヌブローの森は少しだけ歩いて、また来た道に戻りました。

【2008/08/20 21:19】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
tmukuさんへ


イタリアはフランスよりフレンドリーで犬天国でした。愛犬の店長さんと一緒に行けるといいですね。
愛犬との旅は、犬連れでない旅とは全く違う楽しみがありました。


また遊びにきてくださいね。
【2008/08/20 21:29】 | URL | ベルママ #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/306-0a1f46b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。