スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ミラノ最後の夜
翌日はミラノからパリに発つため、買い物を兼ねてドゥオーモからトリノ通りを経てティチネーゼ通りまで散策にでかけました。帰る頃にはすっかり夜景となったミラノの街は、土曜日でもあり多くの人が繰り出して活気に満ち溢れていました。

想像以上に繊細で美しいドゥオーモでした。
ドゥオーモ大聖堂5

ガッレリアのガラスの高い天井は印象的でした。
天井のガラス2


カジュアルなお店が並んでいるトリノ通りで、思い出としてマフラーとセーターを買って外にでるとあたりは少し暗くなっていました。
最後のトリノ通り1

トリノ通りは暗くなってますます賑やかになってきます。
最後のトリノ通り3

通りにある教会にも明かりがつきました。
最後のトリノ通り2

ティチネーゼ通りのサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会はひときわ明るく見えます。
最後のサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会

教会前の広場には、パンク・ファッションなど個性的な若者たちが昼間以上に集まってきます。
最後のティチネーゼ通り1
この広場からナヴィリオ運河までのティチネーゼ通りには個性的なショップが多く、何度も足を運んで思い出に残る通りになりました。日本食の店も2軒あり、そのうちのUME(梅)はミラノっ子で賑わっていて、おいしくて値段もリーズナブルでした。2軒とも従業員は中国系のようでしたが・・・


すっかり暗くなって、ホテルに帰るために地下鉄のドゥオーモ駅に向かいました。ガッレリアとドゥオーモ周辺にも明かりがつき昼間とはまた異なる光景を見ることができます。
ドゥオーモ広場夜景1


ドゥオーモ大聖堂夜景1



いよいよ長くお世話になったホテルを出て空港に行く朝を迎えました。来たときはリナーテ空港でしたが、帰りはマルペンサ空港で中心街からは少し距離があります。


頼んでおいたタクシーが来たと連絡が入り、部屋を出てフロントへ。
ベルもすっかり馴染んだ部屋と名残を惜しんでいるようです。  にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
ミラノのホテル最後のベル1

とても良くしてくれたホテルの方々に感謝です。
無線LANがどうしても繋がらなかったことだけが残念でした。
ミラノのホテル4小ミラノのホテル6小


左下はマルペンサ空港のキャリー置き場で、1ユーロ入れると1つ外れて使えるようになります。日本もフランスも無料のため最初は戸惑いました。ちなみに街にある殆どのトイレもイタリアでは有料です。
空港でイタリア最後のカプチーノを飲みました。
マルペンサ空港2小マルペンサ空港のカプチーノ小


空港の外でベルと散歩して、これからゲートに入ります。
マルペンサ空港とベル4小 マルペンサ空港とベル6小


期待以上のミラノでした。ニューヨークそしてパリに次いで好きな都市に仲間入りです。


一日一回のクリックでブログランキングに反映されます。
クリックすると他のブログも見ることができます。
応援のクリックよろしくお願いします。
 
   ブログランキングへ→



スポンサーサイト
【2007/12/12 11:29 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミラノ中央駅を基点に
ミラノに着いた翌日、列車の切符を事前に購入するためホテルから歩いて中央駅に向かいました。ミラノを拠点としてヴェネツィア、ヴェローナ、そして世界遺産の漁村チンクエテッレに行くためです。


人気ブログランキングへ


ピサーニ通りを歩くと、徐々に中央駅外観が大きく見えてきました。
ミラノ中央駅前2



中央駅に着くと、広い駅前の広場になにやら不思議なものが展示されていました。
ミラノ中央駅前5



帰国後、スイスの彫刻家Kurt Laurenz Metzlerの作品であることがわかりました。看板に書かれている題名「Nevrotici Metropolitani」は訳すと「都会の神経症患者」らしいです。
ミラノ中央駅前8





指定券の予約窓口は、駅の中に入って1階の一番右側の部屋にありました。予約順番カード発券機で順番を取って、順番がくると番号が表示されます。
あらかじめ時刻表を調べて購入する切符の日時、列車番号を書き出しておいたため、すんなり無事に購入することが出来て一安心。沢山あるので窓口のおじさんは一寸大変そうでしたが。
写真の右奥が窓口、手前は予約順番カード発券機です。
中央駅切符売り場とベル2


ミラノを少し楽しんだあと、いよいよヴェネツィアへの出発の日がやってきました。
切符を購入してから3日後のことです。
その日は、ホテルを出る前からベルもいそいそしているように見えました。
ヴェネツィア出発を待つベル1




