スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
パリの動物病院と庭の花
人気ブログランキングへ


ペットと海外旅行をしたとき滞在国で必ずしなければならない大切なこと、それは動物病院での健康診断とお役所で証明印をもらうことです。その日がやってきてベルも落ち着かない様子です・・・。
bホテルへ戻って3IMG_9599


パリのマレにある病院はホテルから歩いて5~10分ほどのところにあります。街角の花屋のひまわりや紫陽花を見たり、ベルと通りを散歩しながら病院に向かいます。
cマレ-街角の花屋1IMG_9150


a動物病院へ行く前のマレ28IMG_4381


病院に着くと、ベルは痛かった去年の注射を思い出し不安そうです。
c動物病院で1IMG_9606


半年ぶりの再会、病院のネコが出迎えてくれました。ちょっとメタボなネコちゃん。
c動物病院で15


予約した時間どおりに診察室に呼ばれました。
c動物病院で13IMG_9637


誠実でしっかりした女医さんです。マイクロチップの確認をして健康診断の結果を必要書類に書いてもらいました。先生は英語が堪能なので意思の疎通に困ることはありません。
c動物病院で14


今後のことも考えて・・・今回初めて犬のパスポートを作ってもらいました。マイクロチップのID番号、狂犬病注射など予防接種の履歴、狂犬病抗体検査の結果などが記載されていて、このパスポートがあればEU国をすいすいとペット連れで旅行できるそうです。フランスをはじめとしてイタリアやドイツでパスポートなしで困ったことはありませんが・・・。
c動物病院で16


次は、地下鉄に乗ってパリの中心から離れた住宅地(右下)にあるお役所へ。お役所の場所はときどき変わるそうなので、行ってみるまで不安でした。
d動物病院から役所へ6



お役所は去年と同じ19区、地下鉄11号線のプラス・デ・フェット(Place de Fetes)駅近くにありました。予約していなかったので少し待って・・・中に通されると、去年と同じ担当者がにこやかに迎えてくれました。女医さんの書いてくれた書類で問題ないことを確認してお役所の赤い印を押してくれました。旅行中で一番ほっとする瞬間です。
e役所で14







今朝の東京は雨が止んで雲の合間から青空ものぞいてきました。朝の庭では、夏の終わりの小ぶりのバラたちがまだ雫に濡れていました。
蕾が開きかけのラ・フランス。
ラ・フランス2IMG_3901-1


ブラック・バカラ。他に蕾もついて・・・秋に美しい花を咲かせるための摘蕾がなかなか出来ません。
ブラック・バカラIMG_4009


スノー・グースは雨の日も元気です。
スノー・グースIMG_4007


バラの剪定をはじめて、いくつかのバラの新しい枝に蕾が付いていることに気付きました。まだ小さな夏のバラなのか、それとも秋のバラ・・・やっぱり摘まないで咲くのを見てみたいです。
マルメゾンの蕾IMG_4014


雨上がりのアメリカン・ブルーがすがすがしく見えます。
アメリカンブルーIMG_4017


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



スポンサーサイト
【2008/08/31 12:25 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
ルーヴルの夜を待って
人気ブログランキングへ


パリの街は夜になると街灯や建物にオレンジ色の明かりが灯り、昼間とは違う顔を見せてくれます。ルーヴル美術館の夜の姿・・・空が青く街灯のそばに小さな月が見えていました。
eルーブルー夜20IMG_5007



ルーヴルの夜の景観を楽しみに来た人々。
eルーブルー夜3IMG_5013


美術館への入口になっているガラスのピラミッド。
eルーブルー夜4IMG_5021


銅像の周りでたわむれる人たち。
eルーブルー夜10IMG_5032


照明の入ったルーヴルの重厚な姿が浮き上がります。
eルーブルー夜8IMG_5039


ルーヴル宮の西にあるカルーゼル凱旋門。ずっと大きなエトワールの凱旋門が門の真ん中に小さく見えていました。後ろの緑がチュイルリー公園、その先はコンコルド広場、シャンゼリゼ大通りへとつながります。
eルーブルー夜12IMG_5036


さらに遠くカルーゼル凱旋門の後ろに青い光を放つエッフェル塔、チュイルリー公園には光がまぶしい観覧車が・・・・。
eルーブルー夜19


昼間は見られない光景に満足してルーヴルの門を出ました。
eルーブルー夜17IMG_5046




じ・つ・は・・・ルーヴルには夕方近くにやってきました。
bルーブルー昼16IMG_0978


ルーヴルの前のレストランの柱には、お決まりのゼラニウム。
cホテル・ルーブル1IMG_0973


ピラミッドの周りは噴水を見たり写真を撮ったり、夜よりも人がいっぱいでした。
bルーブルー昼6IMG_0989


美術館の半地下階の様子。
bルーブルー昼15IMG_1200


暗くなるまで待つため、ルーヴルから出て夕食。
bルーブルー昼7IMG_0988


ここに来ると、行くのはいつもオペラ大通り近くにある日本食レストランです。どの店内もフランス人で賑わっていました。
aオペラ座付近の日本食レストラン1


パリでは日本食レストランも、もちろんワンちゃんOKかお
aオペラ座付近の日本食レストラン2IMG_9073


暗くなって外へ出ると、通りではバンド演奏の大きな音が鳴り響き、人だかりを作っていました。
d通りで音楽4IMG_4998


そして、ルーブル(写真奥)へと向かいました。左手前はかって一度だけ泊まったちょっと高級なホテル。
cホテル・ルーブル5IMG_5006




2、3日前から東京の夜は大雨と雷が鳴り響いています。フランスで買ってきたワイヤーに入れた庭の草花・・・・涼しくなっていよいよ庭いじりが楽しい季節、少しずつバラの剪定もはじめました。
鉢203IMG_7718


夜の雷におびえているベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/30 11:58 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
絵のようなポンタヴェン
応援のクリックありがとうございます


雨が多いといわれるブルターニュ地方で、この日は7月にふさわしい透き通るような青空です。カンペールから約1時間10分、バスに揺られながら大西洋海岸に近い小さな村ポンタヴェン(Pont-Aven)にやって来ました。


バスを降りると目の前に花に包まれたアヴェン川が流れ、澄んだ川のほとりにポンタヴェンの村が広がっています。
eアヴェン川のほとり93IMG_1793


青い空に映える明るい壁の家々が並び、周りは人で賑わっています。
dポンタヴェンの家並み18IMG_2238


お菓子屋さん。バター味のクッキーのような名物ガレット菓子を買いました。
dポンタヴェンの家並み23IMG_2052


村の小さな教会。
dポンタヴェンの家並み25IMG_2045


杖を使って器用に笛吹きやバイオリン弾きのまねをして、いつまでもそばから離れようとしなかった面白いおじいさん。
dポンタヴェンの家並み32IMG_1831


eアヴェン川のほとり7IMG_2073


ポール・ゴーギャンが愛して住んだ村としても有名です。バスで来る途中に見たゴーギャンの看板。この近くの礼拝堂でゴーギャンの絵「黄色いキリスト」のモデルとなった木像を見ることができます。
bバスでポンタヴェンへ18IMG_2026


ベルと一緒にカフェのテラスで、しばらく村の雰囲気に浸って・・・・。
dポンタヴェンの家並み1IMG_2030


ベルはテーブルの下で日差しを避けてのぞき見エエェッ!?!?
jポンタヴェンのカフェで1


ふたたび、川沿いの道をベルと歩きました。
eアヴェン川のほとり15IMG_2090


ときどき、海風(?)が吹いて足が止まります。
eアヴェン川のほとり17IMG_2096


森が見えてくると川にはヨットやボートが浮かんで川の河口が近いことがわかります。
eアヴェン川のほとり20IMG_2106


川沿いにはカフェなどで休む人々。避暑地のようです。
eアヴェン川のほとり84IMG_1873


村の中心に戻りかけると大きな水車が回り、川には魚が泳いでいました。
eアヴェン川のほとり88IMG_1887


村のヨーキーと猫、散歩途中のベルの出会いですぽっ ぽっ
iベルの出会い1


川沿いにはたくさんのエリゲロン。
eアヴェン川のほとり40IMG_2146


川沿いの花壇には色とりどりの季節の花々が植えられています。
eアヴェン川のほとり41IMG_2147


結婚式があったようです。
eアヴェン川のほとり44IMG_2152


新郎新婦の写真を撮っている人たちに、ベルも囲まれて写真を撮られました・・・jumee☆faceA177R
eアヴェン川のほとり48IMG_2157


ベルも花を見ながら散歩です。
eアヴェン川のほとり60IMG_2193


ここにも川の土手一面にエリゲロン、白とピンクの小さな花がほかの花を引き立てます。
eアヴェン川のほとり62IMG_2196


川沿いから出てくると、通りの角には花いっぱいの素朴な村のカフェです。
eアヴェン川のほとり73IMG_2219


多くの画家が集まってポンタヴェン派と呼ばれたゴーギャンゆかりの村。バス停へ戻る通りにはたくさんのギャラりーがありました。
hギャラリー1


カンペールまで、来たときと同じ長~いバスの旅。ベルが寝ている間に花のある道、民家、海の町を通り抜けて・・・。
fポンタヴェンからバスの旅1



カンペールからは、レンヌ乗り換えでパリ・モンパルナス駅へ。4時間半の車中でベルはついにぐっすり犬寝・・・久しぶりのパリの空気です。
gカンペールからパリへ2


ベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




一日一回応援のクリックよろしくお願いします




【2008/08/29 14:54 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
カンペール焼とクレープ
応援のクリックありがとうございます


カンペールの中心にあるサン・コランタン大聖堂周辺の旧市街へと向かいました。空にそびえ立つ2本の尖塔は町のどこからも見ることができます。
gクレープ屋周辺22IMG_2353


大聖堂につながる通りには中世の面影を感じさせる古い家が残っています。どこからともなくアイルランド民謡(ケルト音楽?)のような音楽がきこえてきました。
fサン・コランタン大聖堂周辺34IMG_2420


サン・コランタン大聖堂は町の創始者である司教サン・コランタンを祭るため作られたゴシック様式の教会です。
fサン・コランタン大聖堂周辺37IMG_1887


カンペール焼きの陶器を売っているお店。民族衣装の人々や小鳥や花々を白地に描いて焼いた食器や花瓶が所狭しと置かれています。記念にシンプルな小さな花瓶を買いました。
fサン・コランタン大聖堂周辺2IMG_1767


