スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
秋の花を待って
暑さが影をひそめ、すっかり涼しくなった東京。今日は朝から小雨が降っています。歩道に面した花壇のブルーサルビアの色が濃くなり緑に映えてキレイです。
ブルーサルビアIMG_5327


庭のエリカの花が咲いて・・・いよいよ秋から冬へと向かう季節になってきたことを感じます。
エリカ2IMG_5478


小さいけれど元気をくれそうな目に鮮やかなオレンジの花が咲いて・・・・。
オレンジIMG_5427




秋になってレディ・ヒリンドンの2つめの蕾が開きはじめました。2つめはどんな花を見せてくれるのか・・・。1つめは本来のレディ・ヒリンドンと比べて花びらの色が白っぽくて形も少し浅めのカップでした。植えてから5~6年、初めての経験です。
レディ・ヒリンドン2IMG_5466-3




今朝のシスター・エリザベス。ライラックを帯びたローズ・ピンクが濃くなってほんのりオールドローズの香りを漂わせています。四季咲き性が強くて、花が少ないこの時季に次々に咲いてくれるのが嬉しいバラ・・・。
エリザベス1IMG_5146


昨日のスヴニール・デリズ・ヴァルドン。横張りの枝についた複数の花を写真に収めるのが難しく・・・バックにかすかに見えます。
スヴニール・デリズ・ヴァルドン1IMG_5401


スヴニール・デリズ・ヴァルドン3IMG_5405




涼しさに久しぶりに少し遠くまで足をのばした散歩道・・・犬
ベル2305IMG_5438


「ベルちゃん、久しぶり」と声かけられて振り向いて♪
ベル2304IMG_5435



今は花が少なくて記事を入れられない日もあると思いますが・・・時々のぞいてみてください。


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ ←にほんブログ村のベルにクリックお願いします


 ← ブログランキングヘ



スポンサーサイト
【2008/09/29 14:28 】 | バラといっしょ | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
新宿御苑のバラと十月桜
←人気ブログランキングへ




友達とランチを楽しんで新宿御苑に寄ったときはすでに3時半をまわっていました。閉園まで1時間足らずです。
新宿御苑1IMG_5215-1


9月のみどころは、ヤブラン、ヒガンバ、ススキ、ホトトギスそしてツルボ。日本庭園やあちこちに咲くヒガン花を見ながらツルボの咲くフランス式整形庭園を目指しました。
新宿御苑2IMG_5223-1


新宿御苑3IMG_5224


タイワンホトトギス。
新宿御苑ホトトギスIMG_5343


新宿御苑4IMG_5229


枯れ葉が落ちて、どことなく秋の気配を感じる木々の間を通り抜けていくと・・・
新宿御苑6IMG_5233


思いがけずバラの花が目に飛び込んできました。HT(ハイブリッド・ティー)バレンシア。
HTバレンシア2IMG_5241-1


フランスの雰囲気がただようプラタナスの並木の横にフランス式整形庭園があります。新宿御苑のバラの見ごろは10月中旬~下旬・・・訪ねた9月のおわりにも早咲きの花を見ることができました。バラをはじめた頃、家の庭でも大きな花を咲かせていたことを思い出します。HTブラック・ティー。
HTブラック・ティー1IMG_5243


HTダブル・デライト。流通名は二重の喜び。
HTダブル・デライト1IMG_5254


FL(フロリバンダ)のゴールド・バニー。大きな木に日差しを遮られている家の庭では花はまだまだ・・・やはり広々した公園の環境がバラに良いことを思い知らされます。
FLゴールドバニーIMG_5301


FLアイスバーグです。家のアイスバーグの開花はもう少し先・・・。
FLシュネービッチェン2IMG_5270


耐病性のある強健なバラ、FLストロベリー・アイス。
FLストロベリー・アイス1IMG_5289


FLストロベリー・アイス2IMG_5291




バラに夢中で、見にきたツルボのことをすっかり忘れてフランス式整形庭園をあとにしました。ツルボのじゅうたんはこのプラタナスの並木の下に広がっているはず・・・。
新宿御苑10IMG_5239


時間になって出口に急ぐ途中、ジュウガツザクラが咲いていました。
ジュウガツザクラ2IMG_5341

ジュウガツザクラ4IMG_5340




家に戻り・・・待ちくたびれてチョット怒ったベルと半日ぶりの再会ですえ?
ベル2208IMG_8888



ランキングに参加中です
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/28 12:48 】 | その他 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
秋の訪れを感じた朝に
←人気ブログランキングへ




寒いくらいの朝、上着を羽織って庭に出てみるとアスピリンローズの花が清楚に咲いていました。
アスピリンローズIMG_5174


今は”もっとも花が少ない”と嘆いて見渡すと・・・もうすぐ花を見せてくれそうなスヴニール・デリズ・ヴァルドン(オールドローズ・ティー)。
スヴニール・デリズ・ヴァルドン3IMG_5185-1


足もとに朝日を受けている小さな花が一輪・・・おそらく都忘れの花・・・。
都忘れ1IMG_5206


ピンクのダリア・・・初恋。
ダリアピンク1IMG_5121


今朝のシスター・エリザベス。 バラの香りを放って(ダリアではないことを)しっかり主張しています。
エリザベス2IMG_5148


ピンクといえば・・・フロックス。
フロックスIMG_5198


そして・・・シュウメイギクが朝の涼しさを喜んでいるようです。
シュウメイギク1IMG_5178


山梨のコマツガーデンで買ってきたマチルダのひらいた花びら。花が少ない庭を華やかに見せてくれています。
マチルダ1IMG_5123


近くのハーブとアロマのお店に見たことがあるようなバラの苗が・・・近づいてみるとコマツガーデンのバラ苗が置いてありました。
カリス成城1IMG_5136-1






からっとした空気の中で朝の散歩・・・足の調子もよくて、ぴょんぴょん飛ぶように歩いてきました~。
ベル2109IMG_8847


うちの中もすこ~しヒンヤリして、ようやく秋らしくなりそう栗jumee☆Autumn・・・です。
ベル2112IMG_8864



応援のクリックありがとうございます
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/27 12:57 】 | バラといっしょ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
秋に咲くバラを求めて
←人気ブログランキングへ




約1年半ぶりのコマツガーデン。石和温泉街のすぐそばにあります。春は大きなアーチにヒマラヤンムスクやジュランビルなどいくつかのつるバラが咲き乱れます。この時季にバラの花が少ないのはしかたのないこと・・・。
zコマツガーデン3IMG_5081-1


アーチの左側に並べられた四季咲きのバラ。オールドローズ中心のわが家の庭では秋に咲かないバラも多く、秋になるといつも四季咲きのバラを見たくなります。気に入ったバラに出会えたら持ち帰りたいと、やってきました。
zバラコマツガーデン3IMG_5079-1


アーチの右側にはお店のエントランス。両脇に植えられたバラを見ながら入ります。
zコマツガーデン8IMG_5090-1


まわりにバラが植えられた広い庭には多くのバラの鉢が置かれ、ぽつぽつと花をつけていました。今家にある スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン、レディ・ヒリンドン、ジュランビル、ルイーズ・オディエ・・・など、以前ここで咲いていた花が気に入って買ったバラたちです。
zコマツガーデン2IMG_4991



コマツガーデン4IMG_8618


HT(ハイブリッドティー・ローズ)のプレジデント・レオポルド・サンゴール。HTはバラらしい風格を感じます。バラをはじめた頃、家の庭はこんなHTが中心でした。
コマツガーデン5IMG_8620


お店の庭に置かれたバラ苗の一部です。左に並ぶのはつるバラ、ロココやニュードーンなど。花つきの良いアンジェラが小さなピンクの花を付けていました(小さな写真)。
zバラアンジェラ1


咲いていた花たちです。HTのスノー・ドルフィン(左)とメルヘンケーニゲン(右)。
zHT1


FL(フロリバンダ)のフリージア(左)とフレグラント・プラム(右)。FLは何といっても花つきの良いのが魅力です。
zFB1


モンテカルロ。
zバラモンテカルロIMG_5059


イングリッシュローズのLDブレスウェスト(左)とライラックローズ(右)。イングリッシュローズの苗は少なく、来年春から咲く大苗が10月後半~11月にかけて並ぶそうです。
zER1


家では小さく育てているつる仕立てのオールドローズのマダム・ローリル・ドゥバニーを見つけ、花の楽しみは来年の春まで待つことにして・・・買ってしまいました。


四季咲きで花つきの良い花を確認したり・・カタログをもらったり・・・つるバラの管理の仕方などを相談にのってもらったり・・・そして(昨日アップした)マチルダ、マダム・ローリル・ドゥバニー、花台などを車に積んでコマツガーデンをあとにしました。写真はHTのブルームーン。
zブルームーンIMG_5026




秋とは思えない暑い太陽に照らされたコマツガーデンの庭・・・・車の中で少し涼んだあと・・・
ベル1920IMG_8691


一人ぼっちになるのが心配で、大きな眼には涙が・・・
ベル1907IMG_8653


いまにも涙がこぼれ落ちそうに・・・ふるーつ☆Cultivation・泣(小)・・・・もちろん、このあともずっと一緒でした。
ベル1906IMG_8651


応援のクリックお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/26 13:55 】 | バラといっしょ | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
ぶどうの里をまわって
←人気ブログランキングへ