中央駅に入り、真ん中にある階段を上ると大きな発着の掲示板が見えてきます。列車とホームを確認して、掲示板の下にあった自動刻印機で切符に日付を刻印しました。
ミラノ中央駅ホーム3



イタリアでは、一部の列車を除いて乗る前に必ず刻印しなければなりません。駅の中にいくつか黄色のボックスが置かれています。
改札がないためにその代わりをしているのかも。

自動刻印機



発着の掲示板をくぐると大きなドームのような天井から光が差し込んで明るい感じです。
重厚で少し薄暗い駅から明るいホームに入ると一瞬の感動があります。
ミラノ中央駅ホーム4



ホームから見た駅構内の様子。大きな駅であることがわかります。
ミラノ中央駅ホーム5


いよいよ列車に乗ってヴェネツィアに向けて出発です。みんなワクワクして。
中央駅列車の中のベル



荷物はミラノのホテルに預けて2泊3日のヴェネツィアの旅が始まります。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/26 10:27 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ブレラ通り周辺の散策
レオナルド・ダ・ヴィンチ像のあるスカラ広場からヴェルディ通りに入ると、すぐにブレラ通りにつながります。ブレラ通りに入ると、通りには画材屋や画廊が並んでいてキャンバスなどを持った学生が目に付くようになりました。このブレラ通り界隈はブレラ絵画館を中心に芸術的な雰囲気が漂っていました。


人気ブログランキングへ


さりげないおしゃれをしたミラノっ子がを散歩させている姿が印象的でした。
両側の歩道でが散歩しています。
ブレア通り2



ベルも負けずにさっそうと散歩です。
ブレア通り3



こんな画廊をいくつも見かけました。
ブレア通り4



建物の入り口から中庭へのアプローチに惹かれて。
ブレア通りの中庭



ブレラ絵画館の横をキャンバスを持った美大生らしき人たちが行きかっています。
ブレア絵画館2



ブレラ絵画館の入り口です。
門を入ると広い中庭にナポレオンⅠ世の銅像があり、円柱が重厚な感じです。古い建物の中には沢山の学生や外からの見学者たちがいて賑わっていました。2階が展示場になっています。
ブレア絵画館4



ブレラ絵画館の前にクサーニ宮らしき建物があり、窓辺の花が綺麗でした。
ブレア通り1



ブレラ絵画館を通り過ぎるとすぐにソルフェリーノ通りのカフェが目に入ってきます。ここでも芸術家のたまごらしい若者を多く目にします。
ソルフェリーノ通りのカフェ3



ベルと昼食をとることに。
ソルフェリーノ通りのカフェ1



カフェを出たところにあるサン・マルコ教会です。
サン・マルコ教会1



カフェで話したり道行く人たちが若々しく活き活きしています。ミラノはエリアごとに別の側面を見せてくれるので、飽きることはありません。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/25 10:23 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
最後の晩餐を訪ねて
ナヴィリオ運河の骨董市を後にし、サンタ・マリア・グラツィエ教会に付属するドメニコ派修道院の食堂に描かれているレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を目指して歩きはじめました。運河から北へポルタ・ジェノヴァ通りを歩き、まずはサンタン・ブロージョ聖堂へ。


人気ブログランキングへ


ポルタ・ジェノヴァ通りには、ケーキが美味しそうなカフェがありミラネーゼらしき人たちが楽しそうにひと休みしていました。
カフェ・パスティッチェリア前で



サンタン・ブロージョ聖堂に隣り合ったカトリック大学の前の石畳の上をベルと一緒に歩き、
カトリック大学2



カトリック大学付近石畳のベル1



犬の散歩道のようなサンタンブロージョ聖堂の裏道を通り抜け、
サンタンブロージョ聖堂裏5



サンタンブロージョ聖堂裏とベル3



ようやく、サンタンブロージョ聖堂の正面に到着しました。サンタンブロージョ聖堂は4世紀に建てられ、9~11世紀に再建された最古のミラノのシンボルともいえる聖堂です。とても古びたレンガ造りで、日曜日だったためか人はまばらでひっそりとしていました。
サンタンブロージョ聖堂2




次に、西に伸びるS.ヴィットーレ通りを約200m進むと、
サンタンブロージョからダヴィンチ記念館へ1



レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館があります。2階の大展示室には、レオナルド・ダ・ヴィンチのデッサンをもとに作られた模型が並べられています。
ダヴィンチ記念館3



さらに北へ約300m行くとサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会が見えてきました。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ1



サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ派修道院の前には沢山の人々が並んでいました。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ1