ずっと以前に東京で買って、あまり使わずにしまっておいたティーカップ。今回の旅行でカンペール焼きということに気が付きました。裏には確かにQuimper(カンペール)の文字と作家の名前が入って・・・・。手書きの絵のモチーフは3百年前と変わらないといいます。
xカンペール焼き3IMG_7697


通りには木骨組みの家もたくさん見かけます。
fサン・コランタン大聖堂周辺12IMG_1877


fサン・コランタン大聖堂周辺5IMG_1779


古い建物にカラフルな壁の色、明るい雰囲気です。
gクレープ屋周辺13IMG_1851


通りの両側にはブルターニュ名物のクレープレストランが並んでいます。
gクレープ屋周辺9IMG_1825


香ばしいクレープの匂いがして(?)、石畳の上で足が止まって。
gクレープ屋周辺20IMG_2357


おいしいと聞いてきたクレープ屋さんに入りました。
gクレープ屋周辺5IMG_1819


棚の上にはカンペール焼きの陶器。お店の中とお店の人はアットホームな雰囲気でした。
jクレープリー・デュ・サレ12


ボリューム満点のハム&エッグ、シンプルなチーズ味、そしてデザートもやはりたっぷりのアイスクリームやチョコレートとバナナの入った甘~いクレープです。
jクレープリー・デュ・サレ13


ブルターニュ地方の名産品、リンゴから造られるお酒シードル(Cidre)です。クレープとよく合って、カップで飲むさわやかなお酒でした。
jクレープリー・デュ・サレ14IMG_1794


クレープ屋さんをあとにして再び旧市街を散策です。街のところどころに昔の名残りが見られます。
h市庁舎裏から北へ6IMG_1838


iクレープ屋周辺から西の通りへ3IMG_1859


iクレープ屋周辺から西の通りへ7IMG_1866


次の日に来た別のクレープ屋さんのテラス。ベルと遊びたくて何度も何度もやってきたワンちゃん。
kクレープリー屋さん4IMG_2371


kクレープリー屋さん17


2日続けてクレープ?・・・ベルも少しあきれてびっくり 
kクレープリー屋さん14IMG_2395


露地を通って・・・。
iクレープ屋周辺から西の通りへ18IMG_2412


iクレープ屋周辺から西の通りへ19IMG_2414


一回りして大聖堂の近くまで戻ってきました。
iクレープ屋周辺から西の通りへ21IMG_2416




カンペールで買った小さな花瓶に花を飾ると・・・・素朴で懐かしい感じです。
xカンペール焼き4IMG_7706


ポメラニアンのランキングに参加していますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/28 12:57 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
カンペールの橋を飾る花
応援のクリックありがとうございます


パリから西へTGV(高速列車)で約4時間30分の町、ブルターニュ地方のカンペールです。フランス最西端にあってイギリスのケルト文化の息づく町はカンペール焼きの陶器でも知られています。
eカンペール駅周辺2IMG_2293


駅前通り(Av.de la Gare)を右に進むと町の中を流れるオデ川が見えてきて・・・川に架かるいくつもの鉄の橋に飾られた花に目を奪われます。
aカンペールー橋の花9IMG_2299


aカンペールー橋の花11IMG_2312


aカンペールー橋の花15IMG_2324


川沿いにも大きなハンギング。
aカンペールー橋の花5IMG_1945


ガウラが風に揺れていました。
aカンペールー橋の花17IMG_2328


aカンペールー橋の花18IMG_2329


ブルーの橋の欄干にも花が並んで・・・。
aカンペールー橋の花7IMG_1947


橋から続く川沿いの道にも花が植えられ・・・癒されます。
cオデ川沿いの花4IMG_1954


cオデ川沿いの花2IMG_1951


cオデ川沿いの花6IMG_1959


ベルと川の右岸に沿った歩道を散歩です。
cオデ川沿いの花11IMG_2308


歩道脇の花壇にも花がいっぱいです。2本の尖塔のある建物はサン・コランタン大聖堂、その左は県立ブルターニュ博物館です。
b博物館横の花壇6IMG_2326-1


b博物館横の花壇2IMG_1752


b博物館横の花壇3IMG_1924


花を見ていると、つい足を止めたくなります。
b博物館横の花壇9IMG_1759


これからサン・コランタン大聖堂周辺、カンペールの旧市街を散策・・・・楽しみですニコニコ
dカンペールのベル10IMG_1917


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/27 12:57 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
ロクロナンで出会った花
応援のクリックありがとうございます


中世の面影そのままに静かにたたずむロクロナン。グレーの石造りの家に飾られた色とりどりのたくさんの花々が迎えてくれました。
一見クローバーの花のように見える素朴な花が古い建物にとけこんでいます。
dサン・ロナン教会広場付近30IMG_1598


ちょっと華やかなゼラニウムと温かみのあるランプの灯りが絶妙なバランス。
e広場付近から奥へ6IMG_1656


さりげない花も石に囲まれた窓辺に置くと引き立ちます。
e広場付近から奥へ4IMG_1654


フランスの田舎でときどき見かけて気になった、ひょろひょろと伸びた不思議な植物がここにも・・・。
gバス乗り場へ15IMG_1725


バラに癒され、思わず足が止まります。
c教会広場へ22IMG_1571


シックな壁に赤いバラが似合います。
c教会広場へ13IMG_1614


定番のゼラニウムですが、それぞれの趣があります。
e広場付近から奥へ8IMG_1658


e広場付近から奥へ9IMG_1659


見事に咲き誇る紫陽花をたくさん見かけました。
fノートルダム礼拝堂へ35IMG_1637


道端に咲く花や窓辺に咲く花を見ながらの散策は気分が安らいで、時のたつのを忘れてしまいます。
道端にはピンクの(名前を知らない)花が咲いています。
e広場付近から奥へ15IMG_1668


fノートルダム礼拝堂へ22IMG_1715


窓辺に咲く花はどの家の雰囲気にも合っています~。
e広場付近から奥へ12IMG_1663



fノートルダム礼拝堂へ23IMG_1716


fノートルダム礼拝堂へ25IMG_1718



gバス乗り場へ1IMG_1719


フランスの窓辺で見るのは珍しい八重のインパチェンスのようです。
e広場付近から奥へ5IMG_1655




昨日の東京はロクロナンを訪ねた日と同じような雨がしとしと・・・・
数えられるほどしか来れなくて1年が経ったフィットネスクラブジョギング・・・今度こそちゃんと来ようと更新しました。そのときベルはお留守番泣き1
ベル603IMG_7670


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/26 12:24 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
雨に濡れるロクロナン
←応援のクリックありがとうございます


フランスの最も西にあるブルターニュ地方、大西洋に近いカンペールからバスで30分の「フランスで最も美しい村」にも登録されているロクロナンにやってきました。この日は時おり霧のような雨・・・ロクロナンで降りる人も少なく、村は静かな雰囲気です。
bロクロナン到着4IMG_1582


紫陽花が雨を喜んでいるように咲いていました。
c教会広場へ2IMG_1737


石畳の道を歩いて村の中心にある広場に向かいます。
c教会広場へ11IMG_1608


石造りの家が並び、窓のそばに這わせたピンクのバラに目がとまりました。
c教会広場へ9IMG_1601


c教会広場へ10IMG_1606


村の中心広場に建つサン・ロナン教会。この地でキリスト教の布教を行ったアイルランド人のロナンを祀ってあるそうです。
dサン・ロナン教会広場付近27IMG_1617


教会の中の様子です。
dサン・ロナン教会広場付近7IMG_1628


現代から取り残されたような小さな村の広場の中央には井戸。広場の周りには中世の花崗岩(かこうがん)造りの館が並んで、今はお土産屋やクレープ屋・・・になっています。
dサン・ロナン教会広場付近11IMG_1638


ピンクの花はコスモスです。紫陽花とコスモスが一緒の時季に咲くことが不思議な感じです。
dサン・ロナン教会広場付近13IMG_1641


dサン・ロナン教会広場付近4IMG_1621


雨の中、レストランのテラスでは休めそうもなく・・・。
dサン・ロナン教会広場付近20IMG_1584


アンティークのお店の中に入ってひとまわり。
dサン・ロナン教会広場付近25IMG_1602


広場から離れて奥に進むと・・・あちらこちらの家々で咲いている花に目を奪われます。
e広場付近から奥へ13IMG_1664


e広場付近から奥へ16IMG_1609


石造りの民家と花のある坂道を下っていきます。
fノートルダム礼拝堂へ2IMG_1672


fノートルダム礼拝堂へ3IMG_1675


窓の中には温かみのあるランプ。
fノートルダム礼拝堂へ16IMG_1706


fノートルダム礼拝堂へ8IMG_1683


坂を下ったところにある、ノートルダム・ド・ボンヌ・ヌーヴル礼拝堂。
fノートルダム礼拝堂へ12IMG_1690


fノートルダム礼拝堂へ44IMG_1692


静かな環境にある石造りの小さな礼拝堂の中には祈りをささげる人。
fノートルダム礼拝堂へ14IMG_1698


来た道を戻ります。
fノートルダム礼拝堂へ41IMG_1649


瓦ぶき屋根の絵本に出てくるような小さな家。小さいドアもこの辺の家の特徴のようです。
fノートルダム礼拝堂へ39IMG_1647


小さな村の至るところにバラがたくさん咲いていました。
fノートルダム礼拝堂へ27IMG_1621


頭が雨に濡れて、毛がぼさぼさに・・・。
gバス乗り場へ13IMG_1673


レンヌからカンペールに来る列車(TGV)の中・・・隣にはヨーキー、前には男の子で退屈しなかったベルの汽車の旅。
aカンペールへの車中1


雨に濡れたベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけたら嬉しいです




【2008/08/25 14:20 】 | 犬と海外旅行-ブルターニュ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
夜のモンサンミッシェル
人気ブログランキングへ


モン・サン・ミッシェルへの入り口付近にあるホテルに向かいます。通りには色とりどりの花が植えられていました。
oホテル近くの花15


青い車に花が飾られて、人の目を引きつけます。
oホテル近くの花10IMG_1351


ホテルのチェック・インを済ませたあとレストランで夕食をとりました。前の花壇にはピンクのバラ・・・。
oホテル近くの花3IMG_1326


何を注文するか興味津々のベル。
pレストランのベル5IMG_1360


レストランでの一緒の食事にすっかり慣れて椅子も独り占めです。
pレストランのベル1IMG_1353


モン・サン・ミッシェルの地図が書かれた看板。夜のモン・サン・ミッシェルを見るために昼間来た道をもう一度戻ります。
uモン・サン・ミッシェル案内図1IMG_1508


s夜のモン・サン・ミッシェル6IMG_1386


しばらくすると陽が落ちかけて、西の空が赤く染まりました。
s夜のモン・サン・ミッシェル7IMG_1388


夕陽がうっすらとモン・サン・ミッシェルに反射して、海辺の草が風にそよいでいました。
s夜のモン・サン・ミッシェル4IMG_1375


海辺の草を食べて育った羊たちを女の子が追いかけて・・・・のどかな風景です。
s夜のモン・サン・ミッシェル14IMG_1418


夜11時近くになって、ようやくライトアップ。紫色の空を背景に浮かび上がったモン・サン・ミッシェルの姿が幻想的でした。
s夜のモン・サン・ミッシェル27IMG_1458