中央高速を勝沼で降りて、ぶどう街道を通ってしばらく車を走らせるとフルーツラインに。勝沼のぶどう卿が眼下に広がります。
フルーツライン4IMG_8606


青い秋の空に広がるぶどう畑・・・。
フルーツライン5IMG_8609


ぶどう街道沿いには葡萄農家のお店が並び、通る車にお店の人が手をあげて呼び込みをしています。
z葡萄園3IMG_4935


笑顔に誘われ車を止めて中に入ると試食用の葡萄が出てきました。気にいった葡萄を選んで葡萄狩りをすることができます。
z葡萄園1IMG_4926-1


ピオーネの葡萄狩りを希望すると、ピオーネ畑に案内されました。ピオーネの時期は終わりかけていてきっと最後のピオーネ狩りです。
ぶどう棚8IMG_8563


かごいっぱいに詰め込んで・・・びっくりするほど安くサービスしてくれたおじいさんに嬉しくなって何度もお礼を言いました。
ぶどう棚6IMG_8561


ぶどう棚2IMG_8553


ピオーネの他にもいろいろと買って・・・これはほんの一部です。
ぶどう2IMG_8732


畑や道端では孔雀アスターが伸び伸びと咲き乱れていました。
孔雀アスター3IMG_8581


孔雀アスター4IMG_8589


ぶどう卿をあとに、甲府市に近いバラのお店コマツガーデンに向かいます。
フルーツライン3IMG_8604




中央高速途中の談合坂SA(サービスエリア)で休憩中のベル。葡萄がダメなベルもおつきあいです(葡萄はワンちゃンの体にはあまり良くないんです)。
談合坂のベル7






コマツガーデンで買ったスタンダード仕立てのマチルダ。買ってほしいと訴えているようだったバラの蕾が、今日は開きました。
マチルダ2IMG_5108-1


マチルダ1IMG_5105-1





ぬいぐるみとにらめっこして・・・・アイコン名を入力してください
ベル2002IMG_8762


うちの中でゆったり気分の今日のベルにへにへ
ベル2001IMG_8745


2つクリックお願いしま~す
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/25 15:25 】 | その他 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
突然思い立って山梨へ
←人気ブログランキングへ




今朝早くから中央高速で車を走らせて山梨へ。葡萄畑とバラのお店コマツガーデンに行ってきました。その様子は次回以降に。先ほど帰りましたので、今日はとりあえずの報告です。
z甲府へ3IMG_4924-3


青空で強い陽射しの暑い一日でした。
zバラ1IMG_5007


高い空に向かってつるバラの実が色づいて・・・
バラの実IMG_4993


コスモスが秋の陽をいっぱい浴びていました。
コスモス2IMG_8596


コスモス3IMG_8622




甲府駅前にある武田信玄像の前でベルの記念写真jumee☆faceA176jumee☆faceA177R。それでは明日に。
信玄像とベル1



ブログランキングに参加しています
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/24 23:26 】 | その他 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
赤と白のシュウメイギク
←人気ブログランキングへ




秋分の日の今日、朝広がっていた青空が厚い雲に覆われて蒸し暑くなりました。本格的な秋に備えて花が一休みしているのか・・・東京は花の少ない時季です。それでも、道端のあちこちにアザミが咲いていました。
zあざみ2IMG_4847


ひっそりと咲いていた夏のなごりのアサガオ。
アサガオ2IMG_8459


時計そっくりなトケイソウです。
トケイソウIMG_4880


秋の味覚、栗が食べ頃になってきたようです。
栗林5IMG_4771


世田谷の閑静な住宅街で・・・気づかない人も多い栗畑。家の人が収穫していました。
栗林3IMG_4769




花が少ない今の庭は・・・花ブログに耐えそうもありませんたはー焦る3。ユリオプスデージーが少し咲いています。
zユリオプスデージーIMG_4739


黄色いはずのレディ・ヒリンドンの蕾はなぜか白っぽくなって・・・見守っているところです。
zヒリンドンIMG_4864


朝日を浴びているシュウメイギク。雨続きの花はイマひとつ。
zシュウメイギク1IMG_4806


z白いシュウメイギク1IMG_4897


シュウメイギクはキクという名前が付いていても、キンポウゲ科アネモネ属の植物。アネモネが好きなので、やはりこの花にも惹かれます。
zシュウメイギク7IMG_4817


z白いシュウメイギク3IMG_4890


何度も切り戻して・・・何度も咲いてくれるミニバラ・レンゲ。
zミニバラ3IMG_4823-1




陽が射す朝、いそいそと散歩に出かけたのに・・・まだまだ続く蒸し暑さに足がストップjumee☆faceA210R
ベル1814


こんな日はうちの中が一番 にぱにぱ
ベル1810IMG_8497


2つポチっとお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/23 14:23 】 | 庭の草花 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
雨の日に似合う花たち
←人気ブログランキングへ




朝のどしゃ降りの雨が止んでしっとりとした東京です。庭では黄色いコウシュンカズラ・ミリオンキッスが輝くように咲いています。
21コウシュンカズラ2IMG_4724


雨にもめげずに咲く秋の庭に似合う花。コンパクトに育てられるので寄せ植えにも使えそうです。
21コウシュンカズラ2IMG_4688


たくさんの花を育てている近くのおじいさんがくれた3種類の花。散歩の途中に庭の前を通って、花のはなしをすると決まってその花をお土産に・・・楽しみの一つのようです。雨上がりの庭にはぴったりのシュウカイドウ、ミズヒキそしてホトトギス。
ベゴニアの仲間で古風な趣き・・・シュウカイドウ(秋海棠)。
21シュウカイドウ1IMG_4677


「赤は時々見かけますが白は珍しいですね」と声をかけるとくれた赤と白のミズヒキ。名前の由来は、紅白の水引からきています。
21ミズヒキ1IMG_4681


ホトトギス。花びらの斑紋がホトトギスの胸の模様に似ていることからこの名がつけられたユリ科の山野草。この花の良さが分かるまでもう少し時間がかかりそうです。
21ホトトギス4IMG_4663




トレニアが雨の雫に濡れて。
21トレニア2IMG_4690-1


北の裏庭のツユクサがこのところの続く雨でイキイキしてきました。
21ツユクサ2IMG_4751


昨日雨が降る前のナエマ・・・細い枝につけて小さめだったので、次に期待して早めに摘みました。
21ナエマIMG_4639




すっきりと気持のよい秋晴れになりそうもなく・・・家の中にいることが多くなって・・・。
ベル1705IMG_8414


もっと散歩がしたい・・・とか・・・秋らしくなるにつれ物思いにふけってしまうベル絵文字名を入力してください
ベル1704IMG_8408


2つポチっとお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/22 14:28 】 | 庭の草花 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
夏と秋の花を合わせて
←人気ブログランキングへ




東京は雨が降りだしました。厚い雲に覆われた午前中に、少しだけ庭いじりができてほっとしています。


台風が去ったあとの昨日の午後、ベルと近くの公園まで散歩しました。道端に咲いていた大きくて見事なダリアです。
公園の花6IMG_8344


期待したコスモス畑は・・・1週間前と変わらずに・・・まだぽつぽつと咲いているだけです。
コスモス5IMG_7959


コスモスのそばで名前の知らない花が元気いっぱい背丈を伸ばしていました。
公園の花8IMG_8348






夏の間なんども咲いて伸びてしまったペチュニア。数日前に切り戻して、今朝もういちど秋の花のポットマム(西洋菊)と一緒に寄せ植えにしてみました。白い花はランタナ。
ペチュニアの寄せ植え5IMG_4612


薄いオレンジのポットマム・エクセレントマムピコ。いつもはチョット古風で敬遠していた菊・・・小さな花の西洋菊は庭にも溶け込みそうです。
ポットマム1IMG_4637




庭のベロニカが咲きはじめています。バックの青い花は色がますます冴えてきたブルーサルビア。
ベロニカIMG_4656-1




次々に咲く今日のシスター・エリザベス・・・咲き進んだ花はダリアにも似ているように見えて・・・甘くスパイシーなオールドローズ香がします。
シスターエリザベス21-2IMG_4615






昼間なのに少し暗い空・・・雨の合間の散歩のあと、明るい部屋の中で・・・。
ベル1605IMG_8380

立ったり、座ったり、寝ころんだり、おやつの時間を待って落ち着かないベルガムドーナッツ
ベル1606IMG_8383


2つポチっとお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/21 14:52 】 | 庭の草花 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
マレの街に別れを告げて
←人気ブログランキングへ