 「最後の晩餐」を見ようとしましたが、犬は入ることが出来ないため、残念ながら諦めることに・・・。
旧ドメニコ派修道院前のベル2



一番近いボッカチッオ通りのコンチリアツィオーネ(Conciliazione)駅から地下鉄に乗ってホテルへ戻りました。
ボッカチオ通り4



歴史を感じ少し荘厳な雰囲気に浸って、他の地区とは異なるミラノを感じることが出来ました。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/24 11:30 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
プッブリチ公園散歩
人気ブログランキングへ


ミラノ市民の憩いの場所プッブリチ公園は、ホテルから2~3分歩いたところにあり、日本より少し早い紅葉が始まっていました。
プッブリチ公園の花2



広大な公園のベンチで本を読んだりくつろいでいます。
下に下りていくと池が広がっています。
プッブリチ公園1



ドッグランで犬を遊ばせたり、リールなしで公園を散歩している犬連れも多く見かけます。
プッブリチ公園の犬たち



ベルは公園のベンチで一休み。
プッブリチ公園のベル2



公園の敷地内にある自然史博物館。
プッブリチ公園の自然史博物館2



自然史博物館の前で犬連れのおじいさんが新聞を読んでいます。
入り口から沢山の子供たちが入ってきました。ここは遠足コースでもあるようです。
プッブリチ公園のおじいさんと犬



公園の隣の旧王宮の敷地にあるネオクラシック様式の市立近代美術館。
プッブリチ公園の近代美術館



プッブリチ公園3



公園を出ると通りを挟んで旧王宮が奥に見えます。
王宮前



美しい木々や花のほか見所のある建物が点在していて、のんびりと秋のひと時を過ごすことができました。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/23 08:23 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ナヴィリオ骨董市にて
ナヴィリオ運河沿いで、毎月最終日曜日にナヴィリオ・グランデ骨董市が開かれます。10月28日の日曜日の朝から掘り出し物を見つけに出掛けました。今回の旅行ではこの日に合わせてミラノの滞在日程を決めたほど楽しみにしていました。


人気ブログランキングへ


レオナルド・ダ・ヴィンチによって設計されたナヴィリオ運河。近辺は昔のミラノの名残りを感じさせます。運河の周りに露天がびっしり並んでいます。
ナヴィリオ骨董市9



骨董品や陶磁器、銀製品、書籍、絵画、古いタイプライターなど様々なものが並べられています。
買い付けに来たらしく真剣に見ている人たちに混ざってミラノっ子や地元の人たちがこの日を楽しみに来ているようです。
気になるコーヒー・カップがありましたが、荷物になるため諦めて手ごろな花瓶を1つだけ買いました。
ナヴィリオ骨董市1



ナヴィリオ骨董市4



ナヴィリオ骨董市10



路地に古いミラノを感じて思わず写真に収めました。帰国後それが昔の洗濯場であることがわかりました。
ナヴィリオ洗濯場



路地でも運河沿いではない通りでも露天が並んでいます。
ここでも犬連れの人たちを多く見かけました。どの犬もおとなしく行儀良くしています。
ナヴィリオ骨董市路地1



ナヴィリオ骨董市と犬2



可愛い女の子がベルに声をかけてくれました。
ナヴィリオ骨董市の女の子とベル



運河沿いのレストランで昼食をとりました。イタリアでは食べものがわかり易いので助かります。
ナヴィリオ骨董市での昼食



運河沿いのお店の看板犬とベルがお見合いです。
ナヴィリオ骨董市のベルお見合い



規模の大きな骨董市を充分に楽しみました。


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/22 14:22 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
新旧混じるミラノの通り
トリノ通りから続く、サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会とサンテウストルジョ教会を結ぶポルタ・ティチネーゼ通りは、何度歩いても楽しく飽きることはありませんでした。セレクト・ショップや手ごろで厳選されたイタリア・ブランドの靴やアクセサリーのお店などが多く並んでいます。ここで買ったブーツはとても気に入っています。


応援のクリックお願いします。


サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会と門の辺りにはいつも個性的な若者たちが集まっていました。
円柱の門4



古代ローマの列柱と聖堂。
サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会1



ポルタ・ティチネーゼ通りの様子です。道の真ん中にはトリムが走っています。
ティチネーゼ通り2



ティチネーゼ通り21



とにかくミラノでは犬を連れている人を多く見かけます。
左下はパン屋さん、犬も平気で入っていきます。右下は夜の店先です。
ティチネーゼ1-2   ティチネーゼ夜の1-2



ポルタ・ティチネーゼ通りの路地も雰囲気があります。
ティチネーゼ路地



ポルタ・ティチネーゼ通り沿いにある公園です。
パリでは殆どの公園で犬禁止マークを見ましたが、ミラノではどこの公園でも犬が伸び伸びと遊んでいました。
ティチネーゼ通りの公園と犬2