ベルもモン・サン・ミッシェルの夜景にちょっと興奮しながらホテルに戻りました。
qホテルのベル4IMG_1470


翌朝、少し早起きしてホテルの近くから眺めたモン・サン・ミッシェルの遠景。
t朝のモン・サン・ミッシェル4IMG_1497


細い道端にそって咲いている花を楽しみながらモン・サン・ミッシェルに別れを告げました。
oホテル近くの花14IMG_1499


モン・サン・ミッシェルからまっすぐ続く通りにある停留所からバスに乗って、来た時と同じように花を見ながらレンヌへ・・・。
vレンヌへのバス12


レンヌからは、パリをさらに離れてブルターニュ地方のカンペールへと向かいます。
wレンヌ駅15IMG_1534


時間があると、列車を待つ間も次の旅に備えて休みをとるベル。うーむ感心絵文字名を入力してください
wレンヌ駅14


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/08/24 13:28 】 | 犬と海外旅行-ノルマンディー | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
砂の海に浮かぶ島へ
応援のクリックありがとうございます


砂の海に浮かぶモン・サン・ミッシェルを訪ねました。モン・サン・ミッシェルはノルマンディーとブルターニュとの境に近いサン・マロ湾に浮かぶ島の中心にある修道院です。かって満潮時には海に囲まれた孤島になったそうです。
lモン・サン・ミッシェルへの道24IMG_1261


朝早くパリ・モンパルナス駅を発ちました。パリの西レンヌまで約2時間のTGV(高速列車)の旅です。
列車の窓には田園風景がつづいて・・・朝弱いベルはうつ伏せでばったり・・・起きると隣の座席に黒猫がいてびっくり。
bTGVでレンヌへ4


さらに、レンヌからモン・サン・ミッシェルまでは約1時間半。いくつもの小さな町や花のある家々を通り過ぎ、飽きることのないバスの旅です。
cレンヌからバス1


そ~して、モン・サン・ミッシェルまでやって来て、バスは島の入り口の手前で停まりました。バスを降りて、島の門をくぐり大通りを歩きます。
dモン・サン・ミッシェルの通り6IMG_1301 (2)


dモン・サン・ミッシェルの通り2IMG_1106


狭い通りの両側にはお土産物屋やレストランが並んでどこも人で混雑していました。
dモン・サン・ミッシェルの通り5IMG_1118


ベルと一緒に昼食はモン・サン・ミッシェル名物の巨大オムレツとノルマンディー地方の海の幸です。
eモン・サン・ミッシェルのレストラン6


急な階段の上に見えてくるのは修道院。モン・サン・ミッシェルは中世に修道院が築かれてから巡礼の地として栄えてきた歴史があります。
fモン・サン・ミッシェルのお城への道2IMG_1240


城壁の上に立つと、潮の様子が見られます。
fモン・サン・ミッシェルのお城への道3IMG_1134


ベルはここまで。修道院の中へは交代で入りました。
fモン・サン・ミッシェルのお城への道9


長い階段を登り、西側テラスに出ると島を取り巻く壮大な灰色の砂の海を眺めることができます。
gモン・サン・ミッシェルのお城5IMG_1164


gモン・サン・ミッシェルのお城6IMG_1161


顔をあげると主要部はゴシックで様々な建築様式が取り入れられた修道院の建物。
gモン・サン・ミッシェルのお城7IMG_1166


教会の内部は荘厳なのに心和む雰囲気に包まれています。
hモン・サン・ミッシェルの教会3IMG_1175


最上階にある13世紀の回廊です。印象的な二重の円柱に囲まれた庭園にはばらの花が咲いていました。
iモン・サン・ミッシェルの回廊2IMG_1188


iモン・サン・ミッシェルの回廊7IMG_1213


iモン・サン・ミッシェルの回廊8IMG_1216


ときどき迷子になりそうに修道院の中を下っていきます。
jモン・サン・ミッシェルの通路4IMG_1235


jモン・サン・ミッシェルの通路2IMG_1230


修道院を出て島を離れ、島から約1km先のホテルへ歩いて向かうことに・・・途中で何人もの犬と散歩している人たちに出会いました。
lモン・サン・ミッシェルへの道3IMG_1284



lモン・サン・ミッシェルへの道21


lモン・サン・ミッシェルへの道11IMG_1384


ベルも草の上を頑張って歩いて・・・・。
mモン・サン・ミッシェルとベル3IMG_1358


ホテルの近くまで来ると疲れてお昼寝の時間ですZ
nスパーの前のベル2IMG_1339


ゆっくりと休んだあと、夜になってからモン・サン・ミッシェルの夜景を見に行きます。
nスパーの前のベル4IMG_1344


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックしていただけると嬉しいです







【2008/08/23 15:55 】 | 犬と海外旅行-ノルマンディー | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
青く光るエッフェル塔
←応援のクリックありがとうございます


8月30日までの期間限定で青色にライトアップされたエッフェル塔を見にいくことにしました。その前にマレにあるリヴォリ通りに面したサン・ポール・サン・ルイ教会近くをベルと散歩です。
エッフェル塔のライトアップ


マレの街の散歩にはすっかり慣れたベル。周りに溶け込んでます。
b散歩のベル4IMG_5194


いつものようにゼラニウムの下や花屋さんの前を歩いて、暗くなる前に出かけました。
aサン・ポール付近で散歩3IMG_5178


b散歩のベル17IMG_5219


aサン・ポール付近で散歩2IMG_5177


地下鉄8号線の駅エコール・ミリテールで降りると・・・ホテルの窓には薄っすらと照明のあかり、ビルの向こうにアンヴァリッドの黄金のドーム、目の前にはエコール・ミリテール(陸軍士官学校)が見えます。
cエコル・ミリテール駅付近5


陸軍士官学校からエッフェル塔の下まで広がるシャン・ド・マルス公園です。公園の芝生の上では大勢の人が家族や仲間とライトアップまでの時間を楽しんでいました。
dエッフェル塔ー夕方7IMG_5261


dエッフェル塔ー夕方6


待ちに待った瞬間です。空が次第に暗くなって、エッフェル塔に青い照明がともりはじめました。
eエッフェル塔ー青い光2IMG_5313


去年秋に見たオレンジ色の照明(小さな写真)とは違い、初夏にふさわしい眼の覚めるようなブルーです。フランスが7月1日から半年間ヨーロッパ連合(EU)議長国になるのを記念して、EU旗にちなんだEUカラーがライトアップされています。
eエッフェル塔ー青い光8


公園内のクレープ屋さんに並ぶ人たち。
fエッフェル塔ークレープ2IMG_5356


22時を回る頃、人々の感嘆の声と共に青いエッフェル塔に白い明かりが点滅しはじめました。1時間ごとに10分間点滅するようです。
gエッフェル塔ー青い光に白の点滅11IMG_5429


gエッフェル塔ー青い光に白の点滅12IMG_5412


最上階からは真っ直ぐに伸びた光線が回転しながら夜空を照らしています。
gエッフェル塔ー青い光に白の点滅8IMG_5415


点滅が終わると、エッフェル塔の下にシャイヨー宮から光が・・・このまぶしいほどの丸い光を眼にしたあと公園を出ました。
hエッフェル塔ーシャイヨ宮の光5IMG_5503


マレに戻ると、通りはまだまだ夜を楽しむ人たちでいっぱいでした。
jマレの夜2IMG_5058


夜遅くまで付き合ったベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/22 12:15 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
庭の花とベルの誕生日
応援のクリックありがとうございます


朝晩は少し涼しくなってきた東京にも秋の気配が感じられます。庭のバラは真夏よりも大きな花を咲かせはじめました。


フランスのバラ・ナエマは夏から次々と咲き続け・・・秋にも見事な花を咲かせてほしいです・・・。
ナエマ5IMG_3938


ナエマ1IMG_3923


旅行前からぽつぽつ咲いていた草花。秋が近いことを感じてだんだん色が濃くなってきました。
花壇4IMG_3976




部屋の中にも花を飾って、今日は特別な日です。
d誕生日の花4IMG_7664


8月16日でベルが12歳。ちょっと遅れたベルの誕生日を、ケーキでお祝いです。
bケーキ3IMG_7586



ベルには、パリのヴァンヴ蚤の市で買ったお皿の上にワンちゃん用ケーキです。茶色い部分はチョコではなくて豆、砂糖なしで蜂蜜が少し入っています。
aベルのケーキ2IMG_7580


ケーキアップロードファイルも大好きなリンゴりんごもたくさん食べて・・・でも贈り物プレゼントのスリッパのおもちゃにはすぐに飽きて・・・。
c誕生日のベル8IMG_7626


「誕生日おめでとう!」  いつまでも、なが~く元気で。
c誕生日のベル12IMG_7624


白いバラ、プリンスオブウェールズが涼しげです。ピンクのバラはさくら坂。
d誕生日の花2IMG_7659


誕生日を迎えたベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけると嬉しいです



【2008/08/21 12:53 】 | バラといっしょ | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
バルビゾンを飾る花たち
人気ブログランキングへ