パリ最後の日、すっかり慣れて親しみを感じはじめたパリ4区マレ地区周辺との別れが近づいてきました。


街灯と窓辺の花が印象的な狭い路地。朝の散歩でよく歩いたこんな普通の路地にも思いが残ります。
       aマレの通り34IMG_7068


ショッピングや食事へと出かけたいつも人で賑わうフラン・ブルジョワ通り付近。見るだけでも楽しい通りです。
aマレの通り11IMG_4381


何度も何度も歩いたホテルから地下鉄へ向かう大通りサン・アントワン。リヴォり通りにつながる通りです。
aマレの通り22IMG_6608


いつも利用した地下鉄サン・ポール駅の前では、ドラマ(?)撮影されている日も。
lマレの撮影1


まわりには気楽なレストランやカフェがいっぱい・・・そこにはいつも食事や会話を楽しいんでいる大勢の人の姿が・・・。
bマレのカフェ&レストラン1IMG_3117


bマレのカフェ&レストラン5IMG_4524


近くでクレープリー・レストランも見つけました。ブルゴーニュ地方・カンペールで食べたそば粉とバターで作ったクレープ「ガレット」を思い出し、ついついベルと一緒に入ってしまいました。
cベルと一緒に食事1IMG_3118


cベルと一緒に食事3IMG_3148


ときどき行ったスーパー・マーケット。
eスーパー3


サン・アントワン通りにあるインターネット・カフェ。通りを歩く人々とバスを待つ人々・・・店内でキーボードを叩きながら見た風景です。
dネットカフェ12


ベルも散歩しながら寄りました。
dネットカフェ11IMG_2528


街で見かけた犬づれの人たち。
g犬連れ4


おしゃれな窓に飾られた花。花の色は赤いひさしや紫のカーテンに調和しています。
hマレの花2IMG_3113


hマレの花3IMG_4367


いつも通ったバラ専門の花屋さんともお別れです。朝はところ狭しと並べられたバラが夕方にはほとんどなくなります。ブーケや切り花にした色々なバラの花を見て気持の和む瞬間でした。
hマレの花25


夜は遅くまで明かりがついて、人が絶えるまでゆっくりと時間が流れます。
f夜景3IMG_3172


自由気ままな雰囲気が漂う街かど。
f夜景5IMG_3184


サン・アントワン通り沿いのサンポール・サン・ルイ教会。街灯に照らされた大きな扉と門柱が夜の街に浮き上がります。
f夜景7IMG_3197


扉の前で休んだり、一生懸命歩いたり、居眠りしたり、ベルもこの街に戻るとホッとして沢山楽しむことができましたふぅホッ ほっ
jマレのベル20






東京は、台風が去って白い雲の間から青空が顔を出しました。庭のユ-パトリウムにシジミ蝶・・・Butterfly......
z花と蝶1IMG_4572


はじめての段菊(青い花)を使った寄せ植えです。
z寄せ植え302IMG_4579




応援のクリックお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/20 12:27 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
マレのいつもの散歩道
←人気ブログランキングへ




パリ滞在中、毎日のようにベルと歩いたマレのホテル近くの散歩コース。日本の散歩道もいいけれど・・・趣の異なるパリの散歩道は飽きることがなく新鮮です。


セーヌ川。秋はマロニエの木が黄色く色づき・・・やがて一面の枯葉、冬は枯れ木に灰色の空、春から夏は緑のマロニエに青い空・・・そしていつ来ても変わらない白い建物とセーヌの流れ・・・。
kセーヌ川付近34IMG_7093


セーヌ河岸の広い歩道を歩きます。
jマレのベル11IMG_7083


向こうにシテ島、ノートルダム寺院が見えます。手前はサン・ルイ島。
kセーヌ川付近6IMG_7100


ルイ・フィリップ橋を渡るとサン・ルイ島です。
kセーヌ川付近8IMG_7088



橋からセーヌ右岸(北)に目を向けると、通りを隔ててサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会の裏手が見えます。6世紀初めにこの場所に建てられ17世紀に完成したという教会の周りにはレストランが並び、雰囲気のあるこの場所は食事時には人が集まってきて賑わいます。
kセーヌ川付近18IMG_7116


食事の準備は整い、花もスタンバイ。
kセーヌ川付近16IMG_7113


kセーヌ川付近33


kセーヌ川付近13IMG_7108


ベルと一緒にカフェで休む人たちの間を抜けて、ツタのからまる建物の露地を通っていきます。
kセーヌ川付近31IMG_4431


jマレのベル13IMG_7135


ホテルに戻る途中のサンス館。サンス大司教のパリの館として15世紀に建てられ、今はパリの歴史資料が展示された博物館です。整った洋風庭園を見ながら散歩を続けます。
hマレの花10IMG_9359


通りの窓辺にはいつも見かけるいくつものゼラニウム。
hマレの花23IMG_9394




次はヴォージュ広場での散歩。広場へ向かう道です。
aマレの通り18IMG_4961



17世紀のはじめルイ13世の時代に完成したヴォージュ広場。革命のときまで「王の広場」と呼ばれ華やかな社交の場だったという広場は、いつものんびりと憩いを求める人たちでいっぱい。
iヴォージュ広場10IMG_4193


ペットは入れないのでベルは広場の周りを歩きます。
iヴォージュ広場2IMG_4194


広場を囲むアーケードには画廊やレストランなどが建ち並び・・・いつも音楽家たちが楽器を奏でています。ヴィクトル・ユゴーなどこの周りには多くの芸術家たちが住んでいたようです。
iヴォージュ広場8IMG_7020


iヴォージュ広場9IMG_7023


iヴォージュ広場11


古さの中に新しさも感じるパリの散歩を楽しんで・・・笑い^^
jマレのベル6IMG_4427







今は雨が止んでまたすぐにも降り出しそうな東京。庭のスノー・グースにはしずくが残っていました。
スノーグース19IMG_4508-2




近くの道端で、昨日までの蕾が大きな花を咲かせました。白い彼岸花?
彼岸花1IMG_4549



応援のクリックお願いします
↓              ↓
   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/19 13:51 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
小雨の降る庭で
←人気ブログランキングへ




東京は朝から小雨がしっとり。春は雨つづきだったので、秋のバラのシーズンは晴れてほしいもの・・・。


開きはじめたナエマが雨のしずくに濡れて。
雨の蕾6IMG_4493-1


小さな小さな蕾が葉に守られ・・・ローズ・デ・キャトル・ヴァン。
雨の蕾7IMG_4523-1


次々に咲いているスヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
雨のマルメゾン1IMG_4455-1


少し開きかけのシスター・エリザベス。
雨の蕾4IMG_4484-1


蕾は空に向かってまっすぐに・・・咲くとうつむくレディ・ヒリンドン。
雨の蕾1IMG_4462-1


咲き終わりのグルス・アン・アーヘン。
雨のグルスIMG_4475-1




秋らしい花を寄せ植えしました。
     寄せ植え201IMG_8297


最近はやりの洋菊。今いろいろな洋菊が花屋の店先を賑わせています。
寄せ植え210IMG_8300


秋の七草のひとつ、カワラナデシコ。
寄せ植え219IMG_8332


鮮やかな青紫のりんどう。今日のような雨や曇りの日には花びらを閉じて。
寄せ植え216IMG_8314




小雨の中の散歩を早く切り上げ・・・一緒の部屋で安心して一人遊び音譜
ベル1310IMG_8061


見てて!!のカオです下矢印
ベル1313IMG_8069




応援のクリックお願いします

   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




【2008/09/18 14:23 】 | 庭の草花 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
パリの夜を彩る花火
←人気ブログランキングへ




7月14日パリ祭の夜は花火大会です。エッフェル塔近くのトロカデロで見る花火が一番いいと聞いて、夜9時ころにホテルを出ました。地下鉄内はいつにも増してたくさんの人・・・トロカデロ駅はホームに人があふれ大変な熱気です。


トロカデロ広場や広場につながる通りはすでに人で埋め尽くされ、花火がはじまるのを待っていました。目の前は人の頭と広場を囲む大きな木々・・・もっとエッフェル塔が見える場所へと前に行きたくても、とてもとてもムリのようです。
nトロカデロ駅1IMG_6629


11時近くになってエッフェル塔のライティングが消え、暗い夜空に花火が打ち上げられて歓声が上がりました。
nトロカデロ駅5IMG_6687


o花火5IMG_6659


どこからともなく音楽が聞こえてきて・・・マリア・カラスとパヴァロッティのオペラのようです。さすがに心憎い演出。オペラのクライマックスには花火も盛り上がって最高潮に・・・。
o花火20


o花火2IMG_6656


花火の途中、花火の音に驚いたり人の波に押されたりのベルを見て、降りた駅トロカデロに向かうと・・・帰る人と来る人の間に挟まれ両方から押されて身動きできずに・・・とうとうフェナーレまで。
o花火19IMG_4175


花火が終わって灯りの点いたエッフェル塔をあとに、帰りは混み合う駅を避け人の流れにそって1つ先の駅リュ・ド・ラ・ポンプ(Rue de la Pompe)まで歩きました。
     pエッフェル塔を後に1IMG_6750


下は去年の秋、反対側のシャドマルス公園から見たエッフェル塔。シャドマルス公園は花火を打ち上げるため2~3日前から封鎖していたようです。
     エッフェル6IMG_3044


ホテルに戻って見たテレビには、エッフェル塔と花火がキレイに映し出されていました。セーヌ川に架かる橋で見た人も多かったようです。
qテレビ1IMG_6753


パリ祭前夜から連日の夜更かしですっかり寝不足のベル。ホテルに戻ると洋服を着たままグッスリ寝る
rホテルのベル7






はなし変わって、園芸店がなくなったと思っていた二子玉川のガーデンアイランド。新しい園芸店に生まれ変わっていました。写真は1階の入り口、2階にはたくさんの苗が置かれて活気もあって・・・もっと早くくればよかった!!
ガーデンアイランド2IMG_8186