サンテウストルジョ教会の裏側が見えます。
ティチネーゼの公園と犬



ベルも公園でしばらくのんびりしました。
ティチネーゼの公園とベル2



サンテウストルジョ教会の正面です。
ガイドブックによると「中世の卓越した記念的教会」で4世紀に建てられた教会跡に15世紀までに再建されたとあります。ミラノではこのような中世の一見地味だけれど味のある教会を多く見かけます。
サンテウストルジョ教会



奥に見えるティチネーゼ門をくぐると、ナヴィリオ運河があります。毎月最終日曜日には運河沿いにナヴィリオ・グランデ骨董市が開かれます。
ティチネーゼの門



ナヴィリオ運河付近では花や果物を売る店が並んでいました。
ナヴォリオ運河と犬2



一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/21 08:59 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミラノっ子のトリノ通り
ドゥオーモ広場から南西に続くトリノ通り。最初に訪れた土曜日は人があふれ特に多くの若者で賑わっていました。日本ではあまり見られなくなった路面電車のトラムが頻繁に走っています。このトラムを利用してドゥオーモ周辺からトリノ通りとティチネーゼ通りを抜けてナヴォリオ運河に行くことが出来ますが、若者向けのカジュアル・ショップを眺めたり古い教会を見ながら何度も楽しみながら歩いてまわりました。


人気ブログランキングへ


トラム1



トリノ通り5



建物はとても重厚な感じです。
トリノ通り6



通りにはいくつかの古い教会があります。
サン・セバスティアーノ教会、サン・ジョルジョ教会など。
トリノ通り2



トリノ通りから見た路地です。どことなく趣きがあり、このような路地がいくつもあります。
トリノ通り3



珍しくペットショップがありました。
ミラノっ子が声をかけてきて、ベルに興味津々でした。
トリノ通り4-縮小トリノ通りのベル-縮小


夕方から夜にかけてますます賑わいを見せます。
教会もライトアップされ、沢山の若者が行きかっています。
トリノ通りの夜景1



生ライブが行われていて通り抜けるのも困難な程すごい人だかりでした。
トリノ通りの夜景2



サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会の門です。
この門をくぐると、ティチネーゼ通りになります。
教会の周りにはいつも若者が座って話をしたり、仲間が集まって楽しんでいました。
円柱の門1



一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/19 11:43 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミラノのドゥオーモ周辺
ドゥオーモ広場でひときわ目立つ存在感のある建物がヴィットリオ・エマヌエールⅡ世のガッレリアです。ガッレリアの中にはブランド店をはじめいろいろなショップやカフェ、レストランがあって沢山の人で賑わっています。


人気ブログランキングへ


広場から見たガッレリアとベル。
ドゥオーモ広場とベル1



近くに寄ると高い天井が見えてきます。
ガッレリア5



中に入ると華やかな雰囲気で、ガラスの天井から光が差し込み、素晴らしいモザイクの床が全体に敷かれています。
ガッレリア3



ガッレリアとベル3



ガッレリアのアーケードを抜けるとスカラ広場に出ます。
スカラ広場のガッレリア1



スカラ広場のマリーノ宮の前にダ・ヴィンチ像があります。
ダヴィンチ像とベル1



広場の沢山の鳩とベル。
スカラ広場とベル1



写真のマンゾーニ通りを挟んで向かいにスカラ座があります。
マンゾーニ通り2



オペラの好きな人には世界的に良く知られているスカラ座の正面です。
とてもシックな印象です。
スカラ座1



ドゥオーモに来る前にヴェネツィア大通りのサン・バビラ教会の前のレストランに寄りました。
写真はサン・バビラ教会ですが、ミラノではこのような古い様式の教会を多く見かけます。
サン・バビラ教会



レストランの中のベル。
レストランBABILAのベル



レストランのマスターがベルを気に入って抱いて皆に見せて回っていました。イタリアの人はとにかく陽気でフレンドリーなことをここでも感じました。
おじさんとベル





一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す



【2007/11/18 10:03 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミラノのドゥオーモ広場
ミラノ滞在のホテルは近郊都市への移動が便利なように中央駅の近くにとりました。そこから中心部ドゥオーモ周辺までは地下鉄で3つめですが、散策のため歩いて出掛けることにしました。寄り道をしないでまっすぐマンゾーニ通りを歩けば15~20分で行くことができますが、途中ブランド店が立ち並ぶスピーガ通り、エマヌエールⅡ世大通りをぶらぶらするうち突然ドゥオーモ大聖堂の裏側に辿り着きました。そこで見たゴシック様式の壮大な姿と彫刻の繊細さと美しさに圧倒され驚きました。
イタリアはローマ、フィレンツェ、ナポリを訪れたことがありますが、今回初めてのミラノは他の都市を訪れる拠点として考えていたので正直あまり期待していませんでした。でもこのドゥオーモを見て一気に期待が高まりました。