のどかなのに小さなホテルやレストラン、いくつものギャラリーなどが並び、都会の匂いも感じる村バルビゾンには花がいっぱいでした。


窓辺のゼラニウムと壁を這う葡萄の木。葡萄の房がいくつも・・・秋にはどんなふうに色づくのでしょうか。
t花の家51IMG_4877


t花の家14IMG_4737


レストランの花。見事なゼラニウムと青いイソトマが涼しげです。
t花の家22IMG_4764


シンプルに青いイソトマ。来年はわが家の庭でもこんな風に・・・頭に焼き付けて。
t花の家24IMG_4766


村の花屋さん。さりげなく置かれた紫陽花が石畳と石の壁と調和して・・・このままセットで持ち帰りたい・・・。
r花屋3IMG_4856


花屋さんのバラ。
r花屋5IMG_3119


ガーデニング・ショップの店先。
s園芸店2IMG_4721


たくさんの鳥のハウスが売られています。
s園芸店3IMG_3103


バルビゾンと書かれたポスターの間にも、窓辺の花。
t花の家32IMG_4825


通りに置かれたコンテナ・ガーデン。最近はフランスでもアイビーゼラニウムが主流のようです。
t花の家30IMG_4789


住んでみたい・・・。
t花の家36IMG_4833


壁に這うバラ。こんな風に狭いところでもバラと家が引き立って~と再認識です。真似をしたくなりました。
t花の家1IMG_4595


素朴なエリゲロンが植えられています。お気に入りの花を見て嬉しくなりました。
t花の家50IMG_3202


沢山あったギャラリーのひとつ。バルビゾンのギャラリーはみんなフレンドリーでちょっと寄りたくなる雰囲気です。
dバルビゾンの町並み7IMG_4851


村の郵便局にも花。
t花の家48IMG_3169


レストラン入り口に吊るされたハンギング。
kレストラン3IMG_4626


中庭のテラスで楽しそうに昼食をとる人たちの姿が見えて、誘われるように中に入りました。
kレストラン11IMG_3130


男の子が一人遊びを見て欲しくて、一所懸命アピール。
kレストラン5IMG_4716


ベルと一緒に男の子の遊ぶ姿を追いながら食事です食事
kレストラン10IMG_4715


フォンテンーヌブローの森への入り口近くにある村役場。花の手入れがよくされています。
l村役場1IMG_4715


l村役場3IMG_4782


l村役場8IMG_3173


ベルにワン・クリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけると嬉しいです




【2008/08/20 11:54 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
ミレーの村バルビゾン
人気ブログランキングへ


ミレーやルソーなどバルビゾン派の画家たちが住んだバルビゾン村を訪れました。パリの南東、フォンティンヌブローの森に隣接する小さな村です。
dバルビゾンの町並み45IMG_4848


バルビゾンの大通り、Grande Rueを歩きます。パリ・リヨン駅からRER(高速郊外鉄道)で約30分のムラン(Melun)駅下車、そこからタクシーでバルビゾンに入りました。
dバルビゾンの町並み1IMG_4587


パリの街にも少なくなった石畳の道に石造りの家が並んでいます。
dバルビゾンの町並み10IMG_4613


dバルビゾンの町並み19IMG_4732


かって貧しい画家たちを支えたガンヌおじさんの「ガンヌ宿」。当時の宿は居酒屋も兼ね、パリから来た人たちを暖かくもてなしたそうです。現在、バルビゾン派美術館になっています。
eオーベルジュ・ガンヌ1IMG_4598


建物の奥、入り口付近でバラが咲いていました。
eオーベルジュ・ガンヌ4IMG_4843


この日は7月初旬にしては涼しい曇り空、ベルは気持ち良く石畳の通りを散歩です。
j石畳のベル7IMG_4674


壁や塀に這わせたバラが至るところに。石造りの家並みによくマッチしています。
dバルビゾンの町並み3IMG_4593


dバルビゾンの町並み14IMG_4620


dバルビゾンの町並み20IMG_4735


dバルビゾンの町並み44IMG_3224


チャペルと、その左隣にはルソーのアトリエ。ルソーは「フォンティンブローの森」や「バルビゾンの夕暮れ」などを描いています。
fチャペル5IMG_3106


チャペルへの入り口で絵を売っているおじさん。
fチャペル3IMG_4863


ミレーがパリからバルビゾンに移り住んだのは19世紀半ば。画家たちが好んで住みついた気持ちがわかるような、のどかで美しい村です。
dバルビゾンの町並み28IMG_3091


dバルビゾンの町並み42IMG_3204


どこか趣のあるレストラン。
dバルビゾンの町並み22IMG_4746


ミレーの晩鐘の看板のあるレストラン。
iミレーの看板2IMG_4820


世界的に有名(?)な高級ホテル兼レストラン「バ・ブレオ」。昭和天皇がお寄りになったとか。ナポレオン3世、エリザベス女王なども訪れ、小説家スティーブンソン(宝島の作者)が長く滞在しお気に入りの場所だったそうです。
gバ・ブレオ4IMG_3164


ミレーが家族と住んだ住居兼アトリエ。今はミレー博物館になっています。
hミレー博物館3IMG_4750


入り口にはゼラニウムの花が飾られていました。
hミレー博物館5IMG_4755


大通りの先はフォンティンヌブローの森。
mフォンテーヌ・ブロー5IMG_4799


たくさん歩いて最後は抱っこのベルです。
j石畳のベル13IMG_3178


最後は抱っこのベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


応援のクリックしていただけたら嬉しいです



【2008/08/19 14:23 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
ソルフェリーノ橋の上で
応援のクリックありがとうございます


パソコンの横に飾ったミニバラとワレモコウを見ながら記事を書きはじめています・・・。
花瓶303IMG_7575



パリに来ても見にくることがなかったソルフェリーノ橋のそばまでやって来ました。ソルフェリーノ橋はセーヌを跨いでオルセー美術館とチュイルリー公園をつなぐ歩道橋です。
fセーヌ河岸から3IMG_2690


右を見渡すと、ソルフェリーノ橋の隣にあるカルーゼル橋、その先の対岸にはルーヴル宮が見えます。
cロワイヤル橋とルーヴル12IMG_2683


後ろ(セーヌ左岸)には人で賑わうカフェやレストラン、そして通りを走る市内観光バス。
aオルセーの裏通り6IMG_2203


eパリ市内観光バス3IMG_2218


さらにセーヌ川に面するオルセー美術館。モネやゴッホ、セザンヌなど印象派の作品の数々を見ることができるパリの代表的な美術館のひとつです。外観はかっての鉄道駅の面影を残しています。
bオルセー8IMG_2684


河岸の上からセーヌ川を眺めると・・・・・・
fセーヌ河岸から5IMG_2695


川を運航するバス、バトビュス(Batobus)が通っていきます。側面に書かれた絵のとおりオルセーやノートルダムなど8つのパリの見どころに停まります。
fセーヌ河岸から4IMG_2692


ソルフェリーノ橋に近づくと、絵を並べて売っています。これもパリらしい光景です。
gセーヌ河岸の絵画屋さん1IMG_2698


gセーヌ河岸の絵画屋さん3IMG_2238


橋の全景。鉄骨と木で作られた他の橋にはない面白い形です。
hソルフェリーノ橋18IMG_2700


真ん中と両端の二重の橋。両端は橋のたもとの通りへ、真中は通りの下をくぐってチュイルリー公園につながっています。
hソルフェリーノ橋17IMG_2253

橋の中央にくると二重の通路の間で行き来ができます。橋の上の木製ベンチでは人々が休んでいきます。
hソルフェリーノ橋19IMG_2728


ウッドデッキのような橋の上は涼しい風が吹いて、ベルもベンチで一休みjumee☆coffeebreak1LRL
iソルフェリーノ橋のベル4IMG_2717


iソルフェリーノ橋のベル7IMG_2740


橋の先にはシャンゼリゼ通り近くにあるグラン・パレのガラス張りの屋根。
hソルフェリーノ橋5IMG_2710


その左、光るセーヌの向こうにエッフェル塔。
jコンコルド橋へ4IMG_2261


来た道を振り返り、カルーゼル橋の向こうのパンテオンやノートルダムを見ながら・・・しばらくパリを満喫。
dその他のロワイヤル橋2IMG_2707


車の来ない歩道橋の上ですっかりくつろいだ後はセーヌ川沿いを散歩ですjumee☆walkdog1
jコンコルド橋へ5


パリを楽しんでいるベルにワン・クリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけたら嬉しいです




【2008/08/18 10:51 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
パレ・ロワイヤルで休憩
応援のクリックありがとうございます


パリに来ると立ち寄よりたくなる場所のひとつパレ・ロワイヤル。ルーヴル宮やオペラ座に近く、歩き疲れたときにほっとできる憩いの場所です。


パレ・ロワイヤル庭園を囲む回廊です。
パレ・ロワイヤル19IMG_9050


映画のシーンに出てきそうな回廊、主人公になった気分で? 
パレ・ロワイヤル11


17世紀初めに枢機卿の館として建設され、ルイ14世が子供の頃にルーヴル宮から移り住んだ歴史があります。今は噴水のある美しい庭園が、18世紀のフランス革命のころ革命家たちのたまり場だったそうです。ここで、革命の前々日に「諸君、武器をとれ!」とジャーナリストのカミーユ・デムーランが演説したとか・・・。
パレ・ロワイヤル15IMG_0217-1


花壇にはバラや草花が植えられています。バラはまだいくつもの蕾をつけていました。
パレ・ロワイヤル5IMG_9052


パレ・ロワイヤル6IMG_9055


パレ・ロワイヤル9IMG_9058


マロニエの並木は夏は涼しく秋は枯葉が美しく、のんびりくつろいだり犬の散歩をする人たちを心地よく癒してくれます。
パレ・ロワイヤル1IMG_6621


牛のような大きな犬!!
パレ・ロワイヤル8IMG_0222


ベルもベルパパの膝の上で休憩。
パレ・ロワイヤル18IMG_0223


ルーヴル宮側から入口を入ったところ。ここで子供たちが遊んでいる姿をよく見かけます。
パレ・ロワイヤル2IMG_9044


パレ・ロワイヤルを出るとすぐにオペラ大通りです。通りの先にはオペラ座が見えます。
aオペラ座6IMG_9031


aオペラ座3IMG_9026


近くには日本食のレストランが多く、日本人にもよく出会います。
aオペラ座2IMG_9019


ベルは、いつも沢山の観光客で賑あう広い通りをちょっと甘えた顔をしながら歩きました♪(自分流)
aオペラ座4IMG_9039


aオペラ座5


甘ったれのベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけたら嬉しいです




【2008/08/17 15:22 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ヴェルヌイユの落書き
応援のクリックありがとうございます


パリで過ごす日曜日。フランスの地方を旅して行く先々で出会い、知り合いになった2人姉妹のパリに住む妹さんから夕食に誘われました。
サン・ジェルマン・デ・プレまでおみやげのお菓子を買いに・・・そしてサン・ジェルマン・デ・プレに行くなら・・・と、前から興味のあったフランスの鬼才セルジュ・ゲンズブール(映画監督で作詞家、歌手、俳優など)が住んでいた家を訪ねてみました。


ホテルを出て、いつも通る花屋さんのバラを見ながら地下鉄の駅へと歩きます。
hマレの花屋1IMG_2776


サン・ジェルマン・デ・プレの駅で降りて外に出るとすぐに見えるそびえ立つ教会。サン・ジェルマン・デ・プレ教会です。
aサン・ジェルマン・デ・プレ教会6-2IMG_2548


