スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
秋風とともにバラが咲く
時おり雨がぽつぽつと落ちて、秋の訪れを肌で感じられる涼しい日となりました。

今日、スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾンが一輪咲きました。
クォーター・ロゼット咲きのオールドローズで、甘い香りがします。
春の花より少し小さい感じです。

秋のマルメゾン



マダム・アルフレッド・キャリエールは、春に沢山の花をつけて、そのあと繰り返し絶えず咲いてくれています。
透き通ったシフォンのような花。
白に限りなく近い淡いピンクです。
今はシュートが伸びて、枝の整理が大変です。
今日は黒点の出た葉っぱを沢山とりました。
マダムキャリエール



夏の間ずーと咲き続けてくれた花です。
まだ元気ですが、主役は秋の花に移っています。
ペチュニアと小花



秋風に包まれて、花壇には千日小坊が咲いています。
千日子坊



下の写真は、寄せ植えのときのわき役の草花。
グリーン一色と思っていたのに、赤くなっていてびっくり。
わき役



秋は確実にやってきているようです。


レディ・ヒリンドンの今日の蕾の様子です。
いつ咲いてくれるでしょうか。秋の花はいつもゆっくりゆっくり咲きます。
ヒリンドンの蕾



他のバラの蕾も小さくて見逃してしまいそうなくらいです。


応援のクリックよろしくお願いしま~す



スポンサーサイト
【2007/09/24 22:55 】 | バラといっしょ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<犬は世界共通 | ホーム | 夏に枯れた二本のバラ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/14-1908c17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。