ここにはペットショップやドッグカフェもあって、また新しい園芸店に来る楽しみができました。いくつか買った苗は花壇や寄せ植えに。
ガーデンアイランド4IMG_8192


今日の東京は薄い曇に覆われた程よい気候。
z八重ムクゲIMG_4334


近所の花好きのおじいさんから分けてもらったタムラ草。庭の木陰でアザミにも似た花を咲かせました。
タムラ草IMG_4439-1


庭の花の中でボッグセージが蝶に人気です。
z黄色い蝶3IMG_4412-1


応援のクリックお願いします

   にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



【2008/09/17 13:29 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
マドレーヌでパレードを
←応援のクリックありがとうございます




7月14日、パリ祭当日の朝。シャンゼリゼ大通りの軍事パレードを見るため地下鉄に乗りました。中心駅の出入り口の閉鎖がアナウンスされて、混雑した人の波にそって降りた駅はコンコルドです。出口にはたくさんの警官がいて、誘導されるまま歩くとマドレーヌ教会の前に。
bマドレーヌ教会前15IMG_6244


マドレーヌ教会前の通りはすでに多くの人だかりです。
f解散1IMG_6392


人の多さにベルも驚いて・・。
bマドレーヌ教会前4


となりでベルと一緒に見た小さな女の子。
bマドレーヌ教会前18IMG_6268


遠くのアパルトマンの上から見物する人も。
bマドレーヌ教会前11IMG_6280


バイクの伝令が何度も行き来し、パレードの進行の様子を伝えているようでした。
bマドレーヌ教会前8IMG_6259


突然、大きな爆音がして見上げるとビルの合間に戦闘機が走り抜けていきます。
bマドレーヌ教会前13IMG_6279


兵隊の行進がはじまりました。
c軍の行進2IMG_6289


さっそうとして勇ましい女性兵士の誘導に従って・・・
c軍の行進7


ブルーベレーや髭をはやし斧をもった兵隊さん、そして制服もいろいろ、次から次へと行進が続きます。
c軍の行進8


行進が終わると戦車のパレード。
d戦車1IMG_6369


シャンゼリゼ大通りからの軍事パレードはこの場所が終点。行進が終わると共に自由解散のようです。
f解散8IMG_6397


解散のあと、音楽隊が最後の行進をしながら帰っていきます。
f解散12IMG_4038


帰り道には、兵隊さんの姿も。
f解散5IMG_6394


いたるところで・・・兵隊さんを見つけていっしょに記念撮影です。
g兵隊と撮影1


ベルも兵隊さんに抱かれてパチリjumee☆camera1b。 他の兵隊さんは人と撮影なのに・・・ベルとの撮影をまわりの仲間からヒューヒューと冷やかされ、ちょっと気の毒な人の良い兵隊さん・・・でした。
g兵隊と撮影2IMG_6412


人ごみの中を抜けて、カフェで一息コーヒー
hカフェ1IMG_4043


三色の煙を吐く戦闘機、並んだヘリの行進、凱旋門の前を歩く兵士たち・・・ホテルに戻って見たテレビの中のシャンゼリゼのパレードの様子です。
iテレビ1








今日の東京は、朝降っていた雨が止んで雲の中から日が差してきました。
z雲IMG_4397


まだ小雨がぽつぽつする中をベルと散歩・・・道端にはフジバカマ。
z藤袴IMG_4404




庭ではイングリッシュローズのシスター・エリザベスが小さな花を咲かせています。
シスター・エリザベス1IMG_4383


人混みにびっくりしたベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/09/16 12:55 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
秋の苗を探しながら
←応援のクリックありがとうございます



昨夜からの雨が上がって東京は涼しい朝。ローズ・デ・キャトル・ヴァン(4つの風のバラ、羅針盤を意味します)の波打つ花びらにはまだ雨のしずくが残っています。
zローズ・デ・キャトル・ヴァン8IMG_4373


昨日の昼間は青空の広がる暑い日でした。天高くシュートをのばす庭のモールヴァン・ヒルズ。
zモールヴァン・ヒルズIMG_4219


秋の日差しを受けて・・・昨日のローズ・デ・キャトル・ヴァン。フランス・デルバール社のバラで春に咲かずに夏を過ぎてようやく咲きはじめました。かすかなフランボワーズ(ラズベリー)の甘酸っぱい香りが庭に漂います。
ローズ・デ・キャトル・ヴァン1IMG_8148





散歩道ではムクゲが涼しげに咲いていました。
ムクゲIMG_4325




秋の苗を探して・・・外苑前に新たにオープンした園芸店に行ってみました。良く利用していた玉川店が7月に閉店し、青山の本店も草花の苗は徐々に少なくなっていたので・・・青山店と玉川店2つを統合して生まれ変わった外苑前のお店に期待していました。


「心を満たす美しい世界へ」のコンセプトのもとに変わったお店・・・美しい空間には・・・全く草花の苗がありません。しばし呆然・・・・。
z園芸3IMG_4353


入口右のコーナーは主に観葉植物やランなど。左側のコーナーには切り花や花々のアレンジメント。
z園芸4IMG_4354


z園芸5IMG_4355




気を取り直して・・・日が沈みかける頃、日本橋の某デパートのチェルシーガーデンに。パーゴラに絡まるバラが空に向かって元気に咲いていました。
三越のバラ1IMG_8161


バラの苗の売り場には花をつけたたくさんのバラ。バラの苗はかなり思い切った剪定がされて、バラを求める人がイメージし易いように花のある枝を少しずつ残しているようです。
zチェルシーガーデン4IMG_4358


zチェルシーガーデン3IMG_4360


フランスで見た花が寄せ合ってこんもりと咲くバラの姿を想像して買いました。初めてのフランス・ギョー社のバラ、フロ-ランス・ドゥラートルです。
フローランス1


バラに夢中になっている間に、すっかり日が落ちて草花の苗が見えないほど辺りが暗くなってしまいました。草花の苗がなかなか見つからないことを嘆きながら、つぎの機会に期待して家路へと急ぎました。
三越1IMG_8171


三越2IMG_8172






ケージに入って買い物に付き合ったベル。家に帰って・・・遅いおやつビスケット
ベル1402IMG_8093


ひとつでは物足りない・・悲しい顔ですえーん
ベル1407IMG_8118


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/15 12:57 】 | バラといっしょ | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
バスティーユの前夜祭で
人気ブログランキングへ




7月13日はパリ祭(フランス革命記念日)の前夜祭がバスティーユで開催されます。7月にしては少し肌ざむい午後8時をまわった頃、マレ地区のホテルから近いバスティーユ広場に向かいました。広場につながるSt-Antoine通りを忙しそうに行き交う人たち・・・。
eマレ周辺7IMG_5968


フランス革命の発端となったのがパリ市民によるバスティーユ監獄の襲撃。バスティーユ広場に建つ7月革命記念柱は革命の犠牲者を追悼して造られたものです。7月革命柱の下にはすでに多くの人が集まっていました。
fバスティーユ周辺106IMG_5986


広場からのびる通りでは演奏をしているバンドのまわりに人が集まっています。
fバスティーユ周辺85IMG_3714


前夜祭が始まるのを待っている人たちも。
fバスティーユ周辺13IMG_5992


しばらくして、バスティーユ広場に設置された舞台に照明が入って・・・音楽が聞こえてきました。
fバスティーユ周辺33IMG_6053


あたりが薄暗くなって、迫力ある歌声がバスティーユ広場に響きます。
fバスティーユ周辺34IMG_6060


聞いている人たちもだんだんノッテきて・・・。体が動きはじめます。
fバスティーユ周辺101


舞台ではつぎつぎに歌手が出てきて歌いはじめ・・・まぶしいほどの照明も鮮やかな青・赤・黄色に変わり・・・聴衆も手をあげて気持ちが一つになって佳境に・・・次第に夜がふけていきます。
fバスティーユ周辺44IMG_6103


fバスティーユ周辺43IMG_6101


fバスティーユ周辺49IMG_6125


舞台から離れて広場にあるカフェレストランでベルと休憩。
fバスティーユ周辺105IMG_3760


カフェレストランの中からも熱気のある舞台が見えて歌も聴こえてきます。
fバスティーユ周辺61IMG_6179


ベルが見つめる先には・・・
fバスティーユ周辺52IMG_6159


ガラス越しに見える外に座って休む人たち・・・まだまだ長い夜は続きます。毎年この日のバスティーユ広場では夜を徹して歌い、そして踊るそうです。
fバスティーユ周辺59IMG_6175