セーヌ川に向かってボナパルト(Bonaparte)通りを歩きます。通りの花屋さんには色とりどりの紫陽花。
dラデュレ付近3IMG_2562


老舗パティスリー・ラデュレに着くと狭い店内はパリの人でいつもいっぱいです。パリジェンヌにも人気のマカロン全種類15個入りを買いました。
cラデュレ1


ラデュレからゲンズブールの家のあるヴェルヌイユ(Verneuil)通りまでは約200m。通りには18世紀頃の古い建物がたくさんあるようです。日曜日のせいか、辺りはのんびりとした空気に包まれています。
gヴェルヌイユの落書き付近24IMG_2578


ゲンズブールの家は「壁の落書き」ですぐに見つけることができました。1991年に亡くなってから門や塀に彼を想って書かれた落書きや似顔絵が残されています。
eヴェルヌイユの落書き4IMG_2568


eヴェルヌイユの落書き12IMG_2606


セルジュ・ゲンズブールと3人目の妻ジェーン・バーキン。歌手で女優のジェーン・バーキンはバーキン・バックでも有名です。今では2人の娘シャーロット・ゲンズブールが映画で活躍しています。
eヴェルヌイユの落書き22IMG_2610


ベルパパとベル。塀の上に金色の鉄柵のついた屋敷は18世紀のものです。
eヴェルヌイユの落書き18IMG_2168


ベルもアートの中に埋もれていると・・・
fヴェルヌイユの落書きのベル4IMG_2595


そばに人が寄ってきて頭をなでてくれました。
fヴェルヌイユの落書きのベル8IMG_2603


ヴェルヌイユ通りには画廊やアンティークなどのかわいいお店が並んでいます。
gヴェルヌイユの落書き付近2IMG_2615


gヴェルヌイユの落書き付近23


やさしい水色のドアの前で。静かな通りを喜んで散歩しました。
jヴェルヌイユの落書き付近のベル8IMG_2645


壁や窓に時代を思わせますが、決して古さを感じない建物で引きつけられます。
gヴェルヌイユの落書き付近15IMG_2663


街灯に白い窓、そして窓辺のゼラニウム、パリの風景です。
gヴェルヌイユの落書き付近3IMG_2616


通りのカフェには犬連れの人やパリの女性たち。
gヴェルヌイユの落書き付近16IMG_2187


gヴェルヌイユの落書き付近17IMG_2188


ここはセーヌ川沿いに建つオルセー美術館の裏側です。ヴェルヌイユ通りをゆっくりと歩いたあとセーヌの川岸へ向かいました。
gヴェルヌイユの落書き付近8IMG_2653


喜んで歩いたベルにご褒美のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いします




【2008/08/16 09:55 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
アンボワーズの城下町
応援のクリックありがとうございます


太陽が降り注ぎ、裸の子供たちが自転車で走り抜けていきました。ここはトゥールから列車で約30分、ロワール川流域の町アンボワーズです。
aアンボワーズ駅から4IMG_4034


駅からお城に向かって歩いていくとノートルダム・デュ・ブー・デ・ポン教会のあるロワール川の岸にたどり着きます。質素で素朴な感じの教会です。
bアンボワーズ-ノートルダム1MG_4038


bアンボワーズ-ノートルダム5IMG_2911


川の対岸にはアンボワーズ城が見えていました。
cアンボワーズ-ロワール川13IMG_2907


中州の島(?)を挟んでロワール川に架かる2つの橋を渡るとお城の近くにたどり着きます。
cアンボワーズ-ロワール川12IMG_2906


橋から眺めるロワール川。緑の木々の中をゆったりと流れていきます。
cアンボワーズ-ロワール川17IMG_4053


川岸のレストランや民家の家並み。白い壁に茶色の屋根で落ち着いた色合いです。
cアンボワーズ-ロワール川10IMG_4062


お城が近づいてきました。
cアンボワーズ-ロワール川8IMG_4058


ロワール川を見下ろす小高い丘に立つアンボワーズ城。古くからあった要塞を15世紀末に現在の形に改築したそうです。16世紀半ばには旧教徒が新教徒を大量虐殺した舞台となり、暗い過去も持つお城です。
dアンボワーズ城6IMG_4064


橋を渡り切ると見えてくる市役所(写真左)と古い教会。
eアンボワーズの町並み2IMG_4068


eアンボワーズの町並み4IMG_4071


市役所の壁に飾られた花を見ながら教会との間を通ります。
eアンボワーズの町並み5IMG_4074


まっすぐ進むとお城への入口。周辺はレストラン、カフェが並ぶ城下町です。
eアンボワーズの町並み6IMG_4075


時計台とそのまわりは華やかに花が飾られ、人々で賑わっていました。手前右はアンボワーズで有名なチョコレート屋さん。
eアンボワーズの町並み8IMG_4077


時計台の窓辺の鉢植え。
eアンボワーズの町並み12IMG_4083


皆につられてアイスクリームを買って一休みしました。
eアンボワーズの町並み14IMG_4085


このお店のトレードマークでしょうか。人形の海賊にびっくり。
eアンボワーズの町並み15IMG_4086


eアンボワーズの町並み19IMG_4095


eアンボワーズの町並み17IMG_4092


城下町をぶらぶらしたあと、ベルと橋の上を歩き、列車の時間を気にしながら駅へと戻りました。
fアンボワーズ駅への帰り道6IMG_4106


fアンボワーズ駅への帰り道4IMG_4114


トゥールへ戻る列車の中、陽が落ちはじめて眩しそうです夕日
gアンボワーズからトゥールへ1IMG_4126


gアンボワーズからトゥールへ4IMG_4137


トゥールから1つ目のサン・ピェール・デ・コールへ。そこでパリ往きTGV(高速列車)に乗り換えです。
ベルをじっと見ていた女の子とパリ往きの列車をホームで待つ人々。すでに夜8時を過ぎていました。
hトゥールからサン・ピエール・デ・コールへ4


心地良いTGVのシートに揺られて約1時間、パリ・モンパルナスに帰ってきました。家路を急ぐ人たち。
kパリ・モンパルナスに到着7


パリのホテルに戻る頃には外套が点灯しすっかり夜の街になっていました。
mマレに戻る1IMG_4170


夜遅くまでつきあったベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしていただけたら嬉しいです




【2008/08/15 11:56 】 | 犬と海外旅行-ロワール | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
水辺にたたずむ城
応援のクリックありがとうございます


アゼー・ル・リドーのお城が見えてきました。ロワール地方の数あるお城の中から選んでやって来たお城です。
cリドーの城1IMG_3863


均整のとれた姿で、16世紀のルネッサンス様式のお城です。
cリドーの城6IMG_3873


お城の周りをひと回り。右にはたくさんの木々。
cリドーの城18IMG_3899


木々の中をロワール川の支流アンドル川が流れ、お城へとつながっています。
cリドーの城77IMG_2800


川のほとりに建つお城の全景が見えてきました。「谷間の百合」の文豪バルザックがこのお城をダイヤモンドと讃えたそうです。
cリドーの城102IMG_3897


cリドーの城78IMG_2801


お城の前の広い芝生ではのんびり寝ころんで日光浴をしたり本を読んだリしていました。
cリドーの城22IMG_3915


川のほとりにひっそりとたたずむアゼー・ル・リドー。水面に映る姿も美しく、「アンドル川に浮かぶ宝石」と称されています。
cリドーの城25IMG_3922


お城の入口付近に戻ってきました。
cリドーの城26IMG_3924


お城の入口には犬ダメ・マーク。それでも平気で犬を連れて入口を通過し中へと入っていく人たち。そういう光景はスーパーなどいろいろなところで見かけます。
cリドーの城27IMG_3929


ベルは外で待つことにして、交替で中を見学。中には暖炉、絨毯、絵画をはじめ古い調度品の数々が置かれていました。
cリドーの城100


白い花がお城によく似合います。マーガレットが一面に咲いていました。
cリドーの城28IMG_3934


お城の敷地内の休憩所で一休み。
cリドーの城35IMG_3946


脇の門からお城の外に出ました。
cリドーの城76IMG_2783


通りのガーデニング・ショップ。持ち運びが簡単なら、いろいろ欲しくなります・・・。
cリドーの城45IMG_3961


また、窓辺の花に癒されながら、長いみちのりを歩いて駅に戻ります。
cリドーの城48IMG_3965


cリドーの城55IMG_3989


珍しくシックな色・・・べチュニア(?)のような濃い紫の花が新鮮に感じました。
cリドーの城50IMG_3969


白い家と調和した花・・・さりげない素朴さに惹きつけられます。
cリドーの城90IMG_2831


教会には町の人たちが集まっていました。
cリドーの城91IMG_2834


駅までの道は、帰りの方がずっと短く感じます。
cリドーの城51IMG_3970


アゼー・ル・リドー駅は来た時と同じで人影が全くありません。線路には貨物車が止まって列車が来る様子もなく不安に思っていると・・・地元の若い女の人が現われてバスが来ることを教えてくれました。しばらくするとバスが来て、来た時と同じショーン・コネリー似の運転手さん・・・ほっとして乗り込みました。


バラン駅で列車に乗り換えトゥールに戻ります。
cリドーの城101


ベルは長い道のりに疲れて列車の中でバッタリ。列車でのお城まわりは、交通の便があまり良くないので大変だということがわかりました。パリやトゥールからのツアーがいいかもしれません。
cリドーの城72IMG_4022


トゥールに到着。ベルは少し休んで元気を取り戻して笑
cリドーの城74IMG_4026



頑張ったベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


最後にクリックしてくれたら嬉しいです



【2008/08/14 13:26 】 | 犬と海外旅行-ロワール | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
花を見ながらお城へ
応援のクリックありがとうございます


古城アゼー・ル・リドー(Azay‐le‐Ridou)を目指し、トゥール(Tours)駅でシノン(Chinon)行き一両編成の列車に乗り込みました。所要時間は約30分です。
aトゥールからリドーへ1IMG_3734


アゼー・ル・リドーで降りるつもりが・・・2つ手前の駅バラン(BALLAN)で全員降ろされました。少し戸惑って・・・・駅の前に停まっていたバスのショーン・コネリー似の運転手に聞くとアゼー・ル・リドーに行くとのこと。どうやらここでバスに乗り換えのようです。トゥール駅の掲示板に乗り換えのことが書かれていたことはあとでわかりました。
バスは木々や畑を通って、駅のイメージとは随分違う無人のアゼー・ル・リドーの駅に到着です。
aトゥールからリドーへ6


