スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
犬は世界共通
パリの街は昔より汚れているように思いましたが、パリの人々はベルと一緒にいることでずっと親しみ易く感じられました。
7月はじめのパリは、デパートをはじめ街中のお店が夏物のセール時期で人があふれていました。ベルと一緒にいると、いろいろな人が寄ってきて名前や歳、種類などを聞いてきたり、可愛いがってくれました。パリではポメラニアンはめずらしいらしく、多くの人から興味を持って「スピッツ?」と声をかけられました。
人間大好きのベルは、子供達に囲まれたり、たくさんの人に声をかけられ可愛いがられてご機嫌でした。
われわれも普段経験できない外国人とのふれあいに、音楽などと同じように犬への興味が世界共通であることを改めて知ることができました。


  左上/右下:モンマルトル 左下:19区の住宅街 右上:マレ地区
縮小-人気のベル1




     今朝、部屋に飾ったバラです。カーテン越しに庭のバラが写っています。
     室内のバラ1


ベル1
一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



スポンサーサイト
【2007/09/25 20:59 】 | 犬と海外旅行-パリ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<お花畑と思い出 | ホーム | 秋風とともにバラが咲く>>
コメント
●え、犬と海外旅行?と興味津々で拝見させていただきました。
わが家にも犬家族が居ますが、飛行機は貨物室だと思って、
お正月の帰省(京都→九州)も新幹線で移動しています。
(同じように、周りをキョロキョロして膝の上です)
犬のルナが先天性糖尿病のため、あまり旅行もできませんが
こうやって海外まで一緒に行けるベルちゃんの様子、
とても楽しく見せていただきました。
犬禁止の場所が多くて、行動範囲が限られてしまうのが
残念ですね。
【2007/09/28 18:09】 | URL | るな #-[ 編集] | page top↑
コメント、ありがとうございます。
我が家でも札幌に帰省するときはいつも夜行の個室寝台を使っています。昔一度だけ札幌まで飛行機で行ったことがありますが、貨物室に乗せられ「死んでも文句言いません」という誓約書を書かされました。それ以来、日本では二度と犬と飛行機に乗らなくなりました。最近、海外旅行での検疫制度が変わり、帰国時の検査が短時間でできるようになったことと、外国の航空会社では機内持ち込みOKであることがわかったため、犬と一緒の海外旅行に挑戦してみました。老犬で疲れたと思いますが、それ以上にいつも一緒で嬉しそうでしたので、また10月終わりに行くことにしています。ブログでその様子は紹介していくつもりですので是非またご覧になってください。今日はコメントいただいてとても嬉しかったです。
【2007/09/29 01:25】 | URL | R&S #7M8xhtxw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/13-bccc5cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。