深夜になってホテルへ帰る道はまだ賑やかです。
fバスティーユ周辺67IMG_6198


教会の前もいつもとは違う明るい夜。
      fバスティーユ周辺69IMG_6203


ホテル近くのレストラン、この日だけは明け方まで開いていました。
fバスティーユ周辺78IMG_6224


     マレの夜は更けていきます。
     fバスティーユ周辺74IMG_6218





花がなかったバスティーユの夜・・・ピンクのバラ、ビバーナム、そしてスカビオサを花瓶にさしてパソコンの横に・・・花に癒されながらブログ作りです。
庭のスカビオサも夏を乗り切ってときどき小さな赤い花を咲かせているのに・・・店先で寂びしそうに売れ残っていた一輪のスカビオサを見て思わず買ってしまいました。
花瓶504IMG_8138


花瓶509IMG_8142


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/14 13:28 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
パリ祭前のシャンゼリゼ
人気ブログランキングへ




7月14日のパリ祭(フランス革命記念日)前日のエトワール(星形広場)。凱旋門は、吊るされた旗が風になびいていつもとは少し違う装いです。パリ祭当日は式典の後ここからパレードがはじまります。
bエトワール5IMG_5533


bエトワール17IMG_5555


遠くにエッフェル塔が見えます。
bエトワール1IMG_5526


どこかものものしい(?)雰囲気。至る所に警官の姿です。
bエトワール26IMG_5584


ベルも恐る恐る様子をあれ?
cエトワールのベル12


凱旋門からコンコルド広場をつなぐシャンゼリゼ大通りは人であふれています。
dシャンゼリゼ通り42IMG_3465


広いシャンゼリゼ大通りのマロニエとプラタナスの並木には旗が掲げられ、車道と歩道が柵で仕切られ、パリ祭の準備がされていました。
dシャンゼリゼ通り1IMG_5934


ジープ(?)に乗った撮影隊の姿も・・・。
dシャンゼリゼ通り17IMG_5947


通りに並ぶレストランやカフェはどこも人でいっぱいです。
dシャンゼリゼ通り21IMG_5953


最近は気軽なファーストフード店も増え、スーパーマーケットもありました。ここはマクドナルド。
dシャンゼリゼ通り35IMG_3677


シャンゼリア大通りに並ぶ建物は堂々としていて、どことなく優雅さも感じます。
dシャンゼリゼ通り20IMG_5951


建物にはカジュアルなブティックもたくさん入って。
dシャンゼリゼ通り24IMG_5956


売店の大きな広告もパリの彩りのひとつ(?)。
dシャンゼリゼ通り41IMG_5958


ベルといっしょにカフェでちょっと休憩ですカップ
dシャンゼリゼ通り43






東京は薄雲の間から青空が見えて蒸し暑さも感じる日・・・庭では赤いダリアが咲き始めました。バックに見える黄色は夏から元気に咲き続けるジネア・リネアリス。
赤いダリアIMG_4223


散歩道にあるヤマボウシの実。ほとんどの実は落ちてしまい・・・少しだけ残っていました。
ヤマボウシの実IMG_4156


散歩道の少し先にある栗畑。大きな栗の木の枝がたくさんの栗の重さで(?)垂れて・・・食べられるのはもうすぐ・・・。
栗畑2IMG_4323



ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す






【2008/09/13 14:28 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
パリのオブジェと庭の花
人気ブログランキングへ




雨が降った涼しい昨日に変わって、今日は太陽が照りつける青空です。



9月の1週目までにつるバラを除くバラの剪定を済ませました。そのとき摘めずに残した小さな蕾がぽつぽつと開きはじめました。秋にも咲くように・・・早めに花を摘んだほうがよいと思いながら・・・。
スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
マルメゾン6IMG_3973


マルメゾン12IMG_4293


咲きはじめのグルス・アン・アーヘン。
グルス・アン・アーヘン4IMG_4259


咲き進んだグルス・アン・アーヘン。夏より大きな花になりました。
グルス・アン・アーヘン6IMG_4268-1


フランス・デルバード社のバラ、ローズ・デ・キャトル・ヴァン。一週間以上たってもあまり変化の見られない蕾、ゆっくりゆっくり少しずつ焦らしながら花びらを開こうとしているようです。
ローズ・デ・キャトル・ヴァン2IMG_4300




長い留守にも絶えて蒸し暑い夏を乗り越えたハーブ中心の花壇。旅行から帰ってガーベラだけを加えてみましたが・・・そろそろ秋の花壇に変えなければ・・・。
花壇1IMG_4000


園芸店にはまだ秋の苗が少なくて・・・キバナコスモスにあり合わせの花を加えた寄せ植えです。明日からの3連休は苗探しに・・・??
ネメシア、ベゴニア、ブラキカム、アサギリソウ、オキザリス、(アゲラタムに似た)ユーパトリウム、そしてキバナコスモス。
寄せ植え101IMG_7880



長い切りばさみでも届くのが厳しいほど伸びたたくさんのシュート。もう少し切り詰めたほうがいいのか思案中です。
キャリエール1IMG_4264






背中に哀愁ただよう・・クルマの中のベルう~ん
ベル906IMG_7803


振り向いてひと安心にこ・・・これから一緒にお出かけです。
ベル909IMG_7806






はなし変わって・・・パリで見た大きな顔と手の奇妙なオブジェ。
地面に耳をあてて「Ecoute(聞く)」と名付けられたオブジェです。日本のCMに登場しているとか・・・。
iレアール付近38IMG_9137


オブジェはレ・アール地区で高くそびえて存在感を放つサントゥスタッシュ教会の前にありました。16世紀から100年がかりで建築されたゴシック様式の荘厳な建物です。
iレアール付近64IMG_9107


教会前の広場ではムクゲの花が満開でした。遠くにはパリの屋根。
iレアール付近27IMG_9113




ベルにも応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/12 13:23 】 | バラといっしょ | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
モンマルトルの丘を下り
人気ブログランキングへ




サクレ・クール寺院をあとに、石階段を使ってモンマルトルの丘を下っていきます。
      fサクレ・クールから下って2IMG_6901


石階段と並行するケーブルカー。サクレ・クールから地下鉄アンヴェール(Anvers)駅近くへ行くことができます。
fサクレ・クールから下って4IMG_6904


サクレ・クールに通じる階段はいくつもあります。途中でモンマルトルの通りに出たくなって、隣にある狭い階段に移ってさらに下りていきます。
fサクレ・クールから下って25IMG_6908


     ユトリロの描いた石階段。1910年作「コタン小道」。
        zユトリロの絵1IMG_8015


階段下の通りの坂道が見えてきました。
fサクレ・クールから下って11IMG_6912


階段を下りて右の坂道を登った先には、マティス、ドガ、モディリアニ、ピカソなどが暮らしていた共同アトリエのあった場所があります。
fサクレ・クールから下って16IMG_6918


モンマルトル界隈は庶民的な下町の風情を感じます。庇のかかった小さなお店には日本の絵が飾られていました。
fサクレ・クールから下って14IMG_6915


通りには絵を売る店が多く見られます。
fサクレ・クールから下って17IMG_6922


坂を下ったところにはやはり気取らないレストランが並びます。
fサクレ・クールから下って20IMG_6924


fサクレ・クールから下って21IMG_6925


通りを左に進んで、サクレ・クール寺院の真下にあるサン・ピエール広場に出てきました。映画「アメリ」にも出てきたメリーゴーラウンドです。
gモンマルトルのメリーゴーラウンド3IMG_6933


サン・ピエール広場から見上げたサクレ・クール寺院に別れを告げて。
gモンマルトルのメリーゴーラウンド8IMG_6934


庶民的な店が建ち並ぶ賑やかな通りを歩いて地下鉄アンヴェール(Anvers)駅へ。
hアンヴェール駅周辺4IMG_6943


アンヴェール駅は団体見学の学生たちであふれていました。
hアンヴェール駅周辺3IMG_6941






昨日の夕暮れ前、少し遠回りしたベルとの散歩で・・・道端に咲く夏の終わりのひまわりに出あいました。
ひまわり5IMG_7952


ひまわり1IMG_7940


ひまわりの隣にはキバナコスモス。
キバナコスモス2IMG_7953


近くの公園のコスモス畑で咲き始めたばかりのコスモス・・・満開はまだまだです。
コスモス2IMG_7956


まだ暑さの残る中・・・舌を出して必死で歩いたベル。
ベル1102IMG_7962


散歩を終えて優雅(?)に足を投げ出して、くつろいでホっ
ベル1201IMG_8003


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/11 13:47 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
サクレ・クールと青い空
応援のクリックありがとうございます




青空が広がる天気の良い日には訪れたくなるモンマルトルの丘。丘に建つ白いサクレ・クール寺院がいつも変わらない姿で迎えてくれます。
eサクレ・クール31IMG_6884


地下鉄アベス(Abbesses)駅の改札を出ると長いながーい階段。壁に描かれたパリの街の絵に励まされながら・・・ぐるぐる回って階段を登りました。エレベーターで行くこともできます。
bアベスへ14


外に出るとすでにモンマルトルの丘の中腹です。去年はピ・ガール(Pigalle)駅から坂道を歩いてここまできました。
bアベスへ9IMG_4186


さらに坂道を登ります。「サクレクール寺院はもうすぐ」と声をかけてくれたちょっと粋なおばあさん。すぐそばのアパルトマンへ入っていきました。
cサクレ・クールへ2IMG_4197