青空が広がる暑い日です。人影が少ない涼しげな林を見ながら広い通りにでました。
bリドー駅からお城へ1IMG_3745


ところどころに民家の並ぶ広い1本道を約2キロメートル歩いて行くと、その先にお城があります。
bリドー駅からお城へ11IMG_3761


熱い太陽の下の辛い道のりをおしゃれな家々の庭の草花が慰めてくれました。
bリドー駅からお城へ14IMG_3771


窓の下のラベンダーと壁に這わせたバラが良くマッチしています。
bリドー駅からお城へ69


手入れされた芝生にシンプルな鉢植え。
bリドー駅からお城へ16IMG_3780


窓辺にはいつものようにゼラニウムがいっぱい・・・。
bリドー駅からお城へ25IMG_3805


bリドー駅からお城へ41IMG_3841


バラを見かけると嬉しくなります
bリドー駅からお城へ26IMG_3806


こんなふうに、小屋にちょっと這わせたくなります。
cリドーの城92IMG_2872


bリドー駅からお城へ36IMG_3835


ベルも歩き疲れて、途中で一休みjumee
bリドー駅からお城へ62IMG_2847



実際よりも長く感じる道のりをさらに歩き続け、ようやくお城近くの町並みに入ってきました。
bリドー駅からお城へ28IMG_3808


アンティークの店先の面白い飾り付け。
bリドー駅からお城へ29IMG_3809


午後のお昼休み? 通りは人影がまばらで静かです。
bリドー駅からお城へ32IMG_3819


ベルも一生懸命歩いて
bリドー駅からお城へ34IMG_3829


少し賑やかな雰囲気になってきました。
bリドー駅からお城へ38IMG_3837


オープンしているお店やレストランが見えてきてほっとして。
bリドー駅からお城へ45IMG_3848


bリドー駅からお城へ60IMG_2779


観光客らしい人たちがたくさんいます。やはり・・・ほとんどが車やツアーで来ているようです。
bリドー駅からお城へ47IMG_3853


お城の入口にたどり着きました。川に浮かぶお城をもうすぐ見ることができます。
cリドーの城3IMG_3865


たくさん歩いたベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いします



【2008/08/13 14:31 】 | 犬と海外旅行-ロワール | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
けな気に咲く夏のバラ
人気ブログランキングへ


蒸すように暑い過酷な東京の夏。負けまいと庭のあちこちでバラが咲いています。春に比べると小さくて花期が短い夏のバラが健気で気持ちを癒してくれます。そろそろ秋に向けて蕾を摘みとらなくてはと庭に出て・・・バラの姿を見るとためらってしまいます。


フランスのバラ・サンテグジュペリ、春とは全く違う印象です。華やかな濃いピンク色の花がすでに10日間ほど咲き続けています。
サンテグジュペリ1IMG_3853


サンテグジュペリ3IMG_3871-1


スノー・グースは次から次へと涼しげな花を咲かせています。
スノー・グースIMG_3883


空に向かって咲いているのはマダム・アルフレッド・キャリエール。高く伸びたバラの花は撮るのも摘むのも一苦労です。
マダム・アルフレッド・キャリエールIMG_3884


ラ・フランスが咲きはじめました。今月はバラに基礎体力をつけさせる月、お盆が過ぎたらバラたちに夏肥をあげなければ・・・。
ラ・フランスIMG_3880


夏のバフ・ビューティ。色が春より少し濃いようです。
パフ・ビューティ1IMG_3858


フランシス・デュブルーユ。夏は花びらの数が少ないように見えます。
zIMG_3896-1


今朝、庭で摘んだ草花とバラを花器に入れて飾りました。
花瓶201IMG_7535



紊?暑くて家の中がすっかり気に入ってしまったベル・・毎日のんびりkao03
ベル509IMG_7533


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


応援のクリックありがとうございます



【2008/08/12 12:28 】 | バラといっしょ | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
トゥールで花市を 
人気ブログランキングへ


パリの南、フランス中部にあるロワール地方にひっそり佇む古城アゼー・ル・リドーやロワール川ほとりのアンボワーズ城を訪ねました。古城めぐりのツアーはたくさんありますが、個人で行く場合の情報が少なくて不安を抱えながらパリ・モンパルナス駅からの出発です。
aモンパルナス駅ートゥールへ7IMG_3630


まず、TGV(高速列車)に乗って古城めぐりの起点となるトゥールに向かいます。トゥールまではパリ・モンパルナス駅から約1時間10分。
aモンパルナス駅ートゥールへ8IMG_3633


ベルもTGVの指定席でゆったりと。
bトゥールへのTGV車中3IMG_3635


bトゥールへのTGV車中5IMG_3639


列車の終点はトゥールの1つ手前の駅サン・ピエール・デ・コール。ここで同じホームの向い側に停まっている各駅停車に乗り換えです。
cサン・ピエール・デ・コール駅3IMG_3648


約5分でトゥールに到着しました。
dトゥール駅2IMG_3652


トゥールからアゼー・ル・リドーへの列車本数は少なく、しばらく待たなければなりません。駅(写真中央)をあとにして時間までトゥールの町を一回りします。
eトゥールの駅を出て1IMG_3654


美しい広場と市庁舎が見えてきました。
fトゥール-市庁舎1IMG_3660


広く長い通りの両脇には思いがけず花の店が並んでいました。トゥールの花市です。
gトゥール-花市1IMG_3663


切り花もいっぱい。
gトゥール-花市3IMG_3665


gトゥール-花市4IMG_3666


バラのブーケや鉢植えもたくさんありました。
gトゥール-花市6IMG_3668


ペチュニアやベゴニアなどこの時季日本でもよく見かける花々が並んでいます。
gトゥール-花市10IMG_3672


ゼラニュームのお店ではハンギングも売られていました。
gトゥール-花市19IMG_2684


ベルをなでてくれたお姉さん。
gトゥール-花市25


花市の通りから北へ抜けるとサン・マルタンバジリカ聖堂が見えてきました。471年に建てられ19世紀に再建されましたが、左奥に見えるシャルルマーニュ塔は12世紀のものです。
hトゥール-サン・マルタンバジリカ聖堂付近16IMG_3679


hトゥール-サン・マルタンバジリカ聖堂付近3IMG_3692


近くには古い建物も見られます。
hトゥール-サン・マルタンバジリカ聖堂付近5IMG_3681


中央の時計塔も12世紀の名残をとどめています。白い観光列車(?)が回ってきました。
hトゥール-サン・マルタンバジリカ聖堂付近13IMG_2709


サン・マルタンバジリカ聖堂から東へ向って歩きはじめます。
iトゥール-通りを歩いて2IMG_3698


劇場を通り過きました。
j劇場2IMG_3707


奥に見えるのは、13世紀に着工して16世紀に完成したゴシック様式の大聖堂。手前は17世紀の司教館で、今は美術館になっています。
kトゥールーサン・ガルシア大聖堂付近5IMG_3714


古い建物に少し後ろ髪をひかれながらトゥール駅に戻ります。
lトゥール駅へ2IMG_3731


トゥール駅に着きました。トゥールから列車で約30分の古城アゼー・ル・リドーに向かいます。
lトゥール駅へ5IMG_3733


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




応援のクリックありがとうございます






【2008/08/11 13:16 】 | その他 | コメント(11) | トラックバック(0) | page top↑
早朝からヴァンヴへ
ブログランキングへ


土曜日の早朝、地下鉄でヴァンヴ(Vanves)の蚤の市に出かけました。ぐっすり寝て目がぱっちりの元気なベルです。
aヴァンヴへ‐ベル2IMG_9415


パリを訪れたときは必ず立ち寄るヴァンヴ、小規模ですが何度来てもわくわくします。
bヴァンヴのお店18IMG_9434



朝7時から店が出はじめる蚤の市、すでに多くの人が掘り出し物を探していました。年々、気に入ったものが少なくなっているような気がします。
bヴァンヴのお店11IMG_0400


車道に車を置いて、広い歩道の両端にお店が出てガラクタが並べられています。
bヴァンヴのお店15IMG_3311-1


絵も売られていました。
bヴァンヴのお店8IMG_5074


アンティーク(?)のオルガンを弾きながら、仕事を楽しんでいるようです。
bヴァンヴのお店17IMG_3328


お店でおとなしく待っている犬、遊びまわっている犬、バッグから顔を出している犬などなど、ヴァンヴでたくさんの犬に出会いました。
dヴァンヴの犬5


ベルに声かけてくれる人、ベルに興味を持って近づいてくる犬。親しげで和やかな空気がヴァンヴには流れています。
gヴァンヴのベル2


このお店には気に入ったアンティークがたくさんありました。
bヴァンヴのお店14IMG_3310


手前中央のキャンディー入れ(?)のほか、小さな花瓶や模様入りのコップ2個を買いました。
cヴァンヴでお気に入りのお店2IMG_5070


水差しの模様もキレイでしたが・・・荷物になるので断念。
cヴァンヴでお気に入りのお店4IMG_5081




蚤の市を見終えて近くのカフェで休憩・・・・犬連れのおばさんがじっと見ているベルにおやつをくれましたカップケーキ
gヴァンヴのベル5IMG_3333


帰りの地下鉄の乗り換え駅モンパルナスのなが~い歩く歩道。
f地下鉄の様子5IMG_9446


地下鉄の中を犬も歩いています。
f地下鉄の様子6IMG_5085




ヴァンブで買ったアンティーク、薔薇の絵が描かれた小さな花瓶に花を入れて飾りました。
花瓶2IMG_7496



ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックありがとうごっざいます



【2008/08/10 13:00 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
パリ郊外の展望台から
人気ブログランキングへ


昼食を終えると真っ青だった空がたちまちのうちに灰色の雲に被われてきました。ときどきぽつぽつと雨が落ちてくる中、サン・ジェルマン城の門をくぐってグランドテラス(展望台)へと急ぎました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス53IMG_5780


広いお城の庭園の右側にはピンク色の建物の窓辺にゼラニューム、雨の中でも目立っていました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス3IMG_5784


グランド・テラスはパリを一望できる場所として人気があります。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス30IMG_5839


眼下にセーヌ川と川のほとりの家々を眺めることができます。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス4IMG_5786


遠くを見渡すと、左にはパリの副都心ラ・デファンスの高層ビルが建ち並び、右の遥か向こうにはエッフェル塔が見えます。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス35IMG_5865


