スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
バラに魅せられて
庭に咲くお気に入りのトラディスカントです。
トラディスカント



田舎で小学校に通っている頃、庭には沢山のバラが咲いていました。
それらは大きくて鮮やかな色をしたバラたちで、朝に父が切り花をして「教室に飾るように」とよく持たしてくれたものです。あの時のバラはきっとハイブリッドティーだったのでしょう。何故かピースという名だけ覚えています。


草花のガーデニングに夢中になってから6~7年の時が流れて、いつしかバラの美しさに惹かれて次々と買い集めました。療養のため東京で過ごしていた父が亡くなってから3年ほどたった頃のことです。


子供の頃の田舎で咲いていたバラに似た大きくて立派な花で庭はいっぱいになりました。
それらは、HTの赤いイングリッド・バーグマン、ユキサン、ランドラ、ジュリアや、フロリバンダのフレンチレースやプリンセス・ミチコ・・・


イングリッドバーグマンからプリンセス・ミチコまで順に写真をのせています。
クリックすると少し大きく見ることができます。
イングリッドバーグマン  ユキサン  ランドラ

ジュリア  フレンチレース  プリンセスミチコ  


しばらくしてから、風通しの良い伸び伸びとした環境を好むHTやフロリバンダの一部を、誰もいなくなって寂しい田舎の庭に移しました。東京から毎週電車で通ってケアすることにしました。
上の写真の花はすべて田舎行きになり、今はもう東京の庭にはありません。田舎に移してから、一層生き生きと立派な花を咲かせていました。


その田舎の家は今年の夏、気に入ってくれた方がいて手放しました。
大切に育ててくれることを願って・・・


下の写真の大好きなHTのブラック・バカラは東京に残しました。
ブラック・バッカラ



東京の庭は、次第に心を惹かれるようになったオールドローズやイングリッシュ・ローズが中心になってきています。「国際バラとガーデニングショウ」で2005年のテーマであったイングリッシュ・ローズに魅了され、さらに翌年2006年のテーマのオールドローズにすっかり虜になりました。
例外もありますが、庭は大きな花から比較的小さな可憐な花に変わってきました。


その様子はブログの中でこれから紹介していこうと思っています。


メイクイーン  ジュビリー・セレブレーション  モーティマ・サックラー

上の写真は2005年の「国際バラとガーデニングショウ」でのイングリッシュ・ローズ。
左から、メイ・クイーン、ジュビリー・セレブレーション、モーティマ・サックラー。
モーティマ・サックラーは家の庭でも可愛く元気に咲きます。


下の花は昨年年2006年の「国際バラとガーデニングショウ」でのオールド・ローズ。
すっかり魅せられて、こんな庭をつくりたいと思っているのですが・・・

2006年オールド・ローズ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



スポンサーサイト
【2007/09/21 22:59 】 | バラといっしょ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<パリは犬天国 | ホーム | パリ旅行帰路の機内で>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itudoko.blog119.fc2.com/tb.php/10-8c2779bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。