坂の途中で寄ったお店。記念に果物用フォーク(?)とブロンズで作られた猫が背伸びをした置物を買いました。
cサクレ・クールへ10


テルトル広場にたどり着くと観光客で賑わっていました。
dテルトル広場周辺12IMG_6803


絵ハガキやロートレックなどのポスターを売る店を多く見かけます。
dテルトル広場周辺3IMG_6795


壁には絵が描かれモンマルトルの雰囲気が漂います。
dテルトル広場周辺7IMG_6800


自分の絵を売っている画家たちの姿も。
dテルトル広場周辺39IMG_6811


広場の真ん中にはレストラン。
dテルトル広場周辺19IMG_6820


ベルがここでも声かけられて・・・。
dテルトル広場周辺30IMG_4243


サクレ・クール聖堂が見えてきました。
dテルトル広場周辺18IMG_6819


モンマルトルの丘の見どころを一周する観光用ミニバス「プチトラン(Petit Train)」が乗車を待ってます。
dテルトル広場周辺35IMG_6828


聖なる心(サクレ・クール)という名が付けられたビザンチン様式の教会。高台にあってパリの街の至るところから見ることができます。
     eサクレ・クール13IMG_6863


サクレ・クール寺院の中へと長い列ができていました。
eサクレ・クール3IMG_6833


モンマルトルの丘から眺めたパリ。ノートル・ダム、パンテオン、エッフェル塔などを見ることができます。右の高い建物はモンパルナス・タワー。
eサクレ・クール26IMG_4272


青空の下、降り注ぐ太陽の陽射しがまぶしそうなベル。丘を登ってチョット疲れて(?)。
eサクレ・クール34


どこからともなく聞こえてきた昔懐かしいシャンソンのメロディ、そして物悲しいバイオリンの音色。教会に向かって体いっぱいに揺らしながら奏でていました。
eサクレ・クール14IMG_6873


しばらくの間パリの眺めを楽しんで、サクレ・クール寺院をあとに階段を降りはじめました。次回に。
eサクレ・クール20IMG_6897






今日も東京は秋晴れ。庭にやさしい秋の日差しが注いでいます。
モールヴァン・ヒルズ4IMG_4272-1


ベルも夏の暑さから解放されて・・・・楽しい朝の散歩が終わって一段落笑顔
ベル1006IMG_7937


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/10 14:56 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
パリのデパートで一休み
←応援のクリックありがとうございます




パリのオペラ座は優雅さと風格の中にも誰でも迎えてくれるような親しさを感じます。この日も正面玄関の前には沢山の人が座って休んでいました。ただ・・・観光客目当てに怪しげに近づいてくる人もいるので要注意!
dオペラ座13IMG_6490


バレエによるヴェルディのオペラ「椿姫(トラヴィアータ)」が公演中でした。旅先で知り合った人から誘いを受けましたが・・・ベルがいることと椿姫はオペラで見たいと思い遠慮することにました。
dオペラ座2IMG_6487


オペラ大通り(Av.de l’Opera)に並ぶカフェ。
dオペラ座9IMG_6513



オペラ座の左側からオベール通り(Rue Auber)に出て、プランタン・デパートへ。ここでも工事中の”だまし絵”。
bプランタン2IMG_6437


プランタンに来ると必ず立ち寄るのが、丸天井のステンドグラスが豪華な「ブラッスリー・プランタン」。モード館6階にあります。
bプランタン4IMG_6440


大きな椅子に深々と腰をかけると旅の疲れも取れて時の経つのを忘れます。
bプランタン5IMG_6441


ベルもゆったりと座って天井の美しさに見とれて・・・。
aカピュシーヌ大通り3IMG_6426


ずっと、ここにいたい気分ですjumee☆faceA216L2
cプランタンのベル2IMG_6447


プランタンを出て、オペラ座からマドレーヌ大通りにつながるカピュシーヌ大通り(Bd.des Capucines)へ。
aカピュシーヌ大通り5IMG_6429


派手な飾り付けの変わったお店を見かけました。The American Dreamという名のレストラン&PUBのようです。
aカピュシーヌ大通り4IMG_6428


大通り沿いのホテル。窓の手すりやテラスにゼラニウムのハンギングです。
aカピュシーヌ大通り3IMG_6426






今朝はからっとしたさわやかな秋晴れ。時おり涼しい風も吹いて日に日に夏から秋へと変わっていく青空の東京です。長くのびたシュートの先はまだ夏のバラ・・・。
IMG_4234


秋の苗を求めて寄った近くの花屋さん・・・・欲しい苗はまだ先とのこと・・・店先で見かけたバラだけを買って帰りました。赤茶(ショコラ)とピンク(マイガール)のバラに庭に咲くユーパトリウムと葉を添えて。
花瓶408IMG_7875


花瓶405IMG_7872



ベルにも応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしく願いしま~す






【2008/09/09 11:07 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
パリのチョコを買いに
応援のクリックありがとうございます




チュイルリー公園とオペラ座の間にあってパリで一番豪華といわれるヴァンドーム広場。ルイ14世の時代に造られた広場で中央にあった王の騎馬像は革命時になくなり、ナポレオンがその跡に柱を建てました。柱の上にはシーザーの衣をまとったナポレオンです。この日のパリも澄み切った青空で、7月初夏の少し汗ばむ陽気でした。
eヴァンドーム広場14IMG_6527


eヴァンドーム広場4IMG_6535


広場の周りは法務省、高級ホテル、宝石店など・・・すこ~し固い雰囲気を大きなポスターが和らげます。どこか(北京?)で見たような建築中のだまし絵が、パリにもありました。
eヴァンドーム広場6IMG_6529


今は宝飾店のショーメ(SHAUMET)、作曲家ショパンの住んだ家です。見過ごすような場所にも名を馳せた人の足跡が。
eヴァンドーム広場15IMG_6531


おそろいの自転車で・・・パリではおしゃれに見えます。
eヴァンドーム広場9IMG_6532


ベルと一緒にチョコレートのお店があるサントノレ通りへと歩きました。
eヴァンドーム広場16


日本でも有名なショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン(J.P.Hevin)。ショーウィンドウにはチョコレートのドレスです。新作のジンジャー入りのチョコレートを買いました。
fジャン・ポール・エヴァン5


オペラ大通りへと向かうと、白い建物に映えるきれいに揃えられたゼラニウム。
gジャン・ポール・エヴァン付近2IMG_6957


はじめて見た広場(PL.du Marche St-Honore)です。中央にはガラスで覆われた近代的な建物、そのまわりはパリを感じるカフェやレストランがとり囲んでいます。
hマルシェ・サントノレ広場14


巨大な葉と小さな可愛い花が似合うダイナミックな寄せ植えが置かれていました。
hマルシェ・サントノレ広場3IMG_6969


レストランの窓にも花が飾られて。脇役に添えられた緑のつるが新鮮です。
hマルシェ・サントノレ広場6IMG_6964


hマルシェ・サントノレ広場8IMG_6967


カフェでは午後の楽しいひと時です。
hマルシェ・サントノレ広場9IMG_6971






外は秋を感じるさわやかな青空の東京・・・・これから散歩が楽しくなるキ・セ・ツ絵文字名を入力してくださいルン 
ベル803IMG_7839


庭も少しずつ秋めいてきました。ハギの花。
萩IMG_4170


ダリア’ブラックナイト’が秋の日差しを受けて輝いています。
ブラックナイトIMG_4211-2


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/09/08 13:19 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
チュイルリーの遊園地
応援のクリックありがとうございます




7月の青空がまぶしい日。リヴォり通り(Rue de Rivoli)に面したチュイルリー公園に一歩足を踏み入れると大観覧車が目に入りそこは別世界です。去年の秋にはなかった遊園地が出来ていて夏の気分を盛り立ててくれました。毎年、夏にやってくる恒例の移動式遊園地のようです。
aチュイルリー公園3IMG_6556


観覧車の前のキャンディー屋さん。
aチュイルリー公園7IMG_6555


射的などのゲーム、ロック・クライミング、アイスクリーム屋さんなどズラリとお店が並んでいます。
aチュイルリー公園5IMG_6552


遊園地にはつきもののメリーゴーラウンド。童心に帰ります。
aチュイルリー公園6IMG_6553


遊園地で楽しんで、公園の中を散歩する人々。
aチュイルリー公園28IMG_6560


aチュイルリー公園10IMG_6561


はしゃいでモデルのようにポーズをとる女の子。
aチュイルリー公園11IMG_6564


そのうちに、黄色い悲鳴とともにブランコ式の観覧車(?)がグルグル回りはじめ、だんだんと勢いが増して・・・・思わず上を見上げました。乗るには勇気が必要です。
aチュイルリー公園13IMG_6570


aチュイルリー公園27IMG_6574


パリの街で良く見かけるモップのようなトイ・プードルなどワンちゃんがいっぱい。チュイルリー公園入口すぐのリヴォり通りと並行する道は犬の散歩OKです。ベルは逃げ腰でエーン
aチュイルリー公園25