庭園側から見たサン・ジェルマン城。このお城で生まれたルイ十四世が、ヴェルサイユを手がけた造園家ル・ノートルに庭園を造らせたそうです。
eサン・ジェルマン・アン・レーー城3IMG_5889


庭園の中を散策です。5百万本の木が植えられている広い庭園の中のところどころに花が咲いています。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス7IMG_5796


木陰では仲間同士が語り合い、のんびりと日曜日の午後のひとときを楽しんでいました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス10IMG_5802


ベンチの後ろには紫陽花。この時期のフランスではたくさんの紫陽花を見かけます。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス11IMG_5803


芝生とまわりの花壇がよく手入れされていました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス29IMG_5840


ピンクの花はゼラニューム。アゲラタムやサルビアも植えられています。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス30IMG_5839


jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス32IMG_5843


木々の中を歩いていくと少し遠くに見えてきた一面に咲く花々に目を奪われました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス20IMG_5819


近づくと看板には野生の花と書かれています。好きな矢車草の花に釘づけです。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス46IMG_3601


ベルも花に囲まれた芝生の上で少しだけ休憩
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス52MG_3608


庭園とグランド・テラスの先はイギリス庭園とサン・ジェルマンの森につながります。たくさんの人たちが森に向かって歩いていきました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス54IMG_5882


治安が良く、日系企業の駐在員家族など外国人がこの町に住み始めているそうです。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス41IMG_5890


庭園の入口付近では遊ぶ子供の姿を見かけます。高級住宅地のこの界隈はパリッ子の憧れとか・・・。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス42IMG_5891


広すぎて、とても全部を見ることができなかった庭園をあとにしました。
jサン・ジェルマン・アン・レーーグランド・テラス44IMG_5895


来た時と同じPER(郊外高速地下鉄)に乗ってパリに戻ります。
kサン・ジェルマン・アン・レーー帰りのベル1IMG_5907


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/08/09 12:55 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
パリ郊外のシックな町
応援のクリックありがとうございます


7月に入ってからの日曜日、パリ凱旋門の真下にあるRER(高速郊外鉄道)のシャルル・ド・ゴール・エトワール駅からパリの西の郊外の町サン・ジェルマン・アン・レーに向かいました。
aエトワール1IMG_5539


RERはパリ市内と近郊を走る列車です。ホームの大きな広告が印象的でした。
bエトワールRER駅6IMG_5600


列車が来る直前、ホームの上に吊るされた電光掲示板の停まる駅にランプがつきます。サン・ジェルマン・アン・レーに停まることを確認して乗り込みました。
bエトワールRER駅11


約20分で到着です。地下の駅から地上の広場に出ると大きな2つの建物がすぐに目に入りました。サン・ジェルマン城とその前にあるサン・ジェルマン協会です。今は古代博物館となっている12世紀に建てられたというお城はさすがに古さを感じさせます。お城の横には大きな庭園が広がっていました。まずは町の中心を散策です。
eサン・ジェルマン・アン・レーー城4IMG_5616


fサン・ジェルマン教会2IMG_5619


駅の付近にはきれいに手入れされた花壇。ここでもスタンダード仕立てのバラが並んでいました。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み3IMG_5631


花壇を見られるカフェで一休みする人々。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み45IMG_3515


上品な色合いでかわいい家が立ち並んでいます。日曜日のせいもあって町は静かでのんびりした雰囲気に包まれていました。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み10IMG_5648


gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み12IMG_5663


通りのまん中に花束で飾られた大きな車が・・・・・と思っていると花嫁さんが出てきました。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み41


窓辺にはやはり色とりどりのゼラニウムが似合います。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み13IMG_5664


gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み29IMG_5706


gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み35IMG_5713


青い空の下できれいな町の中をベルも一緒に歩きました
hサン・ジェルマン・アン・レーー散歩のベル3IMG_5660


町の中心を歩いていると、今は観光局の事務所でもある作曲家ドビュッシーの生家が見つかりました。奥に入ると静かな住宅街を持つこの町はどこからかピアノの音がしてくるような音楽の似合う町の匂いが漂っていました。
gサン・ジェルマン・アン・レーー町並み42


町の中心をひとまわりしたあとベルと昼食をとり、サン・ジェルマン・アン・レーの見所の一つお城の庭園グランド・テラスに向かいました。とぉ~くにパリを望むことができます。次回に。
iサン・ジェルマン・アン・レーーベルとランチ22IMG_5772




35度を超える東京の猛暑の中、庭ではウィリアム・シェークスピア2000が咲いてオールドローズの香りがしています。
l庭のウィリアム・シェークスピア1IMG_3846


元気に歩いたベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回クリックよろしくお願いします




【2008/08/08 13:29 】 | 犬と海外旅行-イル・ド・フランス | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
バガテル公園のバラの園
応援のクリックありがとうございます


バガテル公園の中を木々や草花を楽しみながら歩いていくと、芝生の先に周りが木立に囲まれた広々としたバラ園にたどり着きました。
lバガテル公園ーバラ園全体37IMG_2955


フランス式の幾何学庭園には約9千本のバラが植えられています。前に見える建物は18世紀末にルイ16世の弟アルトワ伯の建てた城館(オランジュリー)。
lバガテル公園ーバラ園全体3IMG_2979


lバガテル公園ーバラ園全体8IMG_3004


毎年6月に「国際バラコンクール」が開かれ、世界で最も権威あるローズガーデンとして知られています。
lバガテル公園ーバラ園全体4IMG_2982


もっとも美しいのは5月下旬から6月中旬とのことですが、7月上旬のこの日もまだたくさんの美しいバラを見ることができました。
lバガテル公園ーバラ園全体29IMG_2390


色とりどりのバラがいろいろな形で植えられていました。
mバガテル公園ーバラ園40IMG_2940


グランドカバーのように植えられたバラ。
mバガテル公園ーバラ園8IMG_2951


オベリスクでしょうか。
mバガテル公園ーバラ園10IMG_2953


咲き乱れています。
mバガテル公園ーバラ園11IMG_2956


mバガテル公園ーバラ園12IMG_2960


スタンダード仕立て。日本の庭ではあまり見かけませんが、フランスの田舎の庭で良く見かけました。
mバガテル公園ーバラ園17IMG_2972


mバガテル公園ーバラ園18IMG_2975


芝生の上に植えられています。
mバガテル公園ーバラ園19IMG_2984


家の庭に咲いていたバラによく似ています。名前を見るとシャルトルーズ・ドゥ・パルム、昨年買い求めたフランス・デルバール(Delbard)社のバラの一本で少し嬉しくなりました。
mバガテル公園ーバラ園26IMG_2994


こんなふうに広いスペースにこんもりと咲かせてみたくなります。
mバガテル公園ーバラ園27IMG_2996


mバガテル公園ーバラ園19IMG_2984


朝から時折り降っていた雨がすっかり上がって気持ちの良い青空になりました。
mバガテル公園ーバラ園37IMG_2382


バラを見たあと、公園の外に出てようやく狭いケージから開放されたベル
oバガテル公園ー外のベンチのベル3IMG_3048


頑張ったベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


ブログランキングにクリックありがとうございま~す



【2008/08/07 12:27 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
バガテル公園に咲く花
応援のクリックありがとうございます


朝からしっとりとした雨が降ったり止んだりの7月初旬の一日。バガテル公園のバラ園と夏の草花を見るためにブローニュの森に向かいました。


東西に走るメトロ1号線の西にある駅Porte Maillotで降り、森への入り口に向かうとラベンダーとバラの花壇が見えてきました。
cバガテル公園への道3IMG_2787


cバガテル公園への道4IMG_2789


大きな森の中には、車が走る広い道路や小道をはじめサイクリング用、乗馬用などたくさんの道があります。マロニエ、アカシア、カシワなどの大きな木々を見ながらバガテル公園まで約2.5kmの道のりを歩きました。
cバガテル公園への道9IMG_2811


森の奥からさっそうと現れた乗馬を楽しむ人。
cバガテル公園への道10IMG_2804


長い道のりをベルも散歩です。
cバガテル公園への道22IMG_2827


道端から水の流れが見えて深い森の奥へと続いています。
cバガテル公園への道27IMG_2817


ようやくバガテル公園の入り口に到着です。開催されている展示会「Kimonos」の文字が・・・。ここでもやはり犬が入れないのでベルを手品のように隠して入りました。
dバガテル公園ー入り口付近4IMG_2297


公園の中に入ると孔雀が迎えてくれます。孔雀は何か気配(ベルのこと?)を感じたのか公園内に響き渡るような大きな声で鳴きながら歩いていきました。
eバガテル公園ー孔雀2IMG_2914


木々や芝生の中を歩いていくとその先にツタのからまる建物と庭が見えてきました。庭師の家のようです。
fバガテル公園ー庭師の家10IMG_2860


庭の花壇にはたくさんの花が咲き乱れています。
fバガテル公園ー庭師の家7IMG_2323


hバガテル公園ー庭園7IMG_2850


hバガテル公園ー庭園9IMG_2852


hバガテル公園ー庭園14IMG_2861


hバガテル公園ー庭園42IMG_2309


塀にはクレマチスやつるバラが這っています。バラのシーズンには少し遅くて、多くのつるバラは咲き終わっていました。
hバガテル公園ー庭園6IMG_2848


hバガテル公園ー庭園49IMG_2330


hバガテル公園ー庭園3IMG_2844


花壇の中央にはバラなどのアーチが見えてきます。少し残っていた花から見ごろの時期の美しさを少しだけ想像できました。
hバガテル公園ー庭園21IMG_2876


hバガテル公園ー庭園30IMG_2893


ベンチのあるコーナーには鉢が置かれています。
hバガテル公園ー庭園34IMG_2908


奥に見えるのは広いテラスのあるレストランです。
gバガテル公園ーレストラン2IMG_2862


庭師が花壇の手入れをしています。清楚な白いコスモスが涼しげです。
hバガテル公園ー庭園20IMG_2875



庭師の家の裏側にまわると野菜のコーナー。
hバガテル公園ー庭園31IMG_2901


ネギの花でしょうか?
hバガテル公園ー庭園50IMG_2334


近づいて気がつき驚きました。なんと洋ナシのアーチです。
hバガテル公園ー庭園53IMG_2847


ベンチで少しだけケージから顔を出して
iバガテル公園ーベンチのベル5IMG_2924


孔雀についていくと芝生の向こうにバラ園が見えてきました。つるバラ以外はまだ見ごろのようです。次回に続きます。
eバガテル公園ー孔雀7IMG_2347




ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




応援のクリックよろしくお願いしまーす




【2008/08/06 12:23 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
ベルヴィルの丘から
人気ブログランキングへ