人気ブログランキングへ


写真は、小雨降る初日に見て印象的だったドゥオーモ大聖堂の裏側です。
ドゥオーモ大聖堂8



翌日は抜けるような青空になりました。再びドゥオーモを目指しました。
ドゥオーモ大聖堂横



ドゥオーモでベルも記念写真です。
ドゥオーモ大聖堂とベル1



裏から表側に回ると、ドゥオーモ大聖堂の正面に大きな広場があります。沢山の観光客がいて子供たちが遊び回り鳩が飛び交っていました。
ドゥオーモ大聖堂4



広場を行きかう人と鳩とベル。
ドゥオーモ広場とベル



餌をまいている人の周りに沢山の鳩が集まってきます。小雨の初日に珍しくて撮ったものです。
ドゥオーモ広場2



ドゥオーモ大聖堂に向かって、左側にガラスの高い天井が印象的なガッレリア、右側に王宮、そして後側は広場をはさんでいくつもの通りにつながっています。
ガッレリアの外観です。
ガッレリア4 6



写真右側がガッレリア、左側はドゥオーモ大聖堂です。
ドゥオーモ大聖堂7



写真右側が王宮、左側はドゥオーモ大聖堂です。その間をベルが散歩です。
大宮1



ドゥオーモ大聖堂とベル



ドゥオーモ大聖堂に向かって後ろの風景です。
ドゥオーモ広場3


ドゥオーモ近くのカフェでベルと一緒にカプチーノを飲みました。
大聖堂とベル2



大聖堂とカプチーノ



ドゥオーモの周りを多くの犬が散歩していました。
多くの人がとても人なつっこくベルに声をかけてきて、イタリア人がフレンドリーであることと犬好きであることを感じました。
ドゥオーモ大聖堂と犬たち





留守中咲き続けてくれた花たち。
ビオラ4  ビオラ7



ビオラ5  ビオラ6



ビオラ1  ビオラ3



シクラメン  コスモス1





【2007/11/17 21:26 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
成田からミラノへ
10月25日、愛犬と一緒に北イタリアとパリに向けて出発する日がやってきました。
庭ではブラック・バカラが咲いていました。


ブラックバカラ



夜の便で発ちますが、チェックインの前に動物検疫所での手続きを済ませなければならないため、正午に車で家を出ました。途中渋滞があり、予定より少し時間がかかって成田に近づいてきました。
車で成田へ



成田の空港です。遠くに北ウィングの文字が見えます。
成田のベル1



成田のベル2



成田の動物検疫所には夕方4時半頃入りました。
獣医さんによる健康チェックが行われました。
検疫所1



滞在国で必要な書類を準備してくれます。今回は2度目ということもあり、スムーズに早く終了しました。
検疫所2



機内のベルの様子です。
ケージ嫌いのため心配でしたが、案の定ヒーヒー悲しげに泣きます。見つかると叱られますが、2人席だったので、見つからないようにケージからそっと出しました。
CDGまでの機内のベル



安心してぐっすり眠っています。
機内で眠るベル



今回はエールフランスでパリ経由ミラノまで行きます。
乗り継ぎのシャルル・ド・ゴール空港です。ここではケージは必要ありません。犬は普通に歩いています。
CDGのベル1



朝7時パリからミラノに向けて出発です。再び機内のベル。
CDGからミラノへの機内のベル



8時半、ミラノのリナーテ空港に着きました。
ミラノ-リナーテ空港


リナーテ空港内のカフェで朝のコーヒーを飲みました。
もうケージは必要ありません。
空港のカフェ



着いたときのミラノは雨でした。寒くはありません。思ったよりも暖かいようです。ホテルに荷物を置いてから雨の街に出掛けました。


写真はスピーガ通り。ブランド店が目白押しの通りで、おしゃれな人たちが行きかっていて、それを見るだけでも楽しいところです。
スピーガ通り



有名なミラノのドゥオーモの裏側。圧倒される大きさと美しさです。表側は勿論のこと裏側も美しいです。

ドゥオーモ1



約3週間の旅はこれから始まります。


ベル1
ベルに応援のクリックお願いしますにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


一日一回応援のクリックよろしくお願いしま~す




【2007/11/15 16:22 】 | 犬と海外旅行-ミラノ | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。