気を取り直し、ホテルのあるマレに戻って・・・バラの花壇と窓辺のゼラニウムを見ながら散歩です。
bマレで散歩1IMG_9375


bマレで散歩4IMG_9381


bマレで散歩3IMG_9393


最後には、やっぱり抱っこハピィw
bマレで散歩5IMG_9402






今日の東京は青空が広がる残暑。庭ではボッグセージがグングン大きくなって夏から元気に咲き続けています。
青い花IMG_4086


雨にも暑さにも強かったトレニア、陽を受けて活き活きと顔を上げて。
zトレニアIMG_4066


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです




【2008/09/07 13:52 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
ポンピドゥー周辺散歩
応援のクリックありがとうございます





行き交う人がほとんどいない早朝のポンピドゥー芸術文化センターです。荘厳なパリ市庁舎の近くなのに、パリにはまるで似合わないように思える奇抜な建物。イギリス人のリチャード・ロジャーズと関西国際空港を手掛けたイタリア人レンゾ・ピアノの協同デザインで当初から賛否両論ありました。
hポンピドゥーへ27IMG_0178


朝日が当たって元気なゼラニウム。
iレアール付近5IMG_8931


パリの朝は至るところで清掃車がフル活動。道には大量の水がまかれ、たくさんのゴミはまたたくまに魔法のように消えていきました。まだほとんどの人が休んでいるうちに、こうしてパリの街はきれいになります。
iレアール付近63


人の少ない朝の散歩。首にピンクの袋をぶら下げてリードをつけずに自由に歩き回っていました。
hポンピドゥーへ20IMG_8927


hポンピドゥーへ22IMG_0179




時間がたって街が動き出すと、国立近代美術館や図書館が入っているポンピドゥー芸術センター前にはどこららともなくたくさんの人が集まってきます。
hポンピドゥーへ7IMG_4330


真ん前にある映画館。
hポンピドゥーへ8IMG_4332


アート的で近代的なデザインの向こうには古めかしい教会や建物。
hポンピドゥーへ9IMG_4333


ポンピドゥー芸術センターの左脇の通り(Rue Rambuteau)には、ちょっとのぞいてみたくなるようなマレのお店が並んでいます。
hポンピドゥーへ18IMG_4353


hポンピドゥーへ26IMG_2998


ブリキの入れ物が新鮮。ポンピドゥー周辺には似合っています。
hポンピドゥーへ14IMG_4347


パリの街はどこを歩いても興味津々で・・・jumee☆answer1b
iレアール付近14IMG_8974



iレアール付近10IMG_8949






今日の東京は雲の合間から青空も広がり、また蒸し暑い日です。
zさるすべり1IMG_4147


道端には、夏の間元気に咲いていた花たちが今日も変わらずに。
zIMG_4140


ふよう1IMG_4144


ニラの花には蜂や蝶々が飛び交って・・・。
z蝶IMG_4127



ベルにも応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/09/06 13:53 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
モントルグイユ界隈へ
←応援のクリックありがとうございます




パリの街なか、エティエンヌ・マルセルやモントルグイユ界隈へと出掛けました。パリ滞在中にショッピングや食事に、何度か行った場所です。ホテルの部屋ですっかり準備が出来て待ちくたびれているベル。
aホテルのベル3IMG_9412


エティエンヌ・マルセルは、ファッション店やカフェなどが並ぶ若者が中心に賑わう通りです。
貸し自転車でさっそうと広い通りをかけ抜けていきます。去年の秋は目立たなかった貸し自転車の利用、今年は頻繁に見かけました。
cエチエンヌ・マルセル2IMG_4246


これは個人の自転車。確かに政府の政策どおり「車から自転車」にシフトしているようです。それにしても自転車の置き方は個性的・・・。
dモントルイユ付近14IMG_4293


エティエンヌ・マルセル通りと交わるレ・アールから北へ続くモントルグイユ通り。かって近くにパリ中央市場があり、生鮮食料品からカフェ、レストランが立並ぶ活気のある商店街。パリの胃袋と言われています。
dモントルイユ付近2IMG_4252


1730年創業の老舗のお菓子屋ストレー。王女に付き添ってきたポーランドの菓子職人ストレーが開いたお店で、歴史的建造物に指定されています。お店の2階の窓辺にはあふれる様ないつものゼラニウム。
dモントルイユ付近13IMG_4290


dモントルイユ付近12IMG_4289


最近人気のレストラン・リトルイタリーの前でテレビ(?)の撮影が行われていました。歩いていて飽きることのない普段着のままの気楽な通りです。
dモントルイユ付近32


通りのテラスで楽しむ人たち。とにかくパリの人たちは外で飲んだり食べたりするのが好きです。
dモントルイユ付近3IMG_4256


dモントルイユ付近10IMG_4264


ベルはここでも可愛がられて。
dモントルイユ付近25IMG_2977


窓辺に飾られた花を見ながらモントルグイユ通りを左へ曲がると・・・。
ベルに応援のクリックお願いします→


折り紙で作ったような巨大なチューリップの花が見えてきました。モントルグイユ通りと並行して南北に延びるモンマルトル通りです。
eモンマルトル通り付近2IMG_4268


ここにも通りのテラスで飲食と会話を楽しむたくさんの人たち。
eモンマルトル通り付近4IMG_4270


近くで、ベルも一休みですメロンジュース
eモンマルトル通り付近7IMG_4282


ブルーカラーの目立つお店。
eモンマルトル通り付近7IMG_4282




ガラス屋根に覆われたアーケード・パッサージュ。18世紀後半、商店街としてパリ市民の注目を浴びたといいます。この界隈には、レトロな雰囲気や庶民的なものなどたくさんのパサージュがあって、歩いていると思いがけず出合います。
fパサージュ16


ベルもパサージュ・ギャルリー・ヴィヴィエンヌのきれいな床の上で、はしゃいでにこにこ
fパサージュ11IMG_9002


fパサージュ15IMG_9011




雨上がりの昨日の夕方、ベルと散歩した公園近くの道端で黄花コスモスが早くも見ごろを終えようとしていました。今日の東京は蒸し暑い一日です。
zコスモスIMG_4101


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/09/05 15:26 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
オワーズ川のほとりまで
←応援のクリックありがとうございます




昨日に続いてオヴェール・シュル・オワーズをもう少し歩きます。ゴッホのお墓を出て麦畑の中を西に進むと・・・1890年7月にゴッホが描いた「カラスのいる麦畑」の場所に出合いました。
l墓を出て2IMG_3452


この風景をどんな思いで描いたのでしょう、思いが馳せます・・・。
l墓を出て4IMG_3453


ゴッホがここを描いたのはちょうど今頃の季節です。
l墓を出て9IMG_3464


麦畑から森を抜けると村の中心へと戻っていきます。
l墓を出て12IMG_3467


民家のあるところまで降りてきました。
l墓を出て16IMG_3473


ドービニーの住宅兼アトリエ。ドービニーはコローと同様に穏やかな風景画を描く印象派の画家で、この家は印象派の画家のたまり場だったといいます。ゴッホはこの家も描いています。
mドービニーのアトリエ付近11IMG_3499


ドービニー通りにある民家。やさしい色合いの壁にピンクのバラが良く似合います。
mドービニーのアトリエ付近9IMG_3494


ドアの周りにバラ、そして窓辺にはやはりゼラニウム。
mドービニーのアトリエ付近11IMG_3499


塀の上からバラがのぞいて・・・塀に垂れるクレマチスもきれいです。
nオヴェール城へ12IMG_2618


nオヴェール城へ15IMG_3507


ゆるやかな坂を下り、石造りのトンネルをくぐってオヴェール城に向かいます。
nオヴェール城へ8IMG_3513


oオヴェール城1IMG_3518


17世紀に建てられたオヴェール城。この城の裏でゴッホが自殺を図ったといわれています。
oオヴェール城19IMG_2626


oオヴェール城15IMG_2629


お城から眺めたオヴェール・シュル・オワーズの村。
oオヴェール城11IMG_3538


お城をあとにしてオワーズ川へ。
pオワーズ川へ9IMG_3549


pオワーズ川へ23IMG_3572


川の近くまで来ました。
qオワーズ川沿い14IMG_2648


生い茂る草木の中でオワーズ川がゆっくりと流れています。
qオワーズ川沿い15IMG_3586


ゴッホの描いたオワーズ河岸を目指して川沿いの小道を歩きました。
qオワーズ川沿い5IMG_3587


行けども行けども・・・目的地になかなか着きません。パリ行き最終列車の時間が迫ってきて、ついに断念・・・いつかもう一度訪れようと思いながら駅へと戻ることにしました。
pオワーズ川へ28IMG_3578


駅前の通りにあるカフェレストラン。ここにもゴッホの自画像が・・・。
r駅へ10IMG_3612


オヴェール・シュル・オワーズ駅と壁中に絵が描かれたホームへの地下通路。
sオヴェール・シュル・オワーズ駅5


来た時と同じポントワーズで乗り換えてパリに戻ります。
t列車6






東京は、朝は少し日が射して・・・突然雨が降り・・・また日が射して曇ったり・・・変わりやすい天気です。今年の夏は酷暑、それに雨も多くて庭の草花は夏を越すのが容易ではありません。


そんな夏でも次々に花を咲かせ、いまも蕾をたくさんつけているスーヴニル・ドゥ・ラ・マルメゾン。
マルメゾン1IMG_3940


夏の花として初登場のジュビリー・セレブレーション。春より小さくて控え目ですが、次々とたくさん咲いて・・・この夏最後の花なので載せることにしました。
セレブレーション2MG_3904