ベルヴィル公園の展望台から見たパリの街並みです。パリの北東にあるベルヴィル公園は、モンマルトルの丘とほぼ同じ高さにあってパリの街を一望することができます。観光客の姿はほとんど見かけることはなく地元の人たちの安らぎの場所のようでした。
f役所からベルヴィル公園33IMG_9663



遠くにエッフェル塔。
f役所からベルヴィル公園5IMG_9667


左に高い建物モンパルナス・タワー、右に赤とブルーのカラフルなポンピドー芸術文化センターが見えます。
f役所からベルヴィル公園8IMG_9670


小高い丘にぶどう畑が広がるのどかな村だったベルヴィルは、美しい街(BELLEVILLE)と呼ばれていたそうです。
f役所からベルヴィル公園14IMG_9679


公園は良く手入れがされ花が綺麗に咲いています。
f役所からベルヴィル公園21IMG_9687


去年出合ったパリに住む外国人(アメリカ?)から是非行くようにすすめられたベルヴィル公園。この辺は失業率が高く治安が良くないため、昨年は訪れることをためらいましたが・・・気になって来てしまいました。
f役所からベルヴィル公園20IMG_9685


昼間は心配した治安の悪さは感じません。
f役所からベルヴィル公園23IMG_9689


f役所からベルヴィル公園24IMG_9690


丘の斜面に造られた公園を下っていきます。
f役所からベルヴィル公園32IMG_0590


f役所からベルヴィル公園13IMG_9678



公園の下まで降りてきました。
f役所からベルヴィル公園25IMG_9691


エディット・ピアフの生まれたベルヴィル通り付近は今はアジア系移民の多い中華街。生活感にあふれた下町の感じがしてパリの中心部とは街の雰囲気が異なります。
gベルヴィルから運河へ10IMG_9708


街の人たちがベルを見ると、寄ってきてベルの頭をなでていきます
gベルヴィルから運河へ4IMG_9696


gベルヴィルから運河へ2IMG_9694


f役所からベルヴィル公園29IMG_0575-1


この街でも窓辺にはゼラニュームが飾られていました。
f役所からベルヴィル公園2IMG_9662


このあと西に向かってサン・マルタン運河を目指しました。
gベルヴィルから運河へ8IMG_9701


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2008/08/05 10:42 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
パリ市庁舎に束の間の庭
人気ブログランキングへ


パリ市庁舎(オテル・ド・ヴィユ)前の広場に今まで見かけたことのない庭が出現していました。この広場は冬はスケート・リンクにもなります。
a市庁舎4IMG_9201


「jardin éphémère(つかの間の庭)」と書かれています。去年の今頃は「Jardins demain(明日の庭)」をテーマにたくさんの草花を見ることができました。
a市庁舎2IMG_9197


重厚なルネッサンス様式の建物正面の時計の下には、フランスを象徴する言葉「自由・平等・博愛」の文字が刻まれています。
a市庁舎7IMG_9533


パリ市造園師マルチーヌ・ランベール氏に依頼して造った2875平方メートルの庭園であることをあとで知りました。のんびり日光浴を楽しむ人も見かけます。
a市庁舎9IMG_9195




小高く土を盛ったところには、シラカバ、ポプラ、ブナが植えられその下には低木と草花が配されています。ところどころにベンチも置かれて眺めながら休むこともできます。
パリ市庁舎2IMG_0287



パリ市庁舎3IMG_0286



a市庁舎8IMG_9535


「水面地帯」の説明がされているようです。
市庁舎7IMG_0510


池が造られ、中にはスイレン、ホテイアオイ、アシなどが・・・。
パリ市庁舎4IMG_0505


8月17日には撤去されてしまう、まさに「つかの間の庭」。もったいないようです。
パリ市庁舎6IMG_0509



同じ市庁舎でグレースケリーが開催されていました。8月16日まで無料で見ることができます。
a市庁舎6IMG_9531


市庁舎近くのカフェで昼食です。
カフェのベルIMG_0500


パリ市庁舎の南にはセーヌ川が流れアルコル橋を渡るとすぐにシテ島でノートルダム大聖堂が見えてきます。
a市庁舎前からノートルダム201IMG_9194


遠くからアルコル橋を。
aセーヌ右岸からノートルダム202IMG_0291



今日も暑くなりそうな朝・・・・・・散歩をじっと待つベル
ベル401IMG_7466


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/08/04 13:11 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
パリの運河沿いを歩いて
人気ブログランキングへ


パリの北東ベルヴィルの丘からの帰り道、映画「アメリ」の舞台にもなったサン・マルタン運河まで歩いてみました。


20分ほど歩くと樹齢100年を超える大きなマロニエの並木に囲まれたサン・マルタン運河に着きました。混雑するセーヌ川の貨物船のためにナポレオンが造った運河です。
サン・マルタン運河30IMG_9718


運河の周りには絵を描いたり、本を読んだりしてのんびり時を過ごす人たちの姿が見られます。1825年に開通したサン・マルタン運河をシスレーも描いています。
サン・マルタン運河82IMG_0620


ここではゆったりと時間が流れているようです。
サン・マルタン運河3IMG_9717


サン・マルタン運河8IMG_9723


レトロな雰囲気の鉄橋がところどころにかかっています。
サン・マルタン運河12IMG_9728


運河沿いの通り。道沿いにダビの小説の舞台となった北ホテル(今はレストラン)があります。
サン・マルタン運河7IMG_9722


ここ数年、周囲におしゃれなカフェやカラフルに彩られたお店などが出現して多くの若者で集う人気エリアになっています。
サン・マルタン運河11IMG_9727


サン・マルタン運河16IMG_9738


日中は真夏の暑さ。我慢できずに(?)飛び込む若者も。
サン・マルタン運河18IMG_9742


遊覧船クルーズです。
サン・マルタン運河15IMG_9737


水門が開いて遊覧船が水門をくぐっていきました。
サン・マルタン運河21IMG_9746


サン・マルタン運河はセーヌ川からヴィレット貯水場まで全長4.5キロメートル、9つの水門で水位差26メートルを調整して船が通るのを可能にしています。
サン・マルタン運河22IMG_9747


水門を閉じています。水を貯めて水位を上げたあと通過していきます。
サン・マルタン運河92IMG_0649


運河の途中にある公園には犬が入れません。扉の前にある飛び出た鉄の部分につまずいて転んでしまいました。カメラも傷だらけ。パリに着いて3日目のことです。そのまま元気に旅を続けましたが帰国後ひじが骨折していたことが判明して・・・今左腕にギブスです。
サン・マルタン運河24IMG_9751


ベルは気持ち良さそうに運河のそばでお昼寝。
サン・マルタン運河25IMG_9752


近くの通りの花を見ながら、運河近くを走るメトロ5号線の駅を見つけてホテルへと向かいました。
サン・マルタン運河26IMG_9758


サン・マルタン運河28IMG_9761




旅慣れしたベルも・・・今は毎日家の中でさびしそう 
ベル301IMG_7427


ちょっとさびしげのベルにクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/08/03 17:09 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
夜のコンシェルジュリー
人気ブログランキングへ


夜のコンシェルジュリーを見るためにセーヌの河岸までやってきました。日が落ちかかり穏やかな光りがシテ島にあるコンシェルジュリーを美しく照らしています。
bセーヌ右岸からコンシェルジュリー5IMG_9205


セーヌ右岸とシテ島を結ぶシャンジュ橋の上から見たコンシェルジュリー。14世紀までは国王が暮らした宮殿で、そのあと牢獄として使われはじめました。18世紀のフランう革命のときに処刑される前に過ごしたマリー・アントワネットの独房があった場所です。
bセーヌ右岸からコンシェルジュリー2IMG_9209


振り返るとセーヌ右岸は賑やかなシャトル広場で広いセパストポル大通りへとつながります。
cセーヌ右岸のシャトレ付近1IMG_9210


シャンジュ橋を渡らずにコンシェルジュリーの周りを一周して暗くなるのを待ちます。コンシェルジュリーを左に見ながらセーヌ川沿いを歩くことにしました。
bセーヌ右岸からコンシェルジュリー4IMG_9213


しばらくするとセーヌに架かるパリで最も古い橋ポン・ヌフにたどり着きます。
eポン・ヌフから3IMG_9226


この橋を舞台にした半円形のベンチが印象的な映画「ポン・ヌフの恋人」を思い出します。まだ若かったヒロイン、ジュリエット・ビノシュをはじめて見たのはこの映画です。
eポン・ヌフから1IMG_9221


ポン・ヌフの上を歩いてシテ島に渡ります。
eポン・ヌフから6IMG_9231


ベルも付き合っていっしょにひと回りです。
dセーヌ右岸で散歩3IMG_9220


そろそろ夕食の時間。人々が少しづつレストランに集まってきています。
fシテ島から6MG_9250


セーヌ河畔ではたくさんの人がのんびりと時を過ごしています。
fシテ島から13IMG_9264


シテ島から見るセーヌ左岸にあるサン・ミッシェル広場付近の様子。
gサン・ミッシェル橋とカルチェ・ラタン1IMG_9267


サン・ミッシェル橋の上にはチョークでかかれた絵。
gサン・ミッシェル橋とカルチェ・ラタン7IMG_9279


夕焼けが見えてきて、シテ島に戻りセーヌ右岸の方向へと歩きはじめました。
hカルチェ・ラタンから11IMG_9305


コンシェルジュリー(右)と並んだ教会サント・シャペル(左)とフランス最高裁判所(中央)。
サント・シャペルはパリ最古のステンド・グラスが有名です。
i最高裁とサント・シャペル2IMG_9309


シャンジュ橋に戻ってくるとコンシェルジュリーの夜景を見に橋のたもとに人が集まっていました。パリの空はなかなか暗くなりません。
jコンシェルジュリーの夜景を待って3IMG_9315


しばらく待つと、やがて建物に照明が入りセーヌの水面に反射しました。
kコンシェルジュリーの夜景4IMG_9337


時々セーヌ川を下っていく遊覧船の強烈な照明がコンシェルジュリーの三角屋根の塔を明るく照らします。
kコンシェルジュリーの夜景1IMG_9322


遊覧船が去っていく先には光りの点灯したポン・ヌフと遠くのエッフェル塔が輝いて見えていました。
kコンシェルジュリーの夜景8IMG_9335




東京の暑さにもすっかり慣れてきた(?)今日のベル。パリはもう懐かしい気分
ベル205IMG_7419


ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2008/08/02 15:56 】 | 犬と海外旅行-パリ2008年 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。