花がすっかり少なくなった八重のインパチェンス。
インパチェンスIMG_4082




いつものように車でおでかけの機会が増えてきたベル。
旅行中の”いつも一緒”に慣れてしまって・・・車の中でのお留守番は心細くてできませ~ん涙
ベル708IMG_7744


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/09/04 13:58 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
ゴッホの描いた教会へ
人気ブログランキングへ


ゴッホの終焉の地オヴェール・シュル・オワーズの村は、セザンヌ、ピサロ、ドービニー、ルノワールなどの画家によっても描かれています。
h教会への道71IMG_2533


ゴッホの描いた教会を目指して、なだらかな坂道を登っていきます。坂に沿った家々の狭い花壇にはラベンダーやセージが咲き、壁にはバラが這って、窓辺にはプランターが置かれていました。
h教会への道11IMG_3347


h教会への道16IMG_3356


h教会への道5IMG_3337


坂の途中で猫がのんびりとベルを出迎えてくれました。
h教会への道72


葡萄の這う家。
h教会への道32IMG_3378


赤い屋根に少し朽ちかけた壁の家を眺めながら歩くと・・・ゴッホやセザンヌと同じ時代にいるような気分になってきます。
h教会への道60IMG_2548


奥の小屋・・・庭をながめたり作業をしたり・・・雰囲気があります。
h教会への道52IMG_2532


終わりかけの春のバラが扉の周りを囲んで。
h教会への道61IMG_2554


教会へ通じる階段です。教会の塔も見えてきました。
h教会への道62IMG_3385


ゴッホが描いた代表作のひとつ「オヴェールの教会」。絵のような鮮やかな青空でないことが少し残念です。
iオヴェールの教会18IMG_3411


iオヴェールの教会10IMG_3409


教会の前で・・・jumee☆camera2b
iオヴェールの教会15IMG_3425


教会の裏。ロマネスクとゴシック様式の入り混じる建物に古さが感じとれます。
iオヴェールの教会5IMG_3398


教会をあとに、さらに緩やかな坂道を登っていくと・・・広々とした麦畑とゴッホの眠るお墓に通じる道です。
jお墓へ2IMG_3429


jお墓へ3IMG_3430


畑に沿って、ベルも喜んでかけっこですけむり
jお墓へ14


ゴッホの描いた「La Pluie(雨)」のモチーフになった場所です。
jお墓へ15


墓地に入って右側に進みます。
kゴッホの墓6IMG_3449


ゴッホの墓。ゴッホが亡くなった半年後にわずか34歳で追うように永眠した弟テオと並んで眠っています。
kゴッホの墓10IMG_2582






今日の東京は夏に戻ったような暑さ。マダム・アルフレッド・キャりエールが高く青空に向かって咲いています。シュートの先につけたいくつもの花はまだまだちょっと小さな夏のバラ・・・。
zキャリエールIMG_4071


暑さで早々散歩を切り上げて・・・ほっと一息 ほっホッ ほっ
ベル803IMG_7780


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/09/03 14:29 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
ゴッホの眠る村
人気ブログランキングへ


ゴッホがカフェ「ラヴー」に下宿し、ピストル自殺をするまで70以上の作品を描いたイル・ド・フランスの村オーヴェール・シュル・オワーズを訪ねました。
h教会への道36IMG_3342


パリのサン・ラザール駅からポントワーズ乗り換えでオーヴェール・シュル・オワーズまで約1時間です。 パリで評判の精神科医ガッシュ博士がオーヴェール・シュル・オワーズに住んでいたため、ゴッホは治療を受ける目的でこの村に来たそうです。アルルでみずから左耳を切り落とした事件の翌年、1890年ゴッホ37歳のときのことです。
bオヴェール・シュル・オワーズへ3


オーヴェール・シュル・オワーズの駅構内に入ると鮮やかな黄色い壁にたくさんのゴッホの絵が並べられていました。
cオヴェール・シュル・オワーズ駅13


駅を出て、村の中央通り(Rue du General de Gaulle)を左へ歩いていきます。
dゴッホの家へ31IMG_2464


fゴッホの家付近7IMG_3303


しばらくすると、道沿いにゴッホ公園があります。公園の中に入るとイーゼルとカンバスを担いだゴッホ像が見えます。細身の体に悲しそうな顔・・・フランスの代表的彫刻家、ザッキンによるものです。
dゴッホの家へ3IMG_3235


公園のすぐ先にゴッホが下宿していた家「ラヴ-」(当時はカフェ)がありました。ゴッホがいた屋根裏の部屋は「ゴッホの家」として公開され、1階は当時と同じに復元され現在レストランとなっています。
dゴッホの家へ24IMG_3273


ゴッホの自画像。
        dゴッホの家へ12IMG_3304


「ゴッホの家」の前で。石畳の上がすっかり似合う(?)ようになりました。
dゴッホの家へ16IMG_3287


中央通りを挟んで、「ゴッホの家」の前に彼の描いた「村役場」があります。当時のままのように見えます。
e役場6IMG_2471


e役場1IMG_3253


近くにはゴッホも描いた家並みや花々・・・眺めながら少しの間、散策です。
fゴッホの家付近4IMG_3269


fゴッホの家付近1IMG_3260


fゴッホの家付近2IMG_3265


fゴッホの家付近5IMG_3271



fゴッホの家付近11IMG_2488


「ゴッホの家」の角を右へ入ると上りの坂道です。ゴッホの描いた「オヴェールの階段」が正面に見えてきます。
g階段付近3IMG_3321


g階段付近1IMG_3318


この坂を右に進むとゴッホが描いた「オヴェールの教会」・・・次回へ。



東京は久しぶりに朝から青空が広がっています。昨日は珍しく雨の降らない一日でした。
ベルと一緒に・・・ちょっと遠回りした散歩道・・・道端にコスモス花が咲いていました。いよいよ東京にも秋のようです。
道端のコスモス1IMG_4453


道端のコスモス2IMG_4454


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/09/02 13:58 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
サンシュルピスをぶらり
人気ブログランキングへ


パリの地下鉄はどの駅も独特な雰囲気があります。地下鉄サン・シュルピス駅のホームのカラフルなベンチでベルもパリっ子のつもり・・・音譜
aサン・シュルピス駅3IMG_5090


aサン・シュルピス駅10


駅を出て見上げたパリの空。毎日灰色の空だった去年の同じ時期のパリ・・・今年はたくさんの青空を見ることができました。
dサン・シュルピス通り26IMG_3372


黒い壁のお洒落な店はピエール・エルメ、世界一のカリスマパティシエのパリ本拠地です。チョコレートを買って帰ろうとすると、クリスマスに発表する新作のマカロンをくれました。シーズンごとに発表するマカロンの新フレーバーが話題になるそうですが・・・なるほどおいしいマカロンでした。
bP・エルメの通り11


ピエール・エルメのある通りに並ぶブティクのショーウインドウを見ながらサン・シュルピス広場の方へ。
bP・エルメの通り17IMG_3351


bP・エルメの通り7IMG_5120


17~18世紀にかけて建てられ、ダ・ヴィンチ・コードで一躍有名になったサン・シュルピス教会。
cサン・シュルピス2IMG_5128


サン・シュルピス教会の脇にあるサン・シュルピス通りには上品なショップが並んでいます。
dサン・シュルピス通り1IMG_5126


左は高級帽子専門店、右はハイセンスな花屋。
dサン・シュルピス通り14


すっかりパリに定着した貸し自転車が並んで、お店はどこも夏のセール中でした。
dサン・シュルピス通り5IMG_5133


奥に見える建物はオデオン座。ヨーロッパ各国の芝居が上演されているそうです。
dサン・シュルピス通り11IMG_5144


お店の看板ワンちゃんのようです・・・。
dサン・シュルピス通り12IMG_5145


サン・シュルピス通りからサン・ジェルマン大通り付近へ・・・ベルとカフェレストランで一休み。
fサン・ジェルマン通りのカフェ6IMG_5166


ベルの視線の先は・・・。
fサン・ジェルマン通りのカフェ3IMG_5160


大通りを渡る大きな犬。
eサン・ジェルマン通り4IMG_5157-1


薄暗くなってセーヌ川近くサン・ミッシェル広場に出てくると・・・明かりが灯りはじめ、どこからともなく人が集まって賑やかになります。
hカルチェ・ラタンから4IMG_9292


セーヌに架かるサン・ミッシェル橋を渡って、ホテルまで夜の散歩です。
gサン・ミッシェル橋とカルチェ・ラタン2IMG_9270






今日から9月、東京は雲の間から青空がのぞいています。
昨夜からの激しい雨で朝は庭の草花が少し濡れていました。友達からもらったオミナエシが咲いて、秋を感じます。
オミナエシ1IMG_3996


今朝のグルス・アン・アーヘン。春より濃いピンクで違うバラのようです。
グルス・アン・アーヘン101IMG_4041


ブラック・バカラ。昨日と別の枝で・・・蕾が少し開いてきました。
ブラック・バカラ202IMG_4039



ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す





【2008/09/01 14